生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

京都ラーメンの人気店!一乗寺・四条・京都駅等の厳選29店

      2018/04/25

京都といえば日本食というイメージが強いですが、実は、京都のラーメンも美味しい店がたくさんあるんですね。

京都ラーメンといっても、札幌ラーメンや博多ラーメンのような強烈なイメージはありませんが、どちらかといえば「こってり系」が多い印象です。

あの全国チェーンの天下一品も京都に総本店がありますしね。

今回は、そんな京都ラーメンの有名店や人気店をエリア別にご紹介します。

観光しながら、ちょっと小腹が空いたときに、軽くラーメンを食べるのも悪くないですね。

 

スポンサードリンク

目次

一乗寺のラーメンの人気店:京都屈指の激戦区の実力とは?

京都のラーメンといえば、まず思い浮かぶのが一乗寺ですね。

ラーメン激戦区としてとっても有名です。

特に、東大路通沿いに集中しています。なんとも、不思議な街ですよね。

 

麺屋 極鶏(ごっけい)

こちらは、いつでも行列のある人気店です。

おすすめは、やっぱり定番の「鶏だく」(750円)ですね。

こってり好きにはたまらない超濃厚鶏ドロドロスープと厚切りメンマが素晴らしい。

濃厚なスープ(というよりカレーのルーのよう)に中太麺がよく絡みます。

スープは飲むのではなく、まさに食べる感じですね。

でも、見た目ほど、濃厚な豚骨のようなくどさをもなく、嫌味のない味です。

並んでも食べる価値のあるラーメンですね。

整理券が配られますのでずっと並んでいる必要もありません。

小さなお店なので、自転車やバイクでの来店禁止ですので要注意。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
電話:075-711-3133
営業時間:11:30~22:00(スープが無くなり次第営業終了)日曜営業
定休日:月曜
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26017870/

 

中華そば 高安

こちらは、白湯スープの豚骨系でマイルドなラーメンです。

外装も内装もカフェのようにオシャレで、女性に受けそうな感じですね。

是非とも、ラーメンと一緒に食べたいのは、人気のカレー味の唐揚げです。

唐揚げは、とっても大きいので1個で十分って感じです。

もし、余っても持ち帰りできるので、とりあえず頼みましょう。

学生さんなどのガッツリ食べたい人には、唐揚げ定食(ラーメン+唐揚げ三個+ご飯食べ放題:950円)がコスパ最高でしょう。

週末なら行列必須ですが、平日なら営業時間も長いので、すんなりと入れるかも。

夜遅くまでやっているのも嬉しい。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺高槻町10
電話:075-721-4878
営業時間:11:30~26:00(翌2:00)、日曜営業
定休日:不定休
お店のURL:http://takayasuramen.com/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26001199/

 

夕日のキラメキ一乗寺

こちらは、濃厚な鶏豚骨系の「鶏白湯ラーメン」と、ここでしか食べれない「台湾混ぜそば」が有名です。

混ぜそばは、ジャンキーな濃いめの味ですが、癖になる味なんですね。

ラーメンは、もともとの麺の量が少な目なので、大盛りが丁度いいぐらいです。

麺の量で値段は変わらないですしね。

テーブルには、ガーリック・レモンペッパー等5種類の調味料が有るので、途中で味を変えてみるもの楽しいですね。

初めて行くと、混ぜそばにするか、ラーメンで行くか迷っちゃうところです。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区高野玉岡町33
電話:075-746-5388
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)/ 18:00~23:00
定休日:不定休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26023288/

 

池田屋 一乗寺店

こちらは、いわゆる二郎系または二郎系インスパイアのお店で、店は綺麗とはいえず、女性客は眼中にないというお店ですね。

店内の通路も狭くて、通るのもやっとな感じで、まるで築地場内の寿司屋のようです。

二郎系ラーメンでも、特にジャンキーな味ですね。相当濃いめのスープで、それでいて十分に美味しい。

初めて行くなら、ラーメンプチ(600円)か、ラーメン小(730円)で始めたほうが良さそうです。

ラーメン小でも麺300gもありますからね。

それに分厚いチャーシューだけでも、もうお腹一杯です。

二郎系特有の仕上げのコールでは、ニンニクを少な目とか、野菜少な目とか注文できます。

まあ、なにかとしきたりのうるさい二郎系の中では、まだ食べやすいほうですね。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区高野玉岡町33-9
電話:非公開
営業時間:11:30~14:00/18:00~24:00、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26017677/

