生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

おさかな倶楽部って本当に美味しいの?実際に食べに行ってみた!

      2022/09/02

今回は、千葉県南房総市の富浦町の漁港近くの食堂「おさかな倶楽部」に行ってきましたので、そのレポートです。

南房総には美味しいお店がいっぱいありますが、その中でも人気のあるこのお店は、その名前の通り、新鮮なお魚とボリュームで有名なお店です。

さて、どんなお店だったのでしょうか。乞うご期待。

 

スポンサードリンク

おさかな倶楽部ってどれくらい混んでるの?

このあたりの人気店ということで、今回は平日に行きました。
息子と二人でドライブがてらの訪問です。

11時開店ですが、すでに10時には到着してしまい、流石に早すぎでしょうと思ったものの、入り口まで行ってみると、すでに予約表が置いてありました。

当然自分たちが一番だと思って覗き込んでみると、なんと先着が7組もありました。つまり我々は8番目。なんとも、驚きです。「そんなに早く来る意味あるの?」と思ってしまいましたが、その理由は後でわかることになります。

15分前にはここに戻るように書いてありましたので、残りの45分間どうやって時間を潰すかという問題に直面します。広い駐車場にある車を見ると、皆さんは暑さもあってか車の中で待機しているようでした。

まあ、せっかくだから散歩がてら、ここは富浦の漁港の周辺の散策してみました。潮の香りが気持ちよく、堤防の先端のほうでは釣り人の姿も見えます。のどかな漁港の風景です。

漁港の西側の堤防の外側には小さいながらも砂浜があってちょっとプライベートビーチの風情がある素敵な浜があります。
プチ散歩するにはいい感じです。昔、崖から落ちたであろう巨石がゴロンゴロンしているところには、フナムシやカニが見えます。

 

やっと開店!

浜で時間を潰して、10時45分に戻ってみると、店の前には10人ぐらいの人だかりになっています。
皆さん、開店を待っているようです。

予約表は15番ぐらいまで埋まっていました。平日でこんな調子なので、週末はどんなことになるのか想像が付きますよね。

しばらくすると、お店のおばちゃんが「順番にお呼びします~」といってから、「1番の○○さん、○名様~」と呼ばれて、呼ばれたグループはぞろぞろと店内に入っていきます。

体温測定とアルコール消毒はお決まりのルーティーンです。

我々も呼ばれて、中に入ると番号札をもらいます。7番となっています。途中で一組いなかったようなので、繰り上がっているようです。

店に入ると、席に案内されて座ります。

目の前の壁にはメニューの黒板がかかっていて、これが唯一のメニューのようです。テーブルの上には、他に手に取って見れるようなメニューはありません。

 

なので、みんなでその壁を眺めてなににしようか考えているようです。
しばらくすると、今度は店内の客に向かって、おばちゃんが「番号順に注文を伺います~」と言っていました。

そして、おばちゃんが「1番の方~」と呼ぶと、そのグループが手を上げて、注文を取るという流れになります。

メニューを見ると、「2食限定」とか「3食限定」とか「少数限定」と書いてあって、実際にオーダーを受付ていくと、途中で「売切」の札をメニューに貼り付けられて行きます。

なるほど、だから早く来ている客が多いってわけなんですね。

メニューは、定食で概ね1,500円~2,000円程度で結構高めですが、特に目を引くのが唯一の3桁商品「まかない丼」900円です。これも少数限定となっています。

迷った挙げ句、私はコスパ最強と思われる「まかない丼」、息子は3食限定の「カイワリ姿盛り」の定食、そして、単品で「沖サヨリと炙りカマスの2点刺し盛」を注文しました。

注文が進むについて、「売切」の札がどんどん貼られていって、15組ぐらい目で「まかない丼」もとうとう売切れになってしまいました。なんとなく、いつ売切れになるのか、ゲームみたいで、ちょっと楽しい。

さて、しばらくして着丼。

まかない丼はこちら。ど~ん。

まかない丼はやっぱりコスパがいいですね。一見、卵焼きもあったりして、ちょっと刺し身が少ないのかな?と思ったのですが、実際には刺し身の量が多くて素晴らしい。鮮度もよくて美味しい。一番上に載っていたなめろうがまた旨し。

 

息子のカイワリ姿盛り定食は、こちら。ど~ん。

カイワリという魚は知らなかったけど、なかなか美味な魚で半身を刺し身、半身を炙りにしていて1匹で2度味わえる工夫がしてありました。

流石に姿盛りというだけあって、魚を3枚におろしたそのままがきれいに飾ってあります。豪勢な感じです。

 

上手に3枚におろした様子がよくわかる写真がこちら。向こうが透けて見えます。

 

単品で頼んだ「2点刺し盛」(沖サヨリと炙りカマス)は、量は少なかったものの鮮度のいい魚で美味しかった~。

 

周りを見渡すと、ちょっと年上のおじちゃんおばちゃんは、「まかない丼」を頼んでいる人が多いようでした。
子供や若い人は値段を気にせず、食べたいものを食べているって感じです。

我が家も全く同じ感じです。どこも一緒なんですね。

さて、完食してお腹いっぱい。お会計です。

 

合計4,000円となりました。
安くはないけど、鮮度の高い刺し身を食べられるなら、「これは、ありだな!」って印象です。
やっぱり、コスパ的には「まかない丼」が超おすすめですね~。

 

スポンサードリンク

次来るときに食べたいものは?

メニューは言葉だけの羅列なので、実際にはどんな感じなのかなかなか想像できないものです。
実物を見るとずいぶんイメージと違うものもあります。

左隣りの親子が食べていたのは、お父さんが「まかない丼」、子供が「3点刺盛り+カマス塩焼きセット定食」。
驚いたのは、カマスが2匹ついていたことです。普通1匹だと思い込みがありましたが、2匹ついていました。
あれはいい。

そして、右隣の中年男性が一人で食べていたのは、「彩り定食」で、ワラサかぶと煮、ワラサカマ唐、2点刺身付きの定食でした。この「かぶと煮」がめっちゃデカくてびっくり仰天。流石に写真を取る事はできませんでしたが、あれは凄かった~。

次回来るときは、「彩り定食」にしようと心に決めてお店を出ました。

ご馳走さまでした。

 

まとめ

●おさかな倶楽部は、メニューが限定が多いため、すぐに売り切れてしまう。

●そのために、開店前に行くのがおすすめ。1時間前ぐらいがいいかも。

●コスパ高いのは「まかない丼」900円。次回食べたいのは「彩り定食」。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