生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

札幌ライラック祭りの出店!ワインとグルメのメニューとは?

   

札幌の春は、道産子にとっては、長い冬がやっと終わったという喜びの季節です。

3月下旬から4月中旬頃には桜の季節が終わって、5月に入ると一斉に花が咲き誇る季節になり、いよいよ札幌市の木である「ライラック」の季節がやってきます。

 

ここでは、毎年行われる札幌の「ライラック祭り」の出店についてご紹介しましょう。

出店は、大通り6丁目~8丁目が中心になりますよ。

 

スポンサードリンク

ライラック祭りの出店にはどんなの出店が出るの?

毎年、5月中旬~下旬にかけて、札幌では「ライラック祭り」が行われます。

中心となる会場は、大通り公園ですから、札幌のど真ん中ですね。

 

そこのライラック約400本が、一斉に咲き誇り、ライラックの甘い香りで大通り公園は一杯になります。

そんなライラックを眺めながらも、やっぱり「花より団子」派のあなたは、出店や屋台を探すでしょうね。

出店の会場は、大通6丁目~8丁目に集中していますよ。

まず、大通り6丁目では、「インターナショナルフードコート」があり、5カ国グルメをまとめて楽しむことができます。

ちょっとめずらしいグルメもあるので、是非覗いて見たいところですね。

 

大通り7丁目では、「ライラックワインガーデン リラマリアージュ」が行われます。

北海道産のワインと、ワインにあった北海道の食材を使ったグルメの出店も沢山出ます。

お気に入りのワインとお気に入りのつまみをもって、屋根付きのテーブル席でゆっくりと頂きましょう。

優雅ですね。

 

大通り8丁目では、「札幌ラーメンショー」が開催されます。

あの「東京ラーメンショー」を主催する日本ラーメン協会によるものですよ。

全国のラーメン店が約20店出店して味を競います。

札幌といえば、ラーメン大好きの街ですから、まさにピッタリですね。

 

ライラック祭りのワインはどんな種類が出るの?

大通り7丁目の「ライラックワインガーデン リラマリアージュ」では、まず、ワインチケットを購入する際にチケット代と合わせて、グラスを受け取ります。

このグラスのデポジットとして500円を払いますが、グラスを返せばこの500円は帰ってくるものです。

 

よく屋台でワインというと紙コップが多いですが、やっぱりワイングラスがないと、どうもワインを飲んでいる雰囲気が出ませんよね。 これはいいアイデイアですね。

北海道のワインにも沢山の種類があり、草分け的存在の「池田町の十勝ワイン」から、初めて聞くようなワインまで約20のワイナリーのワインが並びます。

 

ソムリエに相談しながら、自分好みのワインを探すこともできるので、楽しいですね。

ワイン一杯500円~800円です。時間は11時~21時までやっています。

 

2015年に出店した「ワイナリー」は以下の通りです。

十勝ワイン、奥尻ワイナリー、宝水ワイナリー、マオイワイナリー、ばんけい峠のワイナリー、グランポレール北海道シリーズ、YAMAZAKIワイナリー、TAKIZAWAワイナリー、KONDOヴィンヤード、自然農園グループ、余市ワイナリー、富岡ワイナリー、ふらのワイン、八剣山ワイナリー、歌志内太陽ファーム、さっぽろ藤野ワイナリー、千歳ワイナリー、月浦ワイナリー、はこだてわい、おたるワイン

各ワイナリーが各々、数種類のワインを取り揃えていますので、そのワインの種類は物凄い数になりますね。

とても全部は飲めないので、やっぱりソムリエに相談してみたくなりますね。

 

なお、夜は「リラ冷え」と言って、冷え込むことも多いので、羽織るものは必須ですよ。


スポンサードリンク

ライラック祭りのグルメはどんな料理が出るの?