 

らーめんや亜喜英(あきひで)

こちらは、ちょっと変わったお店で、営業するときには、当日にTwitterで告知するというもの。

つまり、通常は営業していないのがデフォルトという店なんですね。

ということで、まず、この店に行きたい場合には、Twitterのフォローが必要です。

なんとも不思議なラーメン店ですが、これでやっていけるのも不思議です。

相当固定客が付いているんでしょうね。

メニューは、「純濃厚ラーメン」のみと考えていいでしょう。

濃厚でドロドロのスープが麺に絡みついて、スープがどんどん減っていきます。

チャーシューは厚さ1.5cmはありそうな分厚くてゴージャスなものです。

こってりだけど胸焼けしない気持ちの良いスープですね。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺北大丸町5-2
電話:非公開
営業時間:営業する日のみ、開店30分前くらいにツイッターに情報がアップされます。
開店時間は18:00~20:00のことが多く、LOは23:00頃、日曜営業
定休日:不定休
お店のURL:http://akihide.nh-m.com/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26002155/
https://twitter.com/eigyoakihide/followers

 

天天有 本店(てんてんゆう)

こちらは、京都の有名店ですね。

鳥白湯の濃いスープは、こってり系ですが、鶏の出汁がよく出ているせいか、不思議と重くない美味しさです。

スープの味付けはちょっと甘めで、麺の量は並でも多目ですね。これで650円はお得感あります。

座敷席もあります。この辺のラーメン店では座敷があるところが少ないので、座敷ならちょっとゆっくりできそうですね。

こちらでは、「麺硬め」や「汁辛め」もオーダーできます。

また、温泉玉子の「卵かけご飯」で〆るのが定番のようです。

あと、日によって若干味が変化するようですので、当たりの日になるといいのですが、ハズレの日は・・・。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町49
電話:075-711-3255
営業時間:[月~金]18:00~翌2:30、[土・日・祝]12:00~22:00、日曜営業
定休日:水曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26000840/

 

ラーメン二郎 京都店

こちらは、一乗寺ラーメン激戦区の東大路通から少し離れたところにありますが、一乗寺駅のすぐ目の前なので、分かりやすいですね。

全国的に有名になった「ラーメン二郎」が、やっと関西に進出してきましたね。

二郎インスパイア系ではなく、本家二郎ですから、ここは試しておきたいお店です。

関西で、ラーメン二郎はここだけということもあり、常に行列は覚悟です。

整理券方式なので、整理券を受け取ったら、並ぶ必要がないのが嬉しいですね。

さて、ラーメンは、やっぱりというべきか、とにかく量が凄いですね。

普通のラーメンで麺が300gありますから、相当の量です。

初めてなら、まずは「控えめ」(680円)で様子見するのがおすすめです。

なにかといろんなしきたりがあって、注文するにも気を使う店ですが、まあ、この量とこの味にこの値段なら仕方ないかなって感じですね。

京都らしく九条ネギのトッピングありますので、是非とも試したいところです。

「にんにく入れますか?」と聞かれたときがコールのタイミングですね。

ここで、ニンニク無しとか、野菜多めとか、アブラとか、お好みで言えば無料でトッピングされます。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町4番
電話:非公開
営業時間:[月~日] 昼11:00~14:00、夜17:00?22:00、日曜・祝日は21:00まで、日曜営業
定休日:水曜日、祝日の翌日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26028749/

スポンサードリンク

天下一品 総本店

こちらは、言わずと知れた全国チェーン店の天下一品の総本店です。

京都ラーメンがこってり系というイメージを植え付けたのも、この天一の影響が大きい気がしますね。

そんなこってり系ラーメンの草分け的存在といえるでしょう。

昔は天一の社長が屋台を引いて、この場所で屋台ラーメンを売っていたらしく、その場所に新しくビルが建つときに1階を店舗にしたようです。

味の方は、天一の総本店だけのことはあり、やっぱりひと味違う美味しさです。

地方の天一とは、スープの味が全然違います。きっと、驚くと思いますよ。

行列していることもありますが、回転が早いでのそんなに待たなくても食べれますね。

こちらには、牛すじがあるので、是非とも牛すじとラーメンのコラボを試したいところです。

やっぱり、天一は旨いですね。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺白川通北大路下ル西側 メゾン白川 1F
電話:075-722-0955
営業時間:11:00~翌3:00、日曜営業
定休日:木曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26000716/

