生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

父の日のプレゼントにお洒落な酒器は?絶対おすすめの12選!

      2017/06/01

chichinohipresentshuki

いつもお世話になっているお父さんには、父の日になにか感謝の気持ちを贈りたいものですね。

ここでは、お酒好きなお父さんのために、ちょっと洒落た「酒器」をご紹介しましょう。

 

酒器とは、まさにお酒の器ですが、タンブラーやグラス、それにサーバー等をご紹介しますね。

毎日の晩酌が楽しくなるものばかりですよ。

 

スポンサードリンク

お酒を「楽しく」飲めるお洒落なサーバー 5選!

錫(すず)の「ちろり」

「ちろり」とは、酒の燗をするときの容器ですね。

これを使えば、ご家庭で飲む日本酒の熱燗が、高級料亭や高級旅館のような雰囲気と味に早変わりです。

特に、錫を使った「ちろり」では、その抗菌性や熱伝導性が優れており、また、日本酒に含まれるフーゼル油を溶かすことで、特に辛口の日本酒をまろやかにする効果もあります。

見た目や雰囲気だけではなく、お酒そのものを美味しくする作用があるのは、酒飲みには嬉しいに決まっていますね。

また、ずっしりとした重厚感が高級感を高めてくれて、雰囲気も上々です。

 

熱燗を作るときは、小鍋のお湯を沸騰させたあとに、日本酒を7分目まで入れたちろりを小鍋に入れて、いわゆる「湯煎」(ゆせん)をしてじっくり温めます。

なにかと「チン」で温めることが多いこの頃ですが、たまにはこんなスローライフもいいですね。

お父さんにこれで熱燗を作ってあげられれば、最高ですね。

 

 

焼酎サーバー

焼酎好きなお父さんには、「焼酎サーバー」がおすすめです。

焼酎は、「割り水」といって、焼酎を水で割って3日~1週間程寝かすと味がまろやかになるんですね。

ただ、常温で置いておくだけですが、水と焼酎が混ざり合って、味がまろやかになったり、芋焼酎だと芋の臭みも軽くなったりするんです。

この焼酎の割り水を作るための容器を「焼酎サーバー」と言いますね。

 

もちろん、ストレート好きなら、「割り水」にしないで、焼酎そのものを焼酎サーバーにいれて寝かすこともありです。

焼酎は、サーバーの中で、熟成されて、徐々に美味しくなっていくんですね。

少なくとも、3日は寝かしておくのがポイントです。

お父さんの好みの味になるまで、寝かしながら、味の変化を楽しむのも通っぽくて、楽しそうですよね。

 

この味の変化は、陶器の中で発生している遠赤外線と自然対流によるものといわれ、また、陶器の内側にある微細な孔で焼酎が呼吸することで熟成が進むため、とも言われています。

いろんな陶器の製品がありますが、信楽焼あたりも渋くていいですね。

 

 

黒じょか

薩摩の芋焼酎が好きなお父さんには、「黒じょか」がおすすめです。

これは耐熱陶器で作られた焼酎を燗する時に使う酒器で、鹿児島では一般的な物ですね。

 

使い方はとっても簡単で、割り水を「黒じょか」に入れて、弱火で人肌に温めるだけで、あとはお猪口などで飲みます。

ほとんどお湯割りと同じだと思われるかもしれませんが、これがまた味が全然違うんですね。

是非ともお試しあれ。

 

なお、この「黒じょか」は洗わないのがポイントです。

使えば使う程焼酎が染み込んで焼酎のコクや香りが増してきますからね。

薩摩隼人になった気分で、「黒じょか」で芋焼酎を飲むのも男っぽくていいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒じょか おちょこ 2盃 ギフトセット 萬古焼 日本製
価格:5832円(税込、送料別) (2017/5/28時点)

 

 

日本酒の「カラフェ」

冷酒が好きなお父さんには日本酒の「カラフェ」がおすすめです。

「カラフェ」とは、お酒の飲む分だけを入れておく容器のことですね。

 

冷酒用のカラフェには、中心部に中空の窪みがあって、そこに氷を入れておくことで、冷酒を冷たいまま保温する物があります。

氷が溶けても、お酒は薄まらないので冷酒にピッタリというわけですね。

暑い夏にピッタリの涼し気なブルーのカラフェもお洒落ですね。

 

 

ビールサーバー

ビール好きのお父さんには、ビールサーバーがおすすめです。

ビールサーバーがあれば、ご家庭でもビアホールのようなきめ細かな泡のビールを楽しむことが出来ます。

やっぱり、ビールはあのクリーミーな泡が命ですからね。

 

家庭用のビールサーバーではあの泡を超音波で発生させる仕組みです。

大きな泡と違って細かいクリーミーな泡はなかなか消えずにビールの風味を閉じ込めます。

 

また、こちらのサーバーでは、ビアホールのようにレバー操作で液体と泡を切り替えられるので、お好みのバランスで注ぐことが出来ます。

お父さんにこれでビールを注いで上げると、大喜び間違い無しですね。

 

 

お酒を「美味しく」飲めるタンブラー 4選!

