生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

函館土産の定番から地元に人気の土産まで!絶対のオススメはこれ!

      2017/09/16

函館に旅行で来たら、親戚や友人に一杯お土産を買って帰りたいですね。

今は宅配便で送ることもできるので便利になりました。

 

ここでは、函館土産の定番から地元に人気の商品まで、一気に紹介します。

実際に買う場所も大切になりますから、買う場所のエリア別に紹介していきますね。

スポンサードリンク

函館の土産の定番は?

函館の土産の定番といえばやっぱりお菓子ですね。

まず、函館に18年間住んでいた私の独断と偏見によるお菓子のベスト5はこちらです。

 

1.スナッフルスの「チーズオムレット」

・チーズ濃厚で今まで経験したことのないようなフワフワのスフレです。

・賞味期間短いので、その場で食べるのがベスト。

・お土産にするには空港で保冷剤付きで買うのがいいです。


2.柳屋の「いかようかん」

・函館といえばやっぱりイカです。

・それをそっくりそのままようかんです。

・お土産としてのインパクトは抜群です。

・ベイエリア等でも売っています。

ikayokan

 

 

3.アンジェリック・ヴォヤージュの「ショコラ・ヴォヤージュ」

・生クリームをガナッシュで包んだ生トリュフです。

・口の中でホロッと溶けて、幸福感に包まれます。

・冷凍した状態で売っています。

・元町公園の近くにお店で売っています。宅配もOKですよ。

anjerik

 

4.ラッキーピエロの「レアチーズ」

・函館では最も有名なバーガーショップのラッキーピエロです。

・なんといってもチャイニーズチキンバーガーが人気No.1ですが、お土産ではレアチーズがいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラッキーピエロ ギフトセットA 【北海道 函館 棒二森屋店】
価格:2200円(税込、送料別) (2017/9/16時点)

 

5.大沼だんご

・函館から車で1~1.5時間ぐらいの大沼公園駅前で売っています。

・日持ちしないので、あまりお土産にはできなかもしれませんが、昔ながらの伝統の味です。

・大沼に行ったら、必ず食べる定番です。 私の大のお気に入り。

oonumadango

 

函館の地元に人気の土産は?

お菓子以外にも函館といえばやっぱり海産物をお土産にしたいと思いますよね。

そこで、地元の人にも人気の土産で、これも私の独断と偏見で選んだ海産物土産ベスト5はこちらです。

 

1.するめ

・函館といえばイカ、それもスルメイカです。それを天日干ししたものです。

・関東で売っている薄っぺらのスルメではなく、本場の肉厚のスルメはやっぱり定番の土産ですね。

・カチカチのスルメを炙って食べるのがうまい。

 

・スルメを加工して徳利とお猪口にした「イカ徳利」も面白いです。

・熱燗を入れるとスルメのダシがでてきておいしくなります。酒好きにはたまりません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【不二屋本店】吊るしいか徳利 盃付
価格:2160円(税込、送料別) (2017/9/16時点)

 

2.鮭トバ

・秋鮭を半身に堕ろして皮付きのまま縦に縦に細く切り、海水で洗って干したものです。

・酒のつまみに最高ですね。ついつい食べちゃう美味しさです。

・いくら食べても飽きませんね。

 

3.ホタテのソフト燻製

・ホタテの燻製は普通固いですね。

・これも味が出てうまいのですが、ソフトな燻製があります。

・1個1個が個装になっています。 私の親戚には大人気でしたね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

帆立ソフト7粒
価格:1080円(税込、送料別) (2017/9/16時点)

 

4.生の海産物

・鮭、いくら、うに、イカ、ミズタコ、ホッケ、毛ガニなど、是非これを!というものがあれば、保冷容器に入れて宅配便も可能です。

・生物ですから、土産というよりは地元の店で、食べてほしいものばかりですね。

・ちなみに、函館は回転寿司もちょっとレベルが高いのでオススメです。これも土産というわけにはいきませんが、試してみる価値ありです。

 

5.カール・レイモンのソーセージ

・最後は、海産物ではありませんが、オススメのソーセージです。

・こちらは本場ドイツの伝統製法で作られた本格派で、とっても有名店です。

・土産にするなら、空港で保冷剤付きで買うのがオススメです。


スポンサードリンク

函館の地元の人のオススメの土産は?

観光客は普通、金森倉庫あたりのベイエリアのお土産屋さんや朝市で買いますが、地元の人はそんなところでは普通買いません。

 

ただ、ベイエリアの「はこだて海鮮市場」は、いいですね。

市内のメジャーなスーパー「スーパー魚長」が経営していて、入り口付近の鮮魚コーナーは、昔ながらの魚屋さんの雰囲気が出ています。

 

地元の人は、海産物などを買うためには、当然ながら、ふつうのスーパーで買い物をします。

そんな中では、「スーパー魚長」はメジャーなスーパーの一つですね。

 

生鮮食品や海産物の土産の価格イメージをスーパー等で把握しておくと、高い安いの判断がつきやすいと思います。

基本、スーパー魚長よりも、おみやげ屋さんは当然高いですけど、包装紙や送る方法などを考えてのこともあるので、コストイメージを持つことは大切だと思います。

 

また、高級品を探すなら、「はこだて自由市場」がオススメです。

新川町の電停からすぐです。コンパクトな場所に店が密集していて、いい物が売っています。

マグロのトロ、生うに、いくらなどの高級食材は、こちらがオススメです。

 

庶民派なら、なんといっても「中島廉売」です。とにかく安いです。

私も小さい頃、おばあちゃんに連れられて、よく行きました。  堀川町の電停からすぐです。

地元の人がどんなものを買っているのかが、よくわかりますよ。

 

イカ、タコ、ホッケ、たらこ等庶民派の食材はこちらがオススメです。

毛ガニも年末等、時期によっては沢山売っています。

店の人に値引きを頼むと応じてくれるかもしれませんよ。

昔ながらの威勢のいいお兄ちゃんたちが、“イガー!イガー!今日はイガが安いよー!”なんて声がいろんなところから聞こえてきます。

店の人と、一言二言言葉を交わすだけで、函館弁を聞くことができるでしょう。

ナマの函館弁を聞いてみてほしいと思います。

 

ホテルのカウンターの方は標準語を使いますが、庶民のことばは、味がありますよ。

ここは、観光客は少ないので、ほとんど地元の人ばかりですので、面白いと思います。

一見の価値ありです。

 

最後のオススメは、ガラッと変わって、「田村煎餅店」です。

これも私が小さい時によくおばあちゃんに連れられていった南部煎餅の店です。

昔ながらの駄菓子屋みたいなのディスプレイが店先に並んでいます。ガラス張りで煎餅1枚の値段が書いています。

1枚20円~30円くらいで、ごま・ピーナッツ・そらまめ等の種類があります。

この素朴で懐かしいな味を是非お土産にどうぞ。

tamurasenbeiten

 

まとめ

●函館の土産の定番お菓子は、スナッフルス、いかようかん、ラッキーピエロの「レアチーズ、大沼だんごがオススメ。

●函館の地元に人気の土産は、スルメ、鮭トバ、ホタテのソフト燻製、生の海産物、カールレイモンのソーセージがオススメ。

●函館の地元のオススメ土産は、ベイエリアの函館海鮮市場、スーパー魚長、自由市場、中島廉売で買う新鮮海産物がオススメ。

●変わったところでは、田村煎餅店の南部煎餅は絶品。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - 旅行 ,