 

ラーメン荘 夢を語れ

こちらは、二郎インスパイア系の人気店ですね。とっても二郎に近い感じの味です。

超極太麺とニンニクとの相性抜群のスープ、そして分厚いチャーシューで、もう決まりです。

量は、流石に二郎系らしく物凄い量ですので、要注意。

ただ、やっぱり二郎系というのはどうもちょっと接客に癖がありますよね。

そんな癖を全部受け止めることができて、そして、すんごくお腹が空いている時にピッタリのお店でしょう。

まあ、学生さんなどの若い人向けってことになりますね。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町48-1
電話:075-724-5995
営業時間:[火曜日?土曜日]11:30~14:30/18:00~23:00
[日・祝]11:30?14:30/18:00~22:00、日曜営業
定休日:月曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26003256/

 

新進亭 一乗寺店

こちらは、京都では珍しい「味噌ラーメン」のお店です。

新進亭とはいえ、もう老舗ですね。

メインストリートの東大路通から少し奥に入ったところにあるので、ちょっと穴場的な感じです。

特に、「白味噌ラーメン」が有名ですが、チャンポンも美味しいですね。

麺は細麺ですが、量は凄いです。一乗寺ではなんでも大盛りになるようです。

白味噌の上品なラーメンは、和を感じさせるラーメンですね。

とっても丁寧に作っている感じが好感をもてます。

同じ味噌ラーメンでも、札幌ラーメンとは一味違いますね。

これが、京都の白味噌ラーメンですね。

味噌ラーメンが好きな方なら、食べてみる価値ありです。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区高野泉町6-73
電話:075-781-3595
営業時間:11:00~16:00
定休日:月曜日、第3日曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26004754/

 

珍遊 一乗寺店

こちらは、出汁が美味しいスープに、背脂たっぷり、ネギもたっぷりの細麺のラーメンです。

現在では、周りがパンチ強い店が多いので、ちょっとパンチがないように感じるかもしれませんね。

分類としては、あっさり系になるんでしょうね。

でも、京都の定番ラーメンの一つとして、間違いのない美味しいラーメンです。

生にんにくのすりつぶしがあって、ニンニク好きにはたまりません。

ただ、昼からニンニク全開で食べれるかといえば微妙なところではありますけどね。

特に、ここには無料提携駐車場があるので、気軽に車で行けるのが嬉しい。

それに、ラーメンの値段もこの界隈では安い方ですね。

また、チャーハンも美味しいので、是非とも一緒にどうぞ。

■基本情報
住所:京都府京都市左京区一乗寺払殿町24
電話:075-702-2944
営業時間:11:00~24:00、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260303/26000717/

 

京都駅近くのラーメン人気店:出張の時でもとっても便利!

出張などで京都に行った時などは、京都駅周辺で京都ラーメンを食べたいものですよね。

そんな方のために、京都駅近くのラーメンの人気店をご紹介します。

とにかく駅近ということなら、駅ビル10階の「京都拉麺小路」がおすすめです。

北は札幌ラーメンから、南は博多ラーメンまで全国の味を楽しめます。

 

ますたに 京都駅ビル拉麺小路店

こちらは、駅ビル10階の拉麺小路の中にある京都ラーメンの老舗の有名店です。

この拉麺小路ではもっとも行列が多いお店ですね。

細麺に、背脂たっぷりの醤油スープが特徴です。

スープは、背脂と獣系の臭いが香る白濁した尖った味ですね。

これに、京都の九条ねぎがとってもよくマッチします。

ドロドロのこってり系が苦手な方には安心して食べることのできる京都ラーメンですね。

カウンターに置いてある酢を少し加えると、ぐっと味が引き締まります。

■基本情報
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901番地
京都駅ビル10F 京都拉麺小路店 内
電話:075-365-2077
営業時間:11:00~22:00(オーダーストップ 21:30)、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26019093/

 

本家 第一旭 本店(だいいちあさひ)

