生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

石垣島ドライブ体験記!サビチ鍾乳洞/玉取崎/川平湾/バンナ公園

      2019/05/28

銀婚式の記念に、石垣島に夫婦ふたりで行ってきました。

ゴールデンウィークのあとの一番安いと言われる時期を狙って、5月18日(土)~5月20日(月)の2泊3日の旅です。

1日目は午後から竹富島に行き、2日目は朝から西表島に半日ツアーの後、ホテルに戻ってプライベートビーチを散歩したりしました。

今回は、いよいよ3日目の最終日です。

 

この日は、ホテルでゆっくりと朝食をとってから、10時にチェックアウトして、石垣島をぐるっとドライブして回りましたので、その報告です。

スタートはホテルなので、石垣島の北端にある平久保岬の近くになります。

では、早速行きましょう。

 

スポンサードリンク

ホテルの朝食は気持ちのいい屋外で!

「セブンカラーズ石垣島」の最終日の朝は、朝風呂から始まりました。

朝からジャグジーの湯に使って、朝湯の贅沢です。

気持ちいい~。

 

最後の日の朝食のために1階のレストランに行くと、「外でも食べれますよ~」ということでしたので、屋外で頂くことにしました。

木製のカウンターに二人並んで座ると、正面にはすぐ近くの海が見えます。

 

木製のオシャレなトレーが置かれて、いい感じです。

 

そして、食事がトレーに順番に置かれていきます。

 

メインの玉子料理は、オムレツにしてもらいました。

とっても美味しい朝食に大満足です。

 

今朝は、オーナーの戸田さんがやってきて、挨拶をしてくれました。

昨夜にお話した女性の方も戸田さんだったので、ご夫婦で経営されているんだなということがわかりました。

 

あうゆうホテルのオーナーって楽しそうに見えますよね。

でも、実際には大変なんですよね、きっと。

だから、やっぱり客として訪問するのがいいですよね。ちょっとした夢の世界ですから。

 

さて、部屋に戻って、まったりしながら、コーヒーを飲みます。

昨日拾った貝殻を横に置いてみると、いい感じです。

 

さて、名残惜しいですが、そろそろ10時のチェックアウトの時間です。

1階に降りていくと、1階のレストランでは、従業員を全員集めて、ミーティングの真っ最中でした。

みなさんPCを目の前において、真剣な顔つきです。

会社の会議と同じ感じなんですね。なるほどと、妙に感心します。

 

さて、会計を済ませて、出発です。

担当の方は、車がホテルの敷地を出るまでずっと見送ってくれました。

さようなら~。

◆セブンカラーズ石垣島 基本情報
電話:0980-84-5107
住所:沖縄県石垣市平久保226-523
アクセス:新石垣空港から車で約1時間
URL:http://yado.knt.co.jp/st/S470435/

 

日本で唯一海に抜ける「サビチ鍾乳洞」

ドライブを始めて、初めに立ち寄る予定は、「サンセットビーチ」のはずでしたが、なぜか見逃してしまい、気づいたときには、もう「サビチ鍾乳洞」に到着してしまいました。

「日本で唯一の海に抜ける鍾乳洞」という言葉につられて、入ってみることにします。

 

駐車場に車を停めて、入り口のほうに下っていくと、看板が見えてきました。

 

鍾乳洞の入り口は幽玄な雰囲気に包まれています。

ジャングルにポッカリと空いた空洞のようです。

 

左の事務所に入っていくと、誰もいないので、しばらく待っていると、さっき、外で掃除していた女性が入ってきて、その人が管理人さんであることがわかりました。

入園料は、1,250円です。

安くはないですが、やっぱり日本で唯一ですから、入ることにしましょう。

 

洞窟の中は、きちんと整備されていて、歩きやすく舗装されていて、観光地という感じですね。

鍾乳石はいろんな形があって、それぞれに名前が付いていたりします。

 

例えば、これはナイヤガラ。

 

これは、サンゴ化石群。

サンゴや貝が岩石の中に埋まっているので、長い年月を感じますね。

 

