生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

富津海岸潮干狩場で「はまぐり」は採れる!?コツとグッズは?

      2017/05/09

先日、家族で富津海岸に潮干狩りに行ってきました。

潮干狩りといえば、やっぱりアサリがメジャーですよね。

でも、富津海岸には蛤(はまぐり)もいると言われていますが、実際のところ、本当に、蛤は採れるのでしょうか?

ここでは、富津海岸の潮干狩りの蛤についてご紹介しましょう。

スポンサードリンク

富津海岸の潮干狩場で「はまぐり」は採れる!?

まず、結論から言いましょう。

富津海岸の潮干狩りでは、「はまぐり」が沢山採れます。

 

私たちは、完全に潮干狩りの素人です。

どれくらい素人かというと、今までに今回を含めて2回しか行ったことが無い私と子供2人と、今回が初めての妻という具合です。

そんな素人集団でも、潮干狩りの収穫としては、追加料金無しの制限一杯まで、つまり、4人x2kg=8kgのアサリとはまぐりを採ることができました。

潮干狩場から配られる網には、できるだけ一杯詰め込みました。

futtsuami4tsu

 

そして、それを自宅のキッチンで、砂出しの後で仕分けた結果がこちらです。

下側が蛤で、上側がアサリですね。

実はこの時は味噌汁を作った後でしたので、チョット減っていますが、蛤が大体1/3以上はありそうでした。

futtsuasariandhamaguri

 

やっぱり、アサリよりも蛤のほうが美味しいので、蛤にターゲットを絞って行くと、もっと蛤を増やすことも可能ですね。

そのコツは後ほどお伝えしましょう。

 

はまぐりを採るコツとは?

私たちが富津海岸の潮干狩りに行ったのは小潮のときでしたが、初めは海岸線から離れたところで潮干狩りをしていました。

しかし、採れるのはアサリばかりで、それもそんなに沢山採れるわけではありませんでした。

 

そんな時沖の方をみると、富津海岸の遠浅の海の中に膝下ぐらいまでの深さで、沢山の人が取っています。

「ここ、はまぐり、たくさんある~っ!!」という子供の声が聞こえてきていました。

それでも、水の中に入る気にもなれず、我々は潮の引いた砂場を黙々と掘り続けていました。

 

そのうち、妻があまり採れないこともあって、沖の方に進んで行きました。

すると、チョットの間に、網が一杯になっています。

 

あれ?ということで、みんなで、沖のほうに乗り出して見ます。

すると、浅いところにはアサリが沢山います。

チョット探すと直ぐに見つかります。

 

しかし、もっと深く掘り進めると、蛤もいることがわかってきました。

アサリが5cmぐらいの深さにいるとすると、蛤は20cmぐらい下にいます。

 

海水は砂が舞い上がって透明度ゼロなので、熊手でガリッと感じたら、あとは、手探りで探すしかありませんね。

手で触った瞬間にツルッとするので、蛤の場合はすぐにわかります。

 

また、潮の引いた固い砂と違って、海の中の砂は柔らかいので、力はそんなに要りません。

ただ、中腰なので、腰にこたえますね。

 

以上をまとめると、蛤の採るコツは、波打ち際よりも少し海側に入って行って、深さ20cm程度掘ること、ですね。

一ついると、まとまっているので、その辺を集中して探すのがいいですよ。

是非お試しあれ。


スポンサードリンク

はまぐりを採る時の便利グッズとは?

今回の潮干狩りは素人集団でしたので、あまり効率的に作業が出来ませんでしたが、その反省も含めて、蛤を採るための便利グッズをご紹介しましょう。

 

まず、潮干狩りの基本の道具として、「熊手」は必須ですよ。熊手なしでは絶対無理ですね。

ちなみに今回持っていった熊手はダイソーで買った100円のものでしたが、全く必要十分でしたね。

 

次に、腰が弱い私だけは、砂場の潮干狩り用に、特別な小さな椅子を持っていきました。

持って歩くので、アルミ製の軽いもので海水に使っても錆びない物にしました。

こちらはホームセンターで1,300円程度でしたが、効果は絶大でしたね。おすすめです。

ただ、海の中で使う勇気はありませんでしたね^^

 

futtsuoritatamiisuandkumade

 

 

 

さて、蛤を採るとなると水の中に入っていくので、こんな恰好がオススメですね。

ポイントは長靴です。これぐらいの長さがあればOKですね。

futtsufukusou

 

今回は持っていかなかったのですが、是非持っていくべきは「バケツ」ですね。

基本的にバケツにとった貝をどんどん入れていきます。そして、最後に仕分けるようにするほうが効率的ですね。

 

富津海岸では、1人1800円の入場料で2kg入る網をもらい、それに一杯までは超過料金なしなんですね。

我々は初めからこの網に採った貝を入れていったのですが、これが運び難いし、破れそうだしで結構使いづらいんですね。

 

だから、採る時はとにかく採ることに専念して、最後に初めにもらった網に入れ替える方法が正しいでしょう。

そうすれば、蛤から詰め込んで行けるし、アサリも大きなものを優先して入れられます。

そして、超過料金を払いたくなければ、網に入り切らないものは、海に戻せばいいわけですね。

 

1人2kgで4人で8kgもあれば、もう充分過ぎる量なので、普通は、これ以上は要らないと思いますね。

 

まとめ

●富津海岸の潮干狩りでは、蛤も沢山採れます。

●蛤は砂のした20cmぐらいのところにいるので、アサリよりも深く掘る必要があります。

●膝下ぐらいまで海の中に入って探したほうが、アサリも蛤も効率的です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - アウトドア