こちらは、創業50年の老舗ラーメン店ですが、いまでも超人気店です。

まず驚くのは営業時間です。朝5時~朝2時まで、つまり21時間営業なんですね、凄い。

それでも、行列できることが多いですね。特に、外人さんがたくさんいる印象です。

スープは、背脂が浮いた醤油ベースですが、こってり感はあまりなくて、まろやかな感じです。

麺は、中太のもっちりとしたストレート麺で食べ応え十分で、スープとの絡みもよく、九条ネギもバッチリ。

ただ、とにかく結構な時間並ぶ必要があるので、そこまで並ぶ必要があるのかどうかは、意見が分かれるところです。

ただ、一度は食べておきたいお店ですね。

■基本情報
住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
電話:050-5570-0973
営業時間:5:00~翌2:00、日曜営業
定休日:木曜日
お店のURL:http://www.honke-daiichiasahi.com/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26000873/

 

新福菜館 本店(しんぷくさいかん)

こちらは、第一旭の隣のラーメン店ですが、こちらもとっても有名店です。

創業80年といいますから、戦前からある京都ラーメンの老舗ですね。

こんなに人気店が2軒並んでいるっていうのも、そうは見れない光景ですよね。

第一旭が派手な大きなストライプの看板なのに対して、こちらは真逆にシンプルそのものな外観です。

いつも大行列の第一旭にくらべると、行列の少ない新福菜館ですので、入りやすいですね。

とは言っても昼時にはやっぱり並びますけどね。

スープは、真っ黒ブラックの醤油味。

でも、見た目よりも優しい味で、そんなにしょっぱくないですね。

ネギとチャーシューが入っていて、バランスが良いです。

麺は、柔らか目で少し太めって感じです。

また、このラーメンスープを使っていると思われるチャーハンが美味しいんですよね。

チャーハンも黒いんですが、これがまた旨い。

第一旭と新福菜館は、是非とも食べ比べしたい2店ですね。

■基本情報
住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町569
電話:075-371-7648
営業時間:【月・火・木~日】9:00~22:00、日曜営業
定休日:水曜日
お店のURL:http://www.shinpuku.net/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26000791/

 

スポンサードリンク


京都駅から一駅のラーメン人気店:ちょっとだけ足を伸ばせば!

京都駅から歩いては行けないけれど、一駅電車に乗ればラーメン店の選択肢はグッと広がります。

ここでは、京都駅からちょっとだけ足を伸ばした近くの名店の紹介です。

 

あいつのラーメン かたぐるま

こちらは、味で勝負の人気店です。

俺のあっぱれ屋から暖簾分けされただけのことはある流石の旨さですね。

お店の名前も独特で、面白いですね。

ここのお薦めは、「こくとん塩ラーメン」か、「濁トン塩ラーメン」ですね。

スープはこってり濃厚クリーミーで、麺は太目でコシがあります。

チャーシューは、レアでこれはもう絶品。

よく話題になるのが接客ですが、基本は周りのお客に迷惑にならないように、「電話は外で、おしゃべりは小さな声で」というのがルールのようですね。

お店の入口にでも、ちょっとこのルールを書いておくほうが、お客さんに違和感を持たれないかもしれませんね。

ただ、中国人のように大声で電車の中でも電話している人を見るにつけ、こうゆうルールのある店もいいかも、と思うこの頃です。

■基本情報
住所:京都府京都市下京区西七条西八反田町77 ガーディアン青山 1F
電話:非公開
営業時間:10:30~14:00、18:00~23:00(ラストオーダー22:30)、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://ameblo.jp/kataguruma0615/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26023737/

 

藤 本店(ふじ)

こちらは、京都ラーメンの基本とも言えるような老舗ですね。

昔懐かしい「正統派の醤油ラーメン」を食べたいときはここがおすすめです。

第一旭や新福菜館にも麺を卸している近藤製麺直営なので、第一旭とは、味が少し似ています。

京都ラーメンの老舗という意味では、第一旭・新福菜館・藤がビッグスリーと言われます。

味わい深い豚骨醤油スープに、山盛りのネギやもやしが山盛りなのが嬉しい。

店内もよくありがちな油ギトギト系ではないので、女性にも抵抗無く入れますね。

行列のひどい第一旭にはとても並べないので、こちらに行くって人が多いみたいですね。

ここは回転も早いので、そこまで待つことはないですからね。

■基本情報
住所:京都府京都市南区久世橋通烏丸東入ル東九条南石田町111-1
電話:075-661-3839
営業時間:11:00~22:00、日曜営業
定休日:木曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260604/26002300/

京都の四条・河原町周辺のラーメンの人気店:飲み会の〆ならここ!