洞窟を突き当たりまで行くと右が「パワースポット」となっていて、左が「海」になっています。

まずは、パワースポットのほうに行ってみます。

「あれ?」階段の途中から海になっています。

 

これはどうも満潮のためだったようです。

干潮のときには、歩いてこの先に行けたようで、残念。

 

さて、反対側の海のほうに行ってみます。

こちらは、岩の間や階段をずんずん進んでいきます。ちょっとしたハイキングです。

しばらく歩いていくと、最後には綺麗な砂浜に出ました。

 

素晴らしいところです。

砂浜には、無数の可愛らしいヤドカリがいて、近づくと一斉に逃げていきます。

おもしろ~い。(笑)

 

ふと、気づいてサンダルの下をみたら、やっぱり数匹のヤドカリが砂に埋まっていましたが、砂に埋まっているだけで大丈夫のようでした。

しばらく、ヤドカリに癒やされつつも、とにかく暑いので、早々に退散です。

 

5月とは思えない日差しに、水着だったら、このまま海に入っちゃいたい気分でした。

この海辺はいいところです。

寄ってみて、損はしないと思いますよ~。

◆サビチ鍾乳洞 基本情報
電話:0980-89-2121
住所:沖縄県石垣市伊原間バンナ185-44
アクセス:石垣空港より船越方面へ車で40分
営業時間:9時~18時
定休日:無休
URL:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000162069/

 

スポンサードリンク

海を眺める「玉取崎展望台」

サビチ鍾乳洞を出て、しばらく道なりに走っていると、「玉取崎展望台」の標識が見えてきます。

これは寄ってみなくちゃ、ということで脇道に入ります。

 

ぐぐっと上り坂を登ると駐車場が見えてきました。

そこに車を停めて、少し歩いて登ると、玉取崎展望台に到着です。

 

今、通ってきた道と、綺麗な海、そして遠くに山々が見えますね~。

 

展望台でぐるっと360度周りを見渡すことができます。

見晴らしが良くて気持ちのいい場所です。

涼し気な風が吹き抜けて行きます。爽快ですね~。

 

ちょっと休憩していると、そろそろお昼の時間です。

じゃあ、この辺で食べようってことになって、坂を下った幹線沿いのお店に入りました。

 

ランチは「はんなとーら」

ちょうど、駐車場の横にあったこんなオシャレな看板に引き寄せられました。

 

どうもこれは裏口らしくて、玄関はこちらでした。

 

さて、何にしようかなって思っていると、メニューは2種類のみで、「気まぐれタコライス」か、「島豚のキーマカレー」でした。

 

結局、二人ともキーマカレーをオーダしました。

オシャレな店内ですね。水のグラスも綺麗です。

 

窓の外から、綺麗な庭の緑が映えます。

黄色くて大きな花が綺麗に咲いていました。

 

そして、お待ちかねのキーマカレー到着です。

おっと、スパムが載っています。

ちょっと、アメリカ的ですね。日本の発想じゃないでしょう。

 

パイナップルジュースも100%果汁でしっかりと美味しい。

 

ここは、庭が南国らしくアレンジされていて、とっても素敵でしたね。

ごちそうさまでした。

 

東側から西側には簡単に行けない?

さて、このあたりから島の西側に行こうと思ったら、「あれ?」簡単に横断できる道がありません。

ということで、仕方ないので少し北に戻ってから、西海岸側に出ることにしました。

そして、西海岸をやっと走り出します。

 

と思ったら、雨です。

梅雨入りはしていましたが、今まで雨にはほとんど降られていませんでしたので、「とうとうやってきたか」って感じです。

しとしと降るのかな?と思っていると、亜熱帯性の気候らしくスコールのようにザザーッときました。

 

これぐらい降られると気持ちがいいくらいの土砂降りです。

ちょっと涼しくもなります。

 

そのまま、しばらく走っているとカラッと晴れてきました。

こっちの梅雨は、こんな感じの雨なので、あんまり長雨とならないようですね。

 

有名な「川平湾」ってやっぱり凄い?

