生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

南禅寺といえばやっぱり湯豆腐!絶対おすすめのお店7選!

      2017/06/10

京都の湯豆腐といえば有名ですね。

特に、南禅寺の湯豆腐は有名ですが、それは、南禅寺周辺の精進料理が湯豆腐の発祥とも言われているからですね。

 

ここでは、そんな湯豆腐を南禅寺周辺で食べるためのおすすめの7店をご紹介しましょう。

 

南禅寺周辺の湯豆腐のおすすめのお店7選!

奥丹(おくたん)

とても有名な湯豆腐の専門店です。

なんといっても、この奥丹が南禅寺湯豆腐の発祥と言われているんですから。

 

とろけるような味わいの湯豆腐が人気で、昼時にはいつも長い列ができています。

すこし早めに行くのがコツですね。

 

風情のある玄関や小さな日本庭園が雰囲気を盛り上げます。

靴をぬいで座敷にあがり、座卓に座布団というスタイル。

 

10席程度しかなく、メニューも湯豆腐セットのみで、3,240円です。

湯豆腐以外にも、胡麻の風味がしっかり感じられる胡麻豆腐や、木の芽田楽、とろろ汁、精進天ぷらなどがついてきます。

 

お豆腐は滑らかで出汁にもよくあっていて絶品。

ヘルシーでありながら、ボリュームも充分です。

自宅で湯豆腐というと一番安くあがるメニューのひとつに思えますが、京都ではちょっと違いますね。

 

全く別の料理のような趣があります。まるで、懐石料理のようです。

■ 基本情報
・名称:奥丹 南禅寺店
・住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町86-30
・アクセス:蹴上駅から徒歩10分
・営業時間:11:00~16:00
・定休日:木曜
・電話番号: 075-771-8709
・参考サイト:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26001834/

 

順正(じゅんせい)

こちらも有名店ですね。

重厚で立派な門から入ります。

お店に入る前に、錦鯉が悠然と泳ぐ大きな池や回遊式庭園のような作りの庭もあり、とても雰囲気の良い素敵なお店です。

 

食事の前から、なんだかこの雰囲気で気持が盛り上がってきます。

お店の建物は江戸時代に蘭学医・新宮凉庭医学学問所として建てられところで、国の有形文化財として登録されているというものです。

 

京懐石もありますが、やはり名物は、ゆどうふ。

ゆどうふメニューは、ゆどうふ(花)3090円、ゆどうふ(月)4,110円、おてまえどうふ 2,570円、ゆば2,570円の4種類用意されています。

定番は、ゆどうふ(花)ですが、2度目なら、ゆばも試したいところですね。

 

ここの豆腐は、しっかりとした食感で、大豆の美味しさがしっかりと感じられるお豆腐です。

湯豆腐メニューは、どれも田楽や胡麻豆腐などお豆腐のフルコースになっていて、ボリュームも結構ありますよ。

 

ここは、シーズンには、とても混むので「ゆどうふ優先案内」というサービスがあります。

2名~4名ならここからネット予約できるので便利ですね。

ただ、完全な予約ではなく、満席の場合に、優先して案内してもらえるというものです。

料理の注文は当日で大丈夫です。

■ 基本情報
・名称:順正
・住所:京都府京都市左京区南禅寺草川町60
・アクセス:蹴上駅から徒歩5分
・営業時間:11:00~21:30
・定休日:不定休
・電話番号: 075-761-2311
・公式サイトURL: http://www.to-fu.co.jp/

 

八千代(やちよ)

こちらは京懐石と和風庭園のある高級旅館です。

ただ、レストランとしても利用できますから、京懐石やすっぽん鍋などをいただくこともできますが、やっぱり南禅寺といえば湯豆腐ですよね。

 

昔ながらの小さな井戸から汲み上げる水と使った手作り豆腐は、毎朝その日の分だけ作ります。

つまり、つくりたてを味わうことのできるお店ということなのです。

濃口の湯豆腐のタレは、利尻昆布からだしを取った絶品です。

 

湯豆腐メニューは、湯豆腐 梅の膳(2,800円)、竹の膳(3,300円)、松の膳(3,800円)の3種類です。

1日30食限定のゆばしゃぶ膳(3,600円)も人気です。

 

これらは、みな湯豆腐を中心に、八寸、胡麻豆腐、精進揚、生ゆばなどがセットになった精進懐石です。

 

料亭の脇にある庭園レストランは予約は出来ませんが、300円割引のクーポンがありますので、是非活用しましょう。

こちらです。

 

とってもいい雰囲気の中で、美味しい湯豆腐、最高ですね。

スポンサードリンク
■ 基本情報
・名称:八千代
・住所: 京都府京都市左京区南禅寺福地町35
・アクセス:蹴上駅から徒歩5分
・営業時間:11:00~16:00、17:00~21:00
・電話番号:075-771-4148
・公式サイト:http://www.kyoto-nanzenji-yachiyo.jp/ryotei.index.html

 

桜鶴苑(おうかくえん)

こちらは、結婚式から食事まで、利用範囲の広い山水式庭園をもつ桜鶴苑です。

東京でいうと椿山荘といったイメージでしょうか。

 

お店に入ると大きな山水式庭園が、迎えてくれます。

和の風情で一杯の店内と美しい日本庭園を眺めながら、京懐石や湯豆腐をいただけます。

 

建物は、大正時代に建てられた、歴史のある建物で、そんないい雰囲気のなかで食べる湯豆腐は、最高ですね。

お昼は、昼膳 湯豆腐御膳(4000円)がおすすめ。

 

11時50分までに入店すると早割で3,500円になりますよ。

これはちょっと早く行くしかないですね。

 

湯豆腐の他にも先附やいろんな種類の御膳、蒸物、ご飯、椀物などがついたセットで、もう満腹です。

■ 基本情報
・名称:桜鶴苑
・住所:京都市左京区南禅寺草川町55番地
・アクセス:蹴上駅から徒歩5分
・営業時間:【レストラン】11:00~14:00、17:00~21:00
・定休日:水曜
・電話番号: 075-771-4112
・公式サイト:http://www.kyoto-okakuen.com/

 

大安苑(たいあんえん)

こちらは、隠れ家的な料亭ですね。

玄関の門も立派で気分を盛り上げてくれます。

 

玄関で履物を脱いで広間へ行くと、目の前には立派な双竜庭園が全面に見えます。

全面ガラスの窓からみえる庭園は素晴らしいです。

 

庭園は回遊式となっていて、自由に散策することもできます。

こんな庭園の直ぐ側で、湯豆腐って、いかにも、京都って感じがとってもいいですね。

 

お昼の特選湯豆腐(2,000円)または、特製弁当と一口湯豆腐(4,800円)がおすすめ。

ふっくらとした湯豆腐を、美しい双竜庭園を眺めながら食べられるスポット。

 

目と舌と体全体で、京都の良さを堪能できる不思議な場所です。

■ 基本情報
・名称:大安苑
・住所: 京都府京都市左京区南禅寺草川町81
・アクセス:蹴上駅から徒歩7分
・電話番号: 075-752-4333
・公式サイト:http://www.taianen.com/

 

菊水(きくすい)

菊水は元呉服商の別荘を利用した京料理の高級旅館です。

庭園は東山を借景とした観賞式庭園で、日本古来の風情を存分に堪能することができます。

 

お料理はお昼のサービス料理がおすすめで、ゆどうふ膳(4000円)が、いいですね。

湯豆腐、お造り、炊合せ、野菜天麩羅、炊き込みご飯などのセットで、どれも丁寧で凝った料理です。

 

一つ一つの料理をじっくりと味わって、ゆっくりとしたいお店です。

 

夜はちょっと高いですが、昼ならなんとか行けそうですね。

■ 基本情報
・名称:菊水
・住所: 京都府京都市左京区南禅寺福地町31番地
・アクセス:蹴上駅から徒歩7分
・電話番号: 075-771-4101
・公式サイト:http://www.kyoto-kikusui.com/

 

五右衛門茶屋(ごえもんちゃや)

京都の雰囲気たっぷりのお座敷でいただく湯豆腐は、一般庶民から見るとちょっと高めに感じますよね。

そう言う意味ではちょっと穴場的なお店です。

 

なんと、湯豆腐定食が2400円なんです。

まあ、普通だと安いとは思わないのですが、他の店が高級店が多いため、安く感じてしまいますね。

 

定食ということで、付き出し、野菜天ぷら、ご飯のセットですので、充分満足です。

奥丹、順正などが並んでいて、ディズニーランド状態になっていた時には、こちらなら、すんなり入れそうですよ。

 

覚えておきたい穴場ですね。

■ 基本情報
住所:京都府京都市左京区南禅寺草川町67
営業時間:11:00~18:00
ランチ営業、日曜営業
定休日:隔週火曜日
食べログURL:http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26002675/

 

まとめ

●南禅寺の湯豆腐といえば、有名店は、やっぱり奥丹と順正。

●京懐石と雰囲気重視なら、八千代、桜鶴苑、大安苑、菊水がおすすめ

●リーズナブルな穴場なら、五右衛門茶屋もあり。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