京都の繁華街、四条・三条・河原町・木屋町界隈でお酒を飲んだ時に、ラーメンを〆に食べたくなった時には、やっぱり美味しい店に行きたいですよね。

ここでは、四条や河原町周辺の人気店を紹介します。

 

博多長浜らーめんみよし

こちらは、博多の豚骨ラーメンですが、いわゆる豚骨ラーメンというよりは、天一のようなこってりのドロドロスープですが、味のほうは、ちょっと甘味のあっさり京都ラーメンです。

豚骨スープに細麺は、飲みの〆にはピッタリのような気がしますね。

屋台のような暖簾の店先もなにか入りたくなる気分にさせるんでしょうね。

綺麗な店ではないので、夜のほうがいいかもしれませんが、味のほうはバッチリです。

豚骨スープには、定番の紅生姜をたっぷり入れて食べたいところ。

その他にもテーブルにはいろんなトッピングがあるので、いろいろと味を楽しめるのも楽しいですね。

■基本情報
住所:京都府京都市中京区石屋町115 辻田ビル 1F
電話:075-211-8814
営業時間:11:00~翌6:00、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26000628/

 

麺屋 猪一(いのいち)

こちらは、京都らしいとっても優しい味のラーメンです。

人気店猪一本店の2号店ですね。こちらは、鰹節と鯖節の出汁がポイントです。

鰹節が塩ラーメン、鯖節が醤油ラーメンです。

どちらも、スープが、澄んでいてビジュアルもとっても綺麗なラーメンという印象です。

これだけ、こってり系が多い中で、こんなに綺麗に澄んだスープに出会うと、とても新鮮な感じがします。

出汁のラーメンという感じがする味で、煮玉子もチャーシューも確実に美味しい。

店内も綺麗で、接客も良いとなれば、人気が出ないわけもないですね。

酔っ払ってから、〆で頂くのは、ちょっともったいないですね。

■基本情報
住所:京都府京都市下京区恵比須之町528 エビステラス 1F
電話:非公開
営業時間:[火?土]11:30~14:00/17:30~21:00、(スープが無くなり次第終了)、日曜営業
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休み)
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26022436/

 

新宿めんや 風花(ふうか)

こちらは、塩ラーメンが人気のラーメン店です。

というよりも、塩ラーメンしかないんですね。「天然塩ラーメン」が定番です。

ここまで透明なスープは珍しく、あっさりすっきり感が半端ないです。

スープは魚介系の塩味で、麺は中太の縮れ麺で、スープとよく絡みますね。

こってり系のような食べた満足感はないものの、飽きのこないあっさり味が素晴らしい。

塩ラーメンといえば、函館塩ラーメンを思い出しますが、あの函館の青龍軒を彷彿とさせるような美しいスープですね。

こうゆう味、好きです。

■基本情報
住所:京都府京都市下京区三軒町551
電話:075-344-6623
営業時間:11:30~13:50/18:00~22:00
定休日:不定休
お店のURL:http://www.fuh-ka.jp/
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000827/

 

キラメキノトリ

こちらは、濃厚な「鶏白湯ラーメン」「まぜそば直太朗」の2枚看板のお店です。

鶏白湯スープは、ちょっと天一に似ている感じがしますね。ちょっとあっさりかな。

まぜそばは、麺の量を5種類から選べるので、一番多いギガ盛りだと本当にボリュミーです。

さらに、最後に無料のご飯をブチ込んで食べるのが通だとか、まさに若者向けですね。

途中で、調味料を加えて味変もありで、飽きずに最後まで食べられます。

一度は訪れる価値のある店です。

■基本情報
住所:京都府京都市上京区出水町281 永田ビル 1F
電話:075-231-2505
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)、18:00~23:00(L.O.22:30)、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26022049/

 

セアブラノ神 壬生本店(みぶ)