錫(すず)のタンブラー

錫のタンブラーは、ビアグラスとして使われることが多いですが、焼酎やチューハイ、ハイボールやウィスキー等なんでも使える万能選手ですね。

錫は熱伝導率が高いので冷たいビールをより冷たくしてくれますし、錫のイオン効果もあって、味をまろやかするんですね。

 

錫特有の落ち着きのある輝きは、使い込むほどに味がでて一生使える物になりますよ。

タンブラーの内側にあえて残してあるミクロの凹凸によってビールの泡立ちがより細かくなります。

錫は古来から酒器として使われているもので、もちろん人体への影響もありません。

 

ただ、注意すべきは、表面に傷が付く恐れがあるので、タワシや研磨剤の入った洗剤は使用しないことですね。

あと、電子レンジには使えませんので気を付けましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

能作/NOUSAKU NAJIMIタンブラー350cc 錫の器
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/5/28時点)

 

 

アルミ合金のタンブラー

見た目も触った感じも陶器なのに、実は陶器ではないアルミ合金のタンブラーがあります。

実際、手にとってみても陶器だと勘違いするほどそっくりですね。

 

このアルミ合金のタンブラーは、抗菌効果や遠赤外線効果で飲み物の味が美味しくまろやかになることとや、落としても割れないというメリットがあります。

金属ですから割ろうと思っても割れませんね。

 

名入れをすることもできるので、世界で一つのお父さんだけのタンブラーを作ることができますね。

 

 

チタンの二重タンブラー

こちらは、チタン製の二重構造になっているタンブラーです。

保温能力が高く、アイスはずっと冷たく、ホットはずっと温かいまま飲むことができます。

冷たい物を入れても結露しないのでどこに置いても大丈夫です。

 

チタンは、アレルギーフリーの優しい素材ですから、だれでも安心して使うことができますね。

また、チタンは軽量で強度が強いことから高級素材として有名ですね。

錆びませんし、割れたりもしないので、一生物になります。

光抗菌作用もあるため、太陽・蛍光灯の当たる場所で乾かすだけで清潔に保つことが出来て、便利ですね。

 

 

いか徳利(とっくり)

こちらは、日本酒好きで、いか好きなお父さんにおすすめです。

「いか徳利」は、イカを徳利状に加工した、食べられる容器ですね。

 

燗した日本酒を入れてしばらくすると、イカの風味が酒に染み出てきて美味しくなります。

ちょうどふぐのヒレ酒のような感じですね。

 

数回使うと徐々に柔らかくなってくるので、そうなったら、炙って酒の肴にできます。

日本酒の風味が染み込んだスルメはこれまた美味しいです。

一つで二度美味しいという優れものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【不二屋本店】いか徳利 2本入
価格:1836円(税込、送料別) (2017/5/28時点)

 


スポンサードリンク

お酒を「美しく」飲めるグラス 3選!

バカラのオールドファッショングラス

ウィスキーグラスといえば、やっぱり「バカラ」が有名ですね。

バカラは、パリ万博でグランプリを受賞して依頼、多くの王侯貴族に愛用されているクリスタルメーカーの名門ですね。

バカラならではの室の高いクリスタルが生み出す華麗な輝きは、他の追随を許さず、その美しさは世界最高と言えるでしょう。

 

中でもオールドファッショングラスは、伝統的なシックなデザインで、飽きのこないスタイルが魅力ですね。

バカラのグラスを手にとった時の、あの重厚感がなんともいえず、ウィスキーを数段美味しくしてくれるように感じますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカラ パーフェクション オールドファッション 10cm 1100292 [引き...
価格:10800円(税込、送料別) (2017/5/28時点)

 

 

江戸切子(えどきりこ)

冷酒を涼しげに飲みたいなら「江戸切子」がおすすめですね。

江戸切子(えどきりこ)とは、ガラスの表面にカットを入れた製品ですね。

金剛砂を用い、ガラスの表面に彫刻することを工夫したのが始まりで、その後に、ガラスの表面に様々な模様を施すガラス工芸の技法が確立され、今日まで伝承されている伝統工芸品です。

 

日本の美しい細やかな技術を感じることができますね。

日本人が夏に冷酒を飲むなら、やっぱり浴衣を来て、江戸切子ですっと飲むって感じがピッタリ来ますね。

 

 

うすはりのグラス

こちらは、松徳硝子の薄いガラスを使った口当たりの素晴らしいグラスです。

私も以前、ある高級そうなお店でビールを飲んだ時に、あまりに美味しくてびっくりしたことがあったのですが、そのグラスが、多分この「うすはりのグラス」だと思います。

とにかく、薄いのは素晴らしいことなんだと認識させられるグラスですね。

 

ただ、一般的なグラスと比較すれば、やはり壊れやすいのは仕方の無いことですね。

この素晴らしさは、たんなる実用品の枠を超えた芸術に近いもののように感じます。

壊れる事を気にしていると、こうしたグラスは利用できませんので、予め、壊れることを承知で使うものだと思ったほうがいいでしょう。

 

つまり、そんなに長い間使うことが出来ないかもしれない、ある種の贅沢品なわけです。

これで、飲んだビールのうまさを、是非ともお父さんにも感じさせてあげてください。

とにかく、試す価値ありです。

 

まとめ

●父の日のプレゼントにお酒好きのお父さんなら「酒器」は絶対喜ばれます。

●いろんなものがあるので、数年に分けて少しづつプレゼントしていくのでもいいですね。

●シーズンは夏になるところなので、やっぱりビール向けがいいかも。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - イベント