生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

ダッチオーブン初心者レシピ!超簡単で絶対失敗しない3品!

      2017/05/06

ダッチオーブンがあると、キャンプの料理に幅が広がりますね。

ただ、初めて使うときは、ちょっと緊張してしまいます。

何事も初めが肝心ですから、ダッチオーブンデビューには、まずは失敗しないで、美味しい料理を作れるという経験をすることが大切ですね。

 

ここでは、ダッチオーブン初心者のために、絶対失敗しない超簡単レシピをご紹介しましょう。

ダッチオーブンといえば、丸鶏のローストチキンが有名ですが、あえてここではもっと簡単な料理をおすすめします。

 

普段料理をしないお父さんでもこれなら大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

キャベツとベーコンの蒸し焼き

ダッチオーブンはいろんな料理に使えますが、重い蓋があって、厚い鉄鍋の構造なので、弱火でじっくり蒸す料理なら簡単にできます。

この料理は、正確には、料理というよりは材料を用意して、後はダッチオーブンにお任せって感じのものです。

キャベツの旨味を感じることのできる、このワイルドな料理は、私の定番でもあります。

 

さて、そのレシピに行きましょう。

材料は、4人分としてキャベツ1個、ベーコン10枚、じゃがいも4個、コンソメの素、水1カップ、酒またはワイン少々だけです。

 

作り方は、まず、キャベツの表面をざっと洗って、ザクッと4つに切ります。

ダッチオーブンを火にかけて、鍋の底にベーコンを5枚敷きつめます。

その上に、4つ切りにしたキャベツをドーンと入れて、じゃがいもは表面だけ洗ったら、皮つきのまま一緒に放り込みます。

最後に、水1カップと酒(またはワイン)を少し入れて、コンソメの素を適量(固形なら1個)入れます。

後は、蓋をして、火力を弱火のままで、待つだけです。

鍋の縁から蒸気が出てきたら、そこから30分で完成です。

 

料理は殆どダッチオーブンがやってくれますが、注意点があるとすれば、熱源ですね。

ダッチオーブンだと、炭や薪を熱源にしてワイルドにやりたい気持ちもわかりますが、これらは火力調節が難しいんですよね。

 

ですから、初心者には火力調節のできるコンロがおすすめです。

燃料はガスとガソリンがありますが、これは好みで決めていいですよ。

火力調整という意味では、ガスが楽かもしれませんね。

ちなみに、私はガソリン派です^^

 

「とうもろこし」や「さつまいも」の蒸し焼き

次は、とうもろこしや焼きいもの蒸し焼きです。

これは、材料そのものの味を引き出しただけですので、料理とは言いにくいですが、これもダッチオーブンの良さがよくわかる料理法と言えるでしょうね。

 

とうもろこしの場合は、皮つきのとうもろこしがあれば、材料はOKです。

レシピは、まず、とうもろこしの皮をむいて、ヒゲもとります。

その皮をダッチオーブンの底に適量敷いて、その上にとうもろこしを載せます。

後は、蓋をして弱火で30分そのままにしておくだけで、美味しいとうもろこしの完成です。

とうもろこしの皮が焦げ付きを抑えてくれますし、何と言っても味がギュッと凝縮した感じがしますよ。

 

焼きいもの場合は、さつまいもを洗って皮つきのままでダッチオーブンに放り込みます。

そのまま蓋をして弱火にかけます。

蓋から蒸気が出てきたら、そこから30分で完成です。

こちらも、さつまいもの旨味がギュッと詰まっていますよ。

いずれも、秋のキャンプには最適ですね。


スポンサードリンク

シュリンプ・ピラフ

さて、最後だけはちょっと料理らしいシュリンプ・ピラフをおすすめしたいと思います。

前の2つに比べればちょっとだけ難易度は上がりますが、これも相当簡単ですよ。

 

材料は、4人分として、お米3合、冷凍海老300g、マッシュルームの缶詰1個、玉ねぎ1個です。

その他調味料として、バター適量、コンソメの素少々、塩・胡椒、白ワイン少々、水3カップです。

 

作り方は、まずお米を洗ってザルにあげ、冷凍海老は解凍して、玉ねぎはみじん切りにしておきます。

弱火にかけておいたダッチオーブンにバターを適量入れて、玉ねぎを炒めます。

玉ねぎがしんなりしてきたら、お米を投入して更に炒めます。

お米が少し透明になってきたら、マッシュルームを入れて炒めます。

 

次に、塩・胡椒少々、コンソメの素少々、ワイン少々、水3カップを入れて、ひと混ぜしたら、蓋をします。

味付けは適当です。今回の経験をもとに次回から調節すればいいでしょう。

 

蓋から蒸気が出てきたら、海老を投入して、そのまま弱火で15分したら火を止めて、そのまま10分間だけ蒸らしたら完成です。

 

この料理の注意点は、火加減ですね。

バターを使うこともあり、直ぐに焦げ付きそうになりますから、焦げ付かないように弱火で手早く炒めます。

本来なら微妙な火力調節をして、お米を炊くようにするのがいいのですが、下手をすると焦げ付いちゃうので、ここではずっと弱火にすることをおすすめします。

 

若干水分が多いかもしれませんが、焦げちゃうよりはましですからね。

 

まとめ

●ダッチオーブン料理は、シンプルで大胆に。素材の味を引き出すのがポイント。

●熱源は、火力調節しやすいコンロの使用がおすすめ。

●ダッチオーブン料理は、弱火で料理すれば大失敗にはなりにくい。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - アウトドア