こちらの定番は、「背脂煮干そば」ですね。

店名から想像されるのとはちょっと違って、背脂たっぷりのスープは、煮干し系の結構あっさり味です。

麺は太麺と中麺を選べますので、太麺が苦手な人も大丈夫ですね。

背脂がスープの表面を覆うおかげで、スープの熱さが長持ちするのがいいですね。

まあ、猫舌の方にはちょっとマイナスになるかも。

カフェのような店内は曲線のカウンターでオシャレ感満載ですね。

女性1人でも、抵抗なく入れそうなお店です。

また、チャーシューが抜群に美味しいですね。

いろんなメニューを試したくなるお店です。

■基本情報
住所:京都府京都市中京区壬生相合町25-4 デイスターアベニュー 1F
電話:075-821-0729
営業時間:11:00~15:00、18:00~23:00、日曜営業
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は火曜日定休)
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26022456/

 

北区・中京区のラーメン人気店:中心部からちょっと離れた名店!

らぁ麺 とうひち

こちらは、鶏醤油ラーメンで有名なお店です。

スープは、綺麗に澄んでいて、鶏の風味が結構強くガツンときます。

醤油の鮮やかな香りが際立っていて、あっさりでありながらも味わい深く、とっても美味しい。

豚チャーシューと鶏のムネ肉、太いメンマ、ネギ、ミツバが入っています。

特に、鶏のムネ肉はちょっとレアっぽくて、肉も柔らかくてとっても美味。

豚チャーシューも薄いけど味は悪くないですね。

麺は、こだわりの自家製麺の平打ちで、スープとの絡みも完璧。

ツルツルで歯ごたえもあって、バッチリです。

場所がちょっと不便な場所ですが、駐車場が7台分あり、店内も清潔感のあるお店です。

行ってみる価値のあるお店ですね。

なお、2回目は、鶏白湯ラーメンを試してみるのがおすすです。

■基本情報
住所:京都府京都市北区大宮北箱ノ井町33-6 セルリアンハイツ 1F
電話:075-432-8818
営業時間:11:00~14:30(LO)/18:00~21:30(LO)、日曜営業
定休日:火曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26025306/

 

山崎麺二郎

こちらは、あっさり醤油ラーメンで有名なお店です。

メニューは、ラーメン・塩ラーメン・つけめんの3種類ですが、初めて行くならやっぱりラーメン(醤油)でしょう。

スープは琥珀色に澄んでいて、鶏と和風出汁を合わせたあっさり系で、なんともコクのある深みのある味です。

このスープは、あっさり系では、ちょっとラーメンという枠を飛び越えている感もありますね。

チャーシューは厚切りで2枚、メンマも太いゴロゴロしたもの、そこに白髭ネギが綺麗に飾られて、とっても綺麗なラーメンです。

麺は、コシのある細麺でスルスルと気持ちよく食べれます。

チャーシューも絶品ですが、特に、メンマが凄いですね。

メンマの旨味、食感、香りが上手くバランスしています。

とってもあっさりしているので、食後の後味も好感が持てます。

このラーメンで、650円はお値打ちですね。

なお、塩ラーメンも人気がありますので、どちらにするか迷いっちゃいますが、是非ともどちらとも食べてみたいですね。

ラーメンをとっても丁寧に作っているお店の姿勢もとっても好印象。

是非とも立ち寄りたい名店です。

■基本情報
住所:京都府京都市中京区西ノ京北円町1-8
電話:075-463-1662
営業時間:11:30~14:00/18:00~22:00、日曜営業
定休日:月曜日、火曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260501/26008681/

 

京都の伏見区より南側にあるラーメン人気店:郊外の素敵な名店!

特製ラーメン 大中 本店

こちらは、安くて美味しいラーメンとして地元で愛されているラーメン店ですね。

定番は、「バラ肉大中ラーメン」(630円)です。

ここが凄いのは、無料でいろいろと自分好みにカスタマイズ出来ちゃうことです。

スープも豚骨醤油か魚介豚骨醤油のいずれかを選べますし、もやし・ネギ・チャーシューの脂身の量・温泉卵・キムチをトッピングで選べるんです。

これら全部無料です。普通、温泉卵は100円ぐらいしますから、それだけでも、とってもお得ですよね。

さらにニンニクチップをいれて食べるのがおすすめです。

スープはこってり系ではなく、どちらかというと、あっさりとした食べやすい味です。

店内は乱雑な感じは拭えず、お洒落なお店とは言えないところですが、ガード下のラーメン店としていい味出していますね。

チャーハンも美味しいですね。

夜中2時まで営業しているのもとっても便利。

いつ行っても混んでいるお店です。

■基本情報
住所:京都府京都市伏見区観音寺町高架下217
電話:075-603-2712
営業時間:11:00~翌2:00、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260601/26000035/