そのまま、走り続けて、川平湾(かびらわん)に到着です。

雨上がりの後なので、ちょっと道は濡れた感じですが、すっかり雨は上がっています。

 

駐車場は1時間100円で、大体1時間100円が普通のようですね。

ただ、大垣市街地の中心部では、1時間500円ぐらいの場所もありましたので、都心部で駐車するときは要注意ですね。

 

ちょっと歩くと、川平湾を一望できる高台に出ます。

思わず「おぉ~!凄い!」と言葉が出ます。

やっぱり、川平湾って凄いですね。

こんな曇りの天気でもこれだけ綺麗なのですから、晴天のときは格別でしょうね。

 

しばらく景色に見とれます。

下まで降りると上がってくるのが大変そうなので、今回は上から眺めるだけにしておきます。

 

アイスクリーム屋さんがたくさんあります。

観光客は少ないので、お店の人も暇そうです。

近くのお店で、ソフトクリームを食べました。

 

旨しい。コーンにOKINAWAのマークがありました。

なんか嬉しい。

 

では、名残惜しいけれども、時間もないので、先へ進みます。

 

白い灯台の「御神崎」

石垣島の西の端にある御神崎(うがんざき/おがんざき)を目指します。

途中の道路では、時々雨に降られつつも、なぜか目的地に到着する頃には雨は上がっています。

私も随分長い間、雨男と言われてきましたが、この頃は晴れ男に変身しているのかもしれません。

 

さて、車を停めて白い灯台を目指して歩きます。

ほとんど観光客はいませんね。

私達以外には、若い男の3人連れだけです。

 

入場料も取られず、灯台の上まで登ることができます。

風が凄いですね。ちょっと寒いぐらいです。

 

そして海の色が違います。群青の青ですね。

さっきまで川平湾のエメラルドグリーンの海を見ていたのに比べると明らかに厳しい海をイメージさせてくれます。

思わず、我がふるさとの函館の立待岬を思い出しちゃいました。

 

「エメラルドの海を見る展望台」って島もよく見える?

やっぱり、最後は「エメラルドグリーンの海を見たい」ということで、その名もまさにそのまんまの「エメラルドの海を見る展望台」に行きました。

バンナ公園という大きな公園の中にあるんですね。

 

日光の「いろは坂」のような急な坂道をグイグイ、うねうねと登っていくと展望台に到着です。

駐車場に停めて展望台を登ります。

 

駐車場に泊まっている車をよ~く見てみると、全部レンタカーであることに気づきました。

さすが、観光地ですね。

 

ここは立派な建造物で階段で上までいくと、「お~っ!」よく見えます。

海もそうですが、竹富島や西表島がよく見えます。

石垣島と竹富島や西表島との位置関係が直感的によくわかります。

 

ここは凄いところですね。

来てよかったです。

 

お店もなにもないので、ただの展望台ですが、ここは来てみる価値のある場所だと感じました。

なんというか、石垣島と離島の位置関係が直感的によく分かるんですよね。

 

時間が徐々に迫ってきますので、早々に市街地に向かいます。

 

石垣市街地でイオン・マックスバリューに立ち寄ってみる

いよいよ、市街地に入りました。

 

さて、ちょっとレンタカーを返す17時半までまだ少し時間があるので、地元のスーパーマーケットに寄ってみることにしました。

イオンのマックスバリューがありました。

駐車場も無料で大きいので、車を停める心配は無用です。

 

店内に入ってみると、内地のスーパーと全く同じですね。違和感がありません。

ただ、いきなり、入り口近くには石垣島のお土産コーナーがありました。

ここで、おみやげをごっそりと買っている人がいます。

やっぱり、観光地で買うよりは安いようですね。

 

ここで、留守番している子どもたちのお土産として、「ミミンガージャーキー」2袋と「ジーマーミトウフ」の3個入りを2袋買いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オキハム ミミガージャーキー28g(大)
価格:324円(税別、送料別)(2019/5/27時点)

 

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【沖縄デイリー ジーマーミ豆腐(3個)】
価格:343円(税別、送料別)(2019/5/27時点)

 

楽天で購入

 

 

 

