生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

ハウステンボスの花火大会!ホテルは周辺?それとも佐世保駅前?

      2017/05/26

ハウステンボスの九州一花火大会は、毎年9月末頃に開催されます。

九州最大であることは当然のことながら、全国的に見ても最大級の2万1000発を2時間半で打ち上げます。

特に圧巻は最後の4分間の3000発の連続爆発です。もの凄い迫力です。

 

プログラムは2部構成となっており、第1部では、世界花火師競技会の決勝が行われ、今年のチャンピオンが決まります。

第2部では、直径480mの大輪の大花火や、1kmに及ぶ大スターマインなどの大型の花火が次々と間断なく打ち上げられます。

これをじっくりと鑑賞するには、やはり有料席がいいでしょう。

 

あるいは、ハウステンボス内のホテルから見ることも最高です。

ここでは、ハウステンボスの九州一花火大会をじっくりと鑑賞してから、宿泊するホテルについてご紹介します。

一番いいのは、ハウステンボス内のホテルですね。

ここなら、ホテルの部屋から見ることも出来ます。

 

ただ、コストも相当高額になるので、なかなか庶民には手が届きにくいですね。

そこで、ハウステンボス周辺のホテルもたくさんありますので、有料席で花火を間近に見た後、これらのホテルに帰るという方法も有りですね。

コスト的にはオフィシャルホテルよりは安くなります。

それでも、まだ一般的なホテルよりは高めですよね。

 

そこで、もっともコスパのいい方法は、佐世保市内のホテルを利用することです。

これは有料席で花火を間近で鑑賞したあと、電車で移動する方法です。

ハウステンボス駅から佐世保駅までの乗車時間は20分ですから、混んでいても大丈夫ですね。

 

スポンサードリンク

ハウステンボスの九州一花火大会を間近で見れるホテルはここ!

ハウステンボスの九州一花火大会をホテルからみるのであれば、やはりすぐ近くにある「ホテルヨーロッパ」、「ホテルアムステルダム」、「ウォーターマークホテル」の3つが最適でしょう。

これらのホテルの欠点といえば、宿泊金額が高いことです。

一般庶民には、なかなか手が届きにくいホテルですよね。

 

もちろん、ホテルの窓からゆったりくつろぎながら、ビールを片手に花火を見るのは憧れますね。

一生に一度ぐらいはこうゆうところから花火を見てみたいものです。

 

ただ、本来、花火というのはやはり外で爆音と振動を体で感じて見るものだと思いますので、有料席で見るのがベストでしょう。

有料席は、2000円~5000円ぐらいまで種類があり、安い席は有料席といえども場所取りが必要ですから、要注意です。

 

どこの花火大会もそうですが、人混み具合はものすごいですから、昼頃には行って場所取りしたほうが良いでしょう。

このように外で花火を見る人にとっては、ホテルから花火が見えなくてもいいわけですから、多少コストを抑えることができます。

次にそんなホテルを紹介しましょう。

 

ハウステンボスの九州一花火大会で周辺のホテルに泊まるならはここ!

有料席でゆったり花火鑑賞をしたあとは、人混みの中をかき分けて帰路につくわけですが、ハウステンボス周辺にホテルを予約しておけば、その点は、楽でいいですよね。

メジャーなところでは、「ホテルオークラJRハウステンボス」、「ホテル日航ハウステンボス」の2つがあります。

 

ホテルオークラのパークビューの部屋は、ハウステンボス内のホテルよりも景色がいいと言われています。

また、オークラにしても日航にしても、一流ホテルの安心のクオリティがありますよね。

 

ちょっと変わったところでは、ハウステンボスのオフィシャルホテルで、「変なホテル」という名前のホテルがあります。

スポンサードリンク

ここは、2015年7月に完成したばかりで、世界一生産性の高いホテルを目指して作られました。

たしかに、受付はロボット応対し、荷物もロボットが運んでくれます。

顔認証で部屋のロック解除ができたり、近未来感覚のホテルです。

場所は日航ホテルの裏側に位置しますが、リーズナブルな費用で宿泊できるので、面白いかもしれませんね。

 

また、場所的にはハウステンボス駅の向こう側になりますが、「ホテルローレライ」があります。

こちらも素敵な雰囲気のホテルで夢の世界を継続してくれる感じです。

 

ハウステンボスの九州一花火大会で佐世保に泊まるならここ!

有料席でゆったり花火鑑賞をしたあとは、人混みの中をかき分けて帰路につくわけですが、佐世保のホテルを予約するのが最も安上がりな方法です。

本当に安上がりにしようと思えば、佐世保のビジネスホテルがいいでしょう。

 

花火からの帰りは激混みの人の波にもまれて帰ってくるので、クタクタになっているでしょうから、駅前の近くのホテルがいいでしょう。

ここまでくればホテルはたくさんありますから、ご自分の予算にあったところをこちらからどうぞ。

 

さて、このパターンの問題点は、花火が終わってからハウステンボス駅までのアクセスです。

つまり、ハウステンボス会場を出て、ハウステンボス駅にたどり着くところまでが大変です。

ここは、はじめから覚悟していったほうがいいですね。

1時間や2時間は覚悟しましょう。

 

ハウステンボスからの佐世保への最終電車は、通常は、現在は、シーサイドライナーで22時46分となっています。

しかし、花火大会当日は、臨時列車が増発され、佐世保への最終電車は0時過ぎまである見込みです。

花火大会の終了時刻は21時15分ですから、駅前の移動に2時間かかったとしても23時15分ですから、充分に間に合うでしょう。

 

まとめ

●ハウステンボスの九州一花火大会をホテルから見るなら、「ホテルヨーロッパ」、「ホテルアムステルダム」、「ウォーターマークホテル」がオススメ。

でも、庶民にはちょっと高額かも。

●ハウステンボスの九州一花火大会を有料席でみてから、ハウステンボス周辺のホテルに宿泊するなら、「ホテルオークラJRハウステンボス」、「ホテル日航ハウステンボス」、「変なホテル」、「ホテルローレライ」があります。

「ホテルローレライ」はハウステンボス駅の向こう側になるので、帰りの時間はちょっとかかるかも。

●ハウステンボスの九州一花火大会を有料席でみてから、佐世保に戻って宿泊するなら、駅前の近場のホテルがいいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - イベント