生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

函館のスキー場のおすすめの3箇所はこちら!道南のスキー場もいいよ!

   

函館のスキー場といえば、ニセコや札幌に比べるとマイナーな存在と思われるかもしれませんが、近くに3つの素敵なスキー場があります。

スキーもしたいし、観光もしたいという場合には、函館はピッタリですね。

 

ここでは、函館を代表するスキー場の「函館七飯スノーパーク」「グリーンピア大沼スキー場」「ニヤマ高原スキー場」の3つをご紹介しましょう。

私と息子の2人で何度も行ったことのあるスキー場で、馴染み深いところばかりですので、私たちの体験を元に、各々特徴をご紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

函館七飯スノーパーク

函館七飯スノーパーク」は、これらの3つの中で最も規模も大きく新しいスキー場です。

何と言っても圧巻のゴンドラは、日本最長クラスの3,319mという長さで、4kmというロングランが可能です。

これは滑りごたえ充分です。

 

というよりも、休憩なしでノンストップ下りてくるのはちょっと辛いですね。

私の場合は、足がビンビンになっちゃいますので。

 

ゲレンデ全体に、急斜面が少なく、中斜面や緩斜面が多いので、滑りやすいですし、景色も最高にいいですね。

北斜面ということもあり雪質も良く、パウダースノーの可能性高いですよ。

ゴンドラからの景色はこんな感じです。

nanaesnowparkgondra

ゴンドラは、風を防いでくれるので、寒くないので本当に助かりますよね。

 

ゴンドラから降りると、こんな感じで、遠くに駒ケ岳が見えます。

滑りやすそうなパウダースノーも見えますか。

nanaesnowparkchoujou

 

ゴンドラの他にも、フード付きクワッドリフトもありますので、輸送力は万全です。

一番下のペアリフトも木々の間を抜けていく感じは爽快です。

こちらは、さすがにちょっと寒いですけどね。

nanaesnowparklift

■アクセス
・函館市内から車で約50分ですので、車で行くのが一番便利でしょう。
・駐車場は2,000台収容で余裕がありますし、無料です。
・電車で行く場合は、大沼駅または大沼公園駅から無料シャトルバスが出ています。15分~20分で到着です。

■基本情報
・リフトは、1日券4,300円、5時間券3,800円
・割引クーポンをゲットするにはこちらからメルマガ登録しましょう。
・お得な「手ぶらパック」もあります。予約は0138-67-3355。
・スキー/スノーボードスクールもあります。
■ホテル情報
・このスキー場近くで宿泊するならお洒落な「函館大沼プリンスホテル」がおすすめ。
・この素敵なホテルからは無料のシャトルバスが出ていますので、車がなくてもOKです。
・ただ、周りには何もないのでホテルで過ごすことがメインとなります。
・函館の観光をメインとするなら、函館市内のホテルのほうがいいですね。
■パックツアー情報
・函館七飯スノーパークのパックツアーは、こちらをどうぞ。

 

グリーンピア大沼スキー場

グリーンピア大沼スキー場」は、ファミリー向けのゲレンデと言っていいでしょう。

緩斜面が中心でとっても滑りやすいコースです。

 

かと言ってつまらないコースかといえば、そんなことはなくて、とっても気持ちの良いコース構成になっています。

小さなお子さん連れには、ベストなスキー場ですね。

 

ホテルの目の前がゲレンデなので、プライベートゲレンデ感覚です。

リフトは、ペアリフトが2本だけのシンプルなものですが、それほど混み合うようなスキー場ではないので、充分な輸送量を確保していますね。

 

山の上からは駒ケ岳や大沼を望むことができて気持ちいいところです。

南斜面ながらも標高が高いため、雪質は良くパウダースノーが期待できます。

一番下の緩斜面部分はこんなイメージですね。

■アクセス
・函館市内から車で1時間ぐらいです。大沼公園ICができましたので、そこからは2分です。
・駐車場も大きく、無料ですので、車が便利でしょう。
・電車で行く場合は、「新函館北斗駅」と「大沼公園駅」から無料送迎バスが1日4便運行しています。所要時間は、約50分です。
・タクシーなら大沼公園駅から約15分です。

■基本情報
・リフトは、1日券3,500円、4時間券2,800円、2時間券1,900円。
・未就学のお子さんは無料でリフトに乗れます。
・リフトが怖いというお子さんには、新設の「スノーエスカレーター」(無料)が便利です。
・レンタルもありますし、スキースクールもあります。
■ホテル情報
・このスキー場の目の前にあるのが「グリーンピア大沼」です。
・ホテルの部屋から、ゲレンデも見えて、いい雰囲気です。
・山の上にポツンと建っているホテルなので、周りには何もないのですが、ホテル内には、ボーリング場やプールやカラオケ等が充実していて、遊ぶには事欠かないですよ。
■パックツアー情報
・グリーンピア大沼スキー場のパックツアーは、こちらをどうぞ。


スポンサードリンク

ニヤマ高原スキー場

どこのスキー場もそうなんですが、毎年雪が少なくなっているような気がします。

というか、函館市内の積雪量も随分昔より減っているなあ、と感じるこの頃です。

 

ニヤマ高原スキー場は、昔は豊富な雪で覆われていましたが、最近では雪不足の年が多くなっているような気がします。

南向き斜面で、あまり標高が高くないのも一因でしょうね。

 

車で函館から大沼方面に向かう高速道路から、ニヤマ高原スキー場のゲレンデが正面に見えますので、今年は雪があるかどうかはすぐにわかりますよ。

 

ニヤマ高原スキー場は、結構急斜面もあり玄人好みのスキー場と言っていいでしょう。

また、コースは豊富ですから、初心者でもコースを選べば大丈夫ですし、全長4kmのロングコースもあります。

 

リフトは、6本あり、高速4人乗りクワッドもあり、輸送力も充分です。

とにかく、雪さえあれば、おすすめのスキー場ですね。

■アクセス
・函館市内から車で約30分で、一番近いスキー場です。
・駐車場も800台収容で無料です。
・電車の場合は、函館駅から約40分で仁山駅に到着します。
・仁山駅からスキー場までは徒歩5分です。

■基本情報
・リフトは、お子さんに優しい料金体系になっています。
・大人は、1日券3,500円、4時間券3,000円、ナイター券2,000円。
・中高生は、1日券2,000円、4時間券1,500円、ナイター券1300円、
・小学生は、一律1,000円
・レンタルもありますし、スキースクールもあります。
■ホテル情報
・このスキー場のすぐ近くにあるのは、ニヤマ温泉ホテル「N・Kヴィラ」です。
・お洒落なホテルとはいかないですが、24時間いつでも入れる温泉が嬉しいですね。
・大きくはないけれど、源泉かけ流し100%の静かな露天温泉は気分最高です。

まとめ

●「函館七飯スノーパーク」は、快適な長距離ゴンドラのおかげで全長4kmのロングコースもあり、道内でも大規模なスキー場の一つと言えるでしょう。
全体に滑りやすいスキー場です。なんといっても、一押しはここですね。

●「グリーンピア大沼スキー場」は、お子さん連れのファミリーにはピッタリの静かなスキー場です。
 リフトは2本しかないですが、何故か楽しめるスキー場です。私は好きなスキー場です。

●ニヤマ高原スキー場は、函館からのアクセスが最もいいので、便利なスキー場です。
 コースは多彩で急斜面もあり、玄人好みのスキー場です。雪が少ないことが多いのが玉に傷です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - スポーツ ,