さて、ちょっと気になる海産物の売り場に行ってみます。

「おっ、タコ!」と思ったら、産地は北海道になっていました。

その他も、石垣産というのはマグロぐらいで、あとは他の地方から食材を調達しているのには、驚きました。

全部、石垣の地元産だと思っていましたが、実は、そうでもないんですね。

 

ぶらぶら売り場を見ていると、「八重山そば」を発見。

大きなビニール袋にドサッと入って打っています。300円くらいで安いです。

そして、その横にはビニールに2Lぐらいは入っているスープが100円ぐらいで売っています。

この2つを買えば、自宅で八重山そばを作れるんだ~。

安いな~。食べたいな~。

 

さらにぶらついていると、惣菜売り場に「サーターアンダギー」を発見です。

大きなものが1個で70円です。おやつに買ってみます。

 

 

石垣空港での最後の夕食は何にする?

もう、時間なので、いよいよレンタカー屋さんに戻って、車を返却します。

そのまま、お店の人に空港まで送ってもらいます。

 

いよいよ、石垣島ともお別れの時間が迫っています。

飛行機は19時半なので、夕食は石垣空港で食べることにします。

 

「さて、何を食べようか」と考えながら、ちょっと小腹が空いたので、さっき買ったサーターアンダギーを頬張ります。

これは旨い。

ずいぶん大きかったので、二人で1個でちょうどよかったです。

 

さて、妻がお土産屋さんを見たいというので、しばらく付き合います。

とにかく、友達や知り合いにたくさんのおみやげを買います。

私はといえば、自分用のおみやげ以外はなにも買っていません。

まあ、そんなもんでしょうか。

 

さて、それでは夕食にしようかと思い、周りを見渡すと、ここにはレストランというよりもフードコートになっていて、セルフで持ってくるシステムのようです。

少し混雑してきたので、席をとりあえず確保した上で、順番に好きなものを買いに行くことにしました。

 

まず、私から。

すぐ目の前には、石垣牛のステーキや牛丼屋さんがあります。

一番高いのは6千円ぐらいの値段です。フードコートで6千円はないでしょう・・と思いつつ、隣を見ると、八重山そばで700円ぐらいです。

「大盛りのソーキそば」でも790円。結局、こちらにしました。

 

2度目のソーキそばですが、初日の美味しさを忘れられなかったんですね。

注文すると、1分くらいで完成です。「早っ!」

 

調味料は、よくわからないので、眼の前にあった「紅生姜」と、石垣の胡椒の「フーチバー」をたんまり振りかけます。

やっぱり「オリオンの樽生」を最後に飲みたいな~ってことで、ビールも買っちゃいます。500円。

 

う~ん、幸せな組み合わせです。

 

さて、妻はといえば、やっぱり同じく八重山そばにしたようでした。

こちらは、ソーキではなくて、「あーさと海ぶどうそば」でした。

こちらも美味しそうです。

ということで、二人でいただきま~す。

 

初日のソーキって、骨を残したんですが、ここのは軟骨なのか全部食べれちゃいます。

これはこれで、美味しい。うまうまです。

 

妻が店から借りてきた、辛い液体の「コーレーグス」もかけてみました。

これは泡盛に唐辛子を付けたもので、とっても辛いのですが、これをちゃちゃっと入れてみると、これがまた旨い。

いや~、美味しい。最高です。癖になる味です。

 

あんなに即席で作ったとは思えないぐらいに美味しい。

なんで、本州にはこれがないのか不思議でたまりません。

本州の駅の立ち食いそばを全部八重山そばに変えたら、売上は倍増すると思うのは私だけでしょうか。

 

最後に、この美味しいソーキそばで〆て、今回の旅は終了となりました。

 

帰りは、那覇で乗り換えて、羽田着23時過ぎというハードスケジュールです。

それでも、是非とも、また来てみたいと思える石垣島の旅でした。

ではでは。

 

まとめ

●石垣島の観光地を巡るならレンタカーは必須です。

●地元の車は妙にゆっくり走っているので、優しく追い抜きましょう。

●意外に良かったのは「エメラルドの海をみる展望台」でした。石垣島や近くの島の全体感を捉えるには最高の場所でした。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - 旅行