生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

グアムでシュノーケリング!初心者に最低限必要な道具はこれだけ

      2019/07/25

先日、グアムでシュノーケリングをしてきました。

とは言っても、私は泳ぎも得意ではないし、ほとんどシュノーケリングもしたことないので、超初心者のシュノーケリングもどきって感じです。

その時の超初心者の私の体験から、これは絶対必要だろうって道具を今回はご紹介しますね。

また、そんな道具を買うべきか、レンタルすべきかについても私なりに感じたことを書きたいと思います。

これだけあれば、シュノーケリングは楽しめますよ~って話です。

 

スポンサードリンク

超初心者に必要なシュノーケリングの道具とは?

グアムで実際にシュノーケリングをしてみて必要性を感じた道具は、3つだけです。

 

1つ目は、フルフェイスのシュノーケリングマスク。

通常使われるマスクとシュノーケルが別々になっているタイプは、初心者にとっては使いにくいですよね。

シュノーケルを口に加えて、口だけで呼吸するのは、慣れが必要だからです。

以前、私のこのシュノーケルを使ってみると、なんだか苦しくなってしまって、うまく使えなかったことを覚えています。

 

そこで、今回使ったのは、フルフェイスのシュノーケリングマスクです。

これは、口からでも鼻からでも呼吸できるので、慣れというものが必要ないんですね。

視界が広いので、水中の広い範囲を見渡すことができて、とっても快適です。

私も今回初めて使ってみましたが、使い方はとっても簡単で、特に練習しなくても、しっかりとゴムを締めて固定さえすれば、問題なく使えました。

 

妻にも買って見せたときには、「こんなのつけている人いないよ」とか、「ゴレンジャーみたい」とか、「恥ずかしい~」とかいろいろ文句を言っていました。

でも、実際に使ってみたら「これ、いいわ。気に入った」という評価にコロッと変わったぐらいです。(笑)

実際、ビーチで遊んでいる人の10人中3人ぐらいは、このフルフェイス式を使っていましたね。

今や、メジャーな道具なので、恥ずかしいことなんてありませんよ。

 

2つ目は、ラッシュガード。

グアムのように海底に岩がゴツゴツ出ていたりする場合、浅瀬でシュノーケリングをしていると、体を岩に擦ったりしちゃいますよね。

そんな怪我防止のために、ラッシュガードは必要です。

また、日差しが強いので、上半身になにも来ていないと背中がすぐに焼けてしまうので、日焼け防止の意味もありますね。

さらに、フードがついているとちょっとかぶるだけで、不思議なくらい直射日光を遮ってくれてとっても快適です。

また、濡れた状態で脱ぎやすいように、フロントにジッパーが付いているのが使いやすくておすすめです。

 

なお、ラッシュガードの選び方については、こちらの記事も参考にどうぞ。

ラッシュガードの正しい選び方とは?ラッシュパーカとの違いは?

 

3つ目は、マリンシューズ。

グアムの海で、一番重要だと感じたのが、このマリンシューズです。

海底にゴツゴツした岩があるので、これがないと海の中を歩くことができません。

 

日本人と思われる若い男性の3人組が、日本の海に入る感覚で海パンだけで、素足で海に入っていったのには、驚きました。

多分、その後、ビーチシューズをレンタルでもしたことは想像に難くないですね。

 

私は息子のお古のマリンシューズを使いましたが、あまり重すぎないスニーカーなら、なんでもいいんです。

別のマリンシューズでなくても、合皮のような軽い素材でできた運動靴ならOKです。

妻は、娘が学生時代に使っていた上履きを持ってきて使っていましたが、全く問題なさそうでした。

海に入っちゃえば、靴なんて見えませんし、誰も足元に注目なんてしません。

まあ、これはおじさんの発想かもしれませんが、お洒落に気を使う若い人は別にしても、中年のおじさんや子供はそれで十分ですよ。本当に。

 

以上の3つだけで十分にシュノーケリングを楽しめます。(キッパリ)

 

それ以外のよく耳にするのは、フィン(足ひれ)とグローブぐらいですよね。

まず、フィンは、初心者には邪魔になるだけでしょう。

今回のグアムでは干潮ということもあって、とっても水深の浅いところでのシュノーケリングだったので、フィンは使いたくても使えないと思いますね。

っていうか、私には多分使い切れない代物だと思います。

 

また、グローブはあってもいいかもしれません。

岩場に捕まったりするときに、あると便利そうです。

ただ、絶対に必要かといえば、そこまでじゃないかな、というのが実感です。

熱帯魚の中には、小さいくせに自分の縄張りに入ってくると人間でも攻撃してくるのがいます。

まあ、突進していくるだけなんですが、手に当たったりすると痛いので、グローブがあると思いっきり手を出したりして遊べるかもです。

 


スポンサードリンク

シュノーケリングの道具はレンタルする?購入する?

さて、初心者には上記の3つ、「フルフェイスのシュノーケリングマスク」「ラッシュガード」「マリンシューズ」が必要という話をしましたが、次に、これらを購入すべきか、レンタルすべきかで、迷っちゃいますよね~。

 

まず、フルフェイスのシュノーケリングマスクについてですが、これは少なくともニッコーホテルでは、レンタルしていませんでしたね。

レンタルしているのは、通常のマスクとシュノーケルだけです。

ですから、これは買うしかなさそうです。

このフルフェイス式の欠点は、二つに分解しても、ちょっと大きいのでかさ張ることなんですが、仕方ないですね。

現地でも売っていましたが、日本で買っていったほうが安いと感じました。

 

ラッシュガードは、肌着のようなものですし、レンタルはないでしょうね。

ニッコーホテルでもレンタルはありませんでしたね。

これも日本で買っていきましょう。

現地でも買えますし、妻は実際に買いましたが、やっぱり日本でリーズナブルなものを買っていったほうがいいと思います。

 

マリンシューズは、レンタルはありましたね。

ただ、お古のスニーカーでいいので、日本から持っていきましょう。

これは現地のABCストアでも売っていましたが、そんなに高くはなかったで、現地で買ってもいいかもしれません。

 

ただし、たとえば、シュノーケリングは観光の合間の2時間程度だけというような場合で、今後、しばらく使う予定がないって場合には、全部レンタルでもいいと思いますよ。

フルフェイスのマスクにはなりませんが、シュノーケルなしでもゴーグルさえあれば、水中を見ることはできます。

逆に、2日以上シュノーケリングをするとか、主な目的がシュノーケリングっていうことなら、日本から上記の3つの道具を持っていくことをおすすめします。

 

グアムの海は、本当に透明度が高くて、可愛らしい熱帯魚がどんな浅瀬にもいます。

しっかり準備して楽しいシュノーケリングを楽しんで来てください。

 

まとめ

●グアムのシュノーケリング初心者には、フルフェイスのシュノーケリングマスク・ラッシュガード・マリンシューズの3つがあれば十分です。

●シュノーケリングが、主な目的でグアムに行くなら道具は日本ですべて買っていくのおすすめです。

●グアム観光の合間にちょっとだけシュノーケリングする程度なら、全部レンタルでもいいと思いますよ~。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - スポーツ