生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

TOEICの初心者の勉強法とは? 400点レベルから600点レベルへ

      2016/09/26

TOEICを初めて受験する方や、一度受験してみたけど、点数が300点~400点レベルで、少なくとも600点レベルまで点数を引き上げたいと思っている方等、TOEICの初心者は、どんな勉強に取り組めばいいのでしょうか。

やるべき勉強はたくさんあるように思えますが、ここでは一点に絞り込みます。

300点~400点レベルということは、中学レベルの英語は大体わかっていると思います。

そこで、ここでは、ズバッと割りきって、1点だけに集中するのです。

その方法をここではご説明します。

 

スポンサードリンク

TOEICの初心者にとって公式問題集とは?

まずは、まだ一度もTOEICを受験したことのない人は、まずTOEICを受験してみましょう。

その時に注意するのは、TOEICは問題形式が決まっていて、毎回その形式自体は変りません。

その内容が毎回変わるだけです。

 

ですから、その問題形式に慣れておかないと正しい実力を発揮できませんし、自分でも自分の実力を正しく認識できません。

そこで、”公式問題集”を一度はやっておきましょう。

TOEICテスト新公式問題集(vol.6) [ Educational Testing ]

これで、こうゆう形で問題が出るんだ、とか、試験時間の長さとか、いろんな発見があるでしょう。

まずは、点数などは気にせずに、問題形式になれるためにこの公式問題集をやりましょう。

 

よく、公式問題集を何度もやれば、点数は伸びます、と書かれている文章等を目にします。

これは、”実力が伸びた”という意味ではありませんから気をつけてください。

単に、試験形式になれたので、自分の正しい実力が出ただけのことです。

 

たかが、一冊の問題集を何度かやっただけで、実力が上がるわけがありません

ただ、試験形式に慣れただけです。

 

上がったと思った点数は、あなたが元々持っていたあなたの実力が点数になっただけです。

そんな簡単に、1日や2日で英語力は伸びたりするはずがありません。

 

 

さて、試験を受けてみた感想はどうでしょうか?

思ったよりも長くありませんでしたか?

集中力がとぎれませんでしたか?

集中したために、どっと疲れませんでしたか?

 

一度受けただけで、いろんなことを学ぶことができます。

 

TOEICの初心者は単語力の強化から!

さて、次にこの試験結果=実力と考えて、この実力を伸ばすために、どうすればいいでしょうか?

ここでは、いろんなことをするのではなく、1点だけに集中しましょう。

 

その1点とは、ずばり、単語力の強化です。

 

単語が分からないことには、なにも始まりません。

もちろん、文法もリスニングもリーディングもみんな重要ですが、全てを同時に完璧にこなすことはとても困難です。

この際、ここは割りきって単語力の強化だけに絞りましょう

 

さて、実際にはどうゆう方法で単語力を強化させていきましょうか?

単語力の強化って、簡単にいうけれど、単語帳の単語って、あんな無味乾燥なものをたくさん覚えていけるものでしょうか?

昔、”豆単”という小さな単語帳が流行ったことがありましたが、初めに出てくる単語 abandan(捨てる)を覚えたら、もうやらなくなって、その単語帳を”捨てる”という笑い話がありました。

それぐらい単語を覚える作業というのは辛いものです。

 

また、昔から伝統的な単語帳で、通称”でる単”(試験に出る英単語)という面白い単語帳がありました。今でもあるようですが、昔、私が高校生の時に愛用してました。

若い方で、このように単語そのものを覚えていく、ということに抵抗がない方は、このような、いわゆる単語帳を活用することでいいと思います。

 

しかし、学生時代を過ぎた社会人にとって、単語だけを無味乾燥に覚えていくのは結構辛いことだと思います。

そこで、オススメするのは、文章で覚える方法です。

一つの文章の中に、知らない単語が2つ程度入っているような文章を覚えていく、という方法です。

 

ここでは、この方法を採用した ”DUO 3.0” という単語帳をオススメします。

スポンサードリンク

DUO 3.0 [ 鈴木陽一 ]

これには、560個の英文が入っています。単語数で1600語、熟語1000語が含まれます。

これらを全部覚えるのです。文として覚えることで、単語も覚えていくことができますよ。

 

これを1度、通しで最後まで読みます。1週間ぐらいの単時間でざっと読みます。

まだ、覚えなくてもいいです。こうゆう文章をこれから覚えていくんだ、と眺めます。

 

はじめから、完全に覚えようとすると、豆単よろしく、途中で挫折しますから。

スピード感が重要です。トントントンと行きましょう。

 

そして、2回目から覚えながら、少しゆっくりペースで進めるのです。これを3回目もやります。

そうして4回目もやります。

 

実際の進め方は、この本に具体的に書いていますから参考になるはずです。

目安としては、1回当たり1ヶ月程度で回します。あまりゆっくりやっても、飽きてしまいますから、ある程度スピード感をもってやりましょう。

 

4回目ぐらいから、自分の単語力が上がってきたことを自分で感じることができるようになるでしょう。

また、2回目ぐらいからは、”DUO 3.0 / 復習用CD” も同時に聞いていきましょう

DUO 3.0 CD復習用

これで、知らないうちに、リスニングも強化されていきます。

このあたりで、再度TOEICを受験してみましょう。

受験の前日には、公式問題集をやっておくことをを忘れずに。 もちろん、慣れておくためです。

 

TOEICの初心者の次のステップとは?

さて、単語力を向上させた後で、TOEICを受けると、どう感じましたか?

 

少しわかるようになっていませんか?

少し読めるようになっていませんか?

少し聞こえるようになっていませんか?

 

もし、自分でもその違いがわかるようなら、あなたの単語力は確実に向上しています。

もし、まだはっきりとわからないようでしたら、もう少しDUOを続けてみましょう。

 

必ず、あなた自身が、”あっ? ちょっとわかるようになったかも?”って感じるときが来ます。

そうなったら、次はTOEICのスコアをじっくりと見て、自分の弱点を探して、その部分に集中して補強します。

 

このあたりから、文法をやろうとか、リスニングを強化しようとか、自分の弱いところはTOEICのスコアが明確に示してくれていますから、その弱い部分を補強していけばいいだけです。

 

この頃にはあなたはもう600点レベルを軽く超えていると思いますよ。

なお、私の経験では、1年頑張って100点上がるぐらいのペースだと思っています。

 

焦らずにじっくり取り組みましょう。

多くの人にとって、単語力の強化は一つの壁です。 そんな低い壁ではありませんが、絶対に超えられる壁です。

検討をお祈りします。

 

まとめ

●TOEIC初心者は単語力強化から始める

●単語は、文章単位で覚える

●単語帳は、最低4回は繰り返しやる

●単語力が強化されたら、TOEICの試験結果から弱点を補強していく

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - 学習