生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

父の日にクールビズのワイシャツを!襟や素材や織柄は?

      2017/06/11

今や、サラリーマンのクールビズも定着した感がありますね。

ただ、世の中のお父さんたちの多くは、普通のワイシャツに、ネクタイを外しただけの、ちょっと「だらしない格好」になっちゃってますよね。

そんなサラリーマンのお父さんのために、父の日にはクールビズのちょっとお洒落なシャツをプレゼントしてはいかがでしょうか。

とは言っても、どんなシャツを買えばいいのか迷っちゃいますよね。

 

そこで、ここでは、父の日にクールビズシャツを選ぶ「コツ」をご紹介しましょう。

今年の夏は、素敵なクールビズのシャツで、「お父さんが格好良くなる!」

かもしれませんね^^

スポンサードリンク

父の日に贈るクールビズのシャツ選びは、ここがポイント!

クールビズになったことで、ネクタイをしないサラリーマンが格段に増えましたが、その殆どが、スーツ用のワイシャツに、ネクタイを外しただけのスタイルが多いですよね。

つまり、ちょっと悪い言い方をすれば、まるで、居酒屋で酔っ払ってネクタイを外している「だらしないおじさん」に成り下がっていませんか。

やはり、ネクタイを外しただけではなくて、クールビズにはノータイでもビシっと決まる、そんなシャツを着て欲しいものですよね。

 

そこで、ポイントになるのは、やっぱり「襟(えり・カラー)」ですね。

ネクタイを外した襟元はなんとなく寂しい感じがしますが、襟がしっかりしていると、ダラッとしているようには見えませんね。

 

そう言う意味では、「ボタンダウンシャツ」は定番です。

襟をボタンで押さえるため、襟を立たせることができて、美しい襟のシルエットを保つことができますよね。

 

また、「スナップダウンシャツ」もお洒落ですね。

これは、襟の裏にスナップボタンが隠されていて、襟を固定するので、ボタンダウンと同じように襟を立てて美しく保てます。

スナップダウンシャツのほうが、ボタンが見えない分、ボタンダウンシャツよりもドレッシーに見えるのがいいところですね。

 

ちょっと変わり種では、「ホリゾンタルカラーシャツ」も素敵ですね。

これは、襟が180度近く開いているシャツで、ホリゾンタル(水平)に見える襟ってことですね。

イタリアン的なハイセンスを感じるシャツで、涼し気な襟元が格好いいです。

 

なお、シャツの「色」についてですが、なにかクールビズだと色付きのシャツを着ないと寂しい感じがするかもしれませんが、やっぱり基本は、「白」ですね。

一番清潔感があって、涼しげで、見ていても気持ちのいいのは、「白」ですね。

または、「淡いブルー」も、夏らしくて涼しげでいいですね。

 

さて、あなたのお父さんには、どの襟のタイプと色が似合うか、イメージしてみてはいかがですか。

 

父の日のクールビズシャツ!「素材」や「織柄」で選ぶならこれ!

あなたのお父さんは、汗っかきですか? 暑がりですか?

暑がりのお父さんなら、特に、素材選びはとっても大切ですね。

 

クールビズシャツにぴったりな涼感素材なら、「クールマックス」「アイスコットン」がおすすめです。

 

「クールマックス」は、ペットボトルの再生繊維から作り出した涼感素材で、速乾性があり、イージーケア性で家庭での手入れが楽なのも特徴ですね。

汚れも落ちやすく、選択しても乾きやすい未来型の素材ですね。

 

 

「アイスコットン」は、100%天然繊維による冷感素材で、化学繊維を一切含まずに錦糸の撚りだけで清涼感を出しているのが凄いところですね。

肌が弱い方や肌触りに拘りがある方にはピッタリですね。

 

あなたのお父さんが敏感肌なら、「アイスコットン」がおすすめですね。

 

次に、「織柄」で選ぶのもお洒落ですね。

クールビズシャツの織柄でおすすめは、「ドビー織り」と「ヘリボーン織り」ですね。

 

「ドビー」は、織り糸で柄を出す変わり織りの一つで、ドビー織機で織ったものです。

織柄が細かいので、肌触りが柔らかく、着心地も快適で汗などの吸水性もいいですね。

柄に光沢が出て高級感のある生地が特徴ですね。

 

「ヘリンボーン」は、浮き立った斜めの線があり見る角度や光の反射によって、光沢が増すので、汗のシミなどが目立ちにくいのがいいですね。

ヘリンボーンとは英語でニシンの骨のことで、まさに模様がニシンの骨に似ているんですね。

こんな織柄のシャツも、お洒落ですね~。

 


スポンサードリンク

クールビズシャツの「着こなし」のポイントは?

クールビズシャツはシャツ1枚ですからごまかしがききませんね。

そう言う意味では、シンプルですが鉄則的な着こなしのポイントは、しっかりと押させておきたいところですね。

 

基本はだらしなく見えないようにすることがポイントです。

まず、シャツのインナーに注意です。

 

いつものように丸首のインナーではシャツの第一ボタンを外すとシャツが見えてしまいますね。

これはいけません。

是非とも、Vネックのインナーを選ぶようにしましょう。

お父さんにシャツを贈るときに、インナーも一緒に贈るのもアリですね。

間違っても、ランニングシャツは止めましょう。一気に老けて見えちゃいますからね。

 

次に、半袖ではなく「長袖」を選びましょう。

半袖だとどうしても、中年度が増してしまいます。

若い人は長袖を着ている人が多いですが、中年になるに従って半袖が多い感じがしませんか。

やっぱり、クールビズとえいどもビシっと決めたいですから、長袖のほうが格好いいです。

女性の意見としてもやっぱり長袖のほうが人気が圧倒的に高いんですね。

 

最後に、第一ボタンは開けることです。

きちっとするために、第一ボタンをしっかり閉めている方をたまに見かけますが、やっぱりおかしいですよね。

あるいは襟が立たないので、ボタンをしているかもしれませんね。

ボタンダウンやスナップダウンのシャツをきることで、襟がきちんと決まって、素直に第一ボタンを外せるようになりますよ。

 

まとめ

●父の日のプレゼントには、ちょっとお洒落なクールビズシャツがおすすめ。

●クールビズシャツなら、襟がポイントなので、「ボタンダウン」・「スナップダウン」・「ホリゾンタルカラー」のシャツがおすすめ。

●素材は、冷涼感のある「クールマックス」「ツインアクール」「アイスコットン」がおすすめ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - イベント