生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

温泉旅館の浴衣の基本マナー!これだけは知っておきたい6ヶ条!

      2016/12/19

温泉旅館といえば、やっぱり浴衣ですね。

旅館の浴衣は、普通に着る浴衣の簡易版で、「温泉浴衣」と言われます。

 

そんな温泉浴衣をスマートに着て過ごすには、ちょっとした基本的なマナーを知っておいたほうがいいですね。

ここでは、温泉旅館に宿泊する時の温泉浴衣の基本マナーについてご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

温泉旅館の浴衣の使い方に関する基本マナー

温泉旅館では、やっぱり浴衣を着たいですね。

最近では、色浴衣を沢山の種類から選ぶことができる旅館もあり、楽しいですね。

ここでは、浴衣についての基本マナーを確認しましょう。

 

1.温泉旅館の浴衣とは?

温泉旅館にある浴衣は、「温泉浴衣」といわれるもので一般的な浴衣とはちょっと違うものです。

基本的に、温泉浴衣は、寛ぎ用でもあり、寝巻きでもあるので、ゆったりサイズになっていますね。

温泉浴衣は、特別なものではないので、着るのも簡単です。

 

2.温泉浴衣に下着はつける?

パンツ以外の下着はつけなくてもいいのですが、女性の場合は、人前で万一はだけた時のためにキャミソールを着るといいでしょう。

ブラは基本は不要ですが、ブラ付きキャミソールにするか、スポーツブラのようなフラットタイプが美しく見えます。

浴衣のインナーはこちらを参考にどうぞ。

 

3.温泉浴衣で寝る?

浴衣で寝るのが苦手なら、簡易的なウェアに着替えるのもいいですね。。

ジャージにようなパジャマ代わりのものを持っていくのもいいでしょう。

そんな人はたくさんいますよ。

スポンサードリンク

私自身もどうも浴衣で寝るのは苦手です。

朝には紐だけしか残っていないことが多いですから・・。

 

4.朝食の時に浴衣を着る?

旅館が用意した浴衣は旅館の中でくつろぐためのものですから、朝食で浴衣を着て朝食のバイキング等に行ってもマナー違反ではありません。

ただ、いかにも寝起きという感じだったり、浴衣が崩れていて見苦しかったりするのはいただけません。

髪を簡単に整えて、浴衣のシワを伸ばして、最低限の身だしなみはして行きましょう。

浴衣の上に羽織を着て行くのがいいでしょう。

 

5.朝食の時にきちんとした服を着ている人もいるけど?

朝食後にそのままチェックアウトされる方は、着替えてから、朝食を取りに行きますね。

今日の予定が詰まっているんでしょうね。

 

一方で、朝食後に朝風呂に入って、ゆったりと部屋でくつろいで、チェックアウトギリギリまで部屋にいたい方もいます。

そんな方は、浴衣のままで朝食を取りますね。

要は、人、各々の都合だったり、好みの問題なんですね。

 

6.朝食の時にジャージなどの部屋着を着てくるのは?

浴衣でははだけてしまうので、部屋ではジャージのような部屋着を別に着ることも多いと思いますが、このジャージ姿のままで、朝食に来る人がいますね。

それがきちんとしていて、周りの人に不快感を与えないものなら、問題ないです。

 

一方で、例えば白と黒のダボダボのジャージで、金色の模様もはいっているようなヤンキー系の人をみると、完全に雰囲気を壊していますよね。

自ら品を落とすような恰好はやめましょうね。

周りの方々も決して気持ち良く思いません。

 

まとめ

●温泉旅館ではやっぱり浴衣が似合いますね。是非とも着たいものです。

●寝るときはジャージ等に着替えてもいいですね。特に寝相の悪い人は。

●温泉浴衣は下手をするとだらしなく見えてしまいます。人前に出るときは、羽織を着るなどしてきちんとした品のある姿を保ちましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - 旅行 ,