大通り7丁目の「ライラックワインガーデン リラマリアージュ」のフードコーナーのグルメもとっても充実しています。

北海道産の食材を使った料理を食べながら、ワインを頂くのはまた格別です。

料理の種類も豊富で、その辺の居酒屋さんよりも種類も多くて、価格も500円と800円の均一価格なので気軽に食べれますね。

 

「北海道チーズマーケット」では、道内のチーズを販売しています。

「ワインバル北海道」では、ソムリエと対話しながらの道産ワインを買うことができます。

「鉄板焼きバル」では、肉・魚介・野菜などを鉄板焼きのカウンター販売ですね。

「ビストロ北海道」では、ソムリエ監修による道産ワインとそのワインに合う道産グルメをセットにしたメニュー販売もしています。 これは、予めセットになっているので、迷うことなくて便利そうですね。

 

2015年に実際に出品されたメニューは以下の通りです。

■500円メニュー

牛タンアヒージョ、まるごと北あかりのグラタン、ロングソーセージのホットドッグ、丘珠ホルモン、自家製ピクルス、厚岸産牡蠣と越冬男爵の鉄板焼き、士幌牛の炭焼きバーベキュー、秋刀魚一本姿天ぷら、十勝産若鶏炭火パリパリ焼きキノコマリネ添え、ジャンボホットドッグ、つなのケークサレペビーメロンのピクルス添え、道産ツブ貝のエスカルゴ風、焼き牡蠣2個、カマンベール天ぷら、あさりアヒージョ、ナイスザンギ、いち押しダッチ手羽、たことかのアヒージョ、カリカリチーズとポテトセット、焼きホタテ2個、ぽてピザ、北海道噴火湾産マンボウの燻製、ゴマ団子(8個入り)、スティックワッフルセットA

■800円メニュー

チー茶の焼きリゾット、北海道産ヒメマスまるごとフリッター、北海道産北あかりのニョッキ極旨トマトソース、アワビと雲丹の網焼き、アロジャドMoai風豚ロール、十勝牛のステーキ丼、士幌牛の大満足グリルセット、真たら白子天ぷら、道産野菜で煮込んだトリッパ、アスパラベーコン+チーズベーコン+北のおいちーず3色盛、やわらかチキンとこだわり野菜の欧風カレー、エゾシカバーガー&北海道チャウダー、貝鮮三種盛り、ハモンセラーノ、シーフードパエリア、コロッケセット、白石半羽揚げ、活ホタテとウニに大漁焼き、カリカリチーズと海鮮ザンギセット、焼きカキ2個、ガーリックシュリンプ、チーズ裂きイカ、イカ軟骨、スティックワッフルセットB

約50種のメニューが勢揃いですね。

これだけあると、どれを食べるか、本当に迷っちゃいますね。

 

大通り8丁目では、「札幌ラーメンショー」が開催されます。

こちらは、あの有名な「東京ラーメンショー」を主催する日本ラーメン協会によるイベントで、ライラックまつりの協賛行事として開催されるものです。

 

全国から約20店が参加して、各々の地元の味で勝負します。

入場は無料で、1杯一律800円です。

複数人でシェアして沢山の種類食べるもよし、1人で全部食べてもよし、ラーメン大好きな札幌っ子にも大受けです。

 

札幌ラーメンといえば、味噌ラーメンが有名ですが、

ここには福岡の豚骨、東京の味噌・塩、長野の煮干醤油、山形の醤油ワンタン/塩醤油、青森の煮干醤油、兵庫の飛魚だし塩、神奈川の塩、新潟の背脂煮干醤油、福島の鶏白湯、秋田の醤油等、沢山の種類が並びます。

これに対抗して道産子らーめんも函館の塩、札幌の味噌/汁なし担々麺、旭川の醤油等が対抗します。

 

さて、どこの味があなたに1番ピッタリで合うのか? ほぼ同時に、味比べができるので、楽しいですね。

それにしても、ワイン飲んで、道産子グルメを食べて、さらにはラーメンとなると、もうお腹はパンパンですね。

さて、翌日からはダイエットしなくちゃ。
 
大通公園周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

 

まとめ

●「札幌ライラック祭り」といえば、「北海道のワイン」と「北海道の食材とふんだんに使ったフードコーナー」が楽しい。

●ワインもフードも、500円か800円の均一価格販売で安心。

●札幌ラーメンショーも同時開催されるで、リラ冷えには美味しくて熱いラーメンで温まるのが最高。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - イベント ,