スポンサードリンク


つけ麺 きらり

こちらは、つけ麺の有名店で、京都のつけ麺では1位2位を争う人気店

「魚介豚骨つけ麺」(820円)が定番です。

いつも店の前には行列があり、並ばないと食べれないお店としても有名ですね。

つけ汁には、ネギ、刻み玉ねぎ、角切りのチャーシューが入っています。

麺は、煮玉子、メンマ、海苔が載せられていて、とってもシンプルなビジュアルですね。

実際に食べてみると、特に、この麺が極太ストレートでモッチモチでツルツル。

この食感がすばらしい。

豚骨と魚介の旨味のつけ汁と、この麺が最高にバランスがいいです。

営業時間が短いので、空いている時間帯とかそうゆう問題ではないんですね。

とにかく並ばなくては食べられないんです。

1日にたった3時間半しか営業せず、水曜と木曜は休みという営業形態でやっているという、マイペースぶりが、行列の激しくなる原因でもありそうです。

ただ、それだけ丁寧に作っているという証でもあるんですね。

とにかく、ここだけは並んでも食べる価値のあるつけ麺ですよ~。

■基本情報
住所:京都府京都市伏見区東浜南町660-3
電話:075-611-0565
営業時間:[月・火・金・土・日] 11:00~14:30(スープ売り切れしだい終了)、日曜営業
定休日:水曜日・木曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260601/26015996/

 

麺屋 たけ井 本店

こちらは、千葉・松戸にある超人気店の「とみ田」の流れをくむつけ麺の有名店です。

こちらも行列覚悟で行くお店です。

つけ汁は、魚介の風味豊かでとにかく濃厚です。人によっては濃厚過ぎるかも。

もし、濃すぎと感じた方は、2号店のほうがおすすめです。

麺は、極太麺で小麦の風味いっぱいでコシがありますね。コシのあるうどんみたいです。

これは、とみ田と同じ麺を使っているとのこと。確かにこの麺は素晴らしい。

この麺なら、麺だけ食べても美味しい。

並でも280gというボリュームもまたいいですね。

駐車場も店の隣と、ちょっと離れた場所にもあるのが助かります。

並んでも食べたい濃厚なつけ麺ですね。

営業時間が短いので要注意です。

■基本情報
住所:京都府城陽市観音堂甲田48-2
電話:0774-55-0900
営業時間:11:00~15:00、日曜営業
定休日:火曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2607/A260704/26017227/

 

麺屋 たけ井 R1号店

こちらは、たけ井の2号店です。

やっぱり、こちらもつけ麺で有名ですね。

濃厚なつけ汁は、本店よりも少し薄味との評判です。

それでも濃いと感じる場合には、麺の1/3ぐらいにつけ汁をつけて食べるのがおすすめです。

濃厚な中にも魚介スープの美味しさが光ります。

スープが冷えてきたら、温め直しまでしてくれるのが嬉しいですね。

最後は、スープに出汁割りを足して飲みたいところです。

また、こちらではつけ麺以外にもラーメンがあり、こいくちとうすくちを選べます。

こちらもあっさりしていながらも醤油の旨さが際立つ美味しさです。

2回目の訪問には、ラーメンもいいですよ。

■基本情報
住所:京都府八幡市八幡南山57-2
電話:075-982-2288
営業時間:11:00~16:00、18:00~23:00、日曜営業
定休日:無休
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2607/A260702/26023971/

 

俺のラーメン あっぱれ屋

こちらは、塩豚骨魚介ラーメンの店ですが、とっても不便な場所にあるにもかかわらず、車やバイクで駆けつける人が絶えない超人気店です。

これだけ不便な場所でも、いつも行列ができるというこのラーメン店の実力は恐るべし。

定番は、こくまろ塩ラーメンか、濁とろ塩ラーメンですね。

スープは、魚介類からとった濃厚で旨味たっぷりですが、こってりが苦手な人でも大丈夫です。

麺や具材の味玉・メンマもどれも丁寧に作られている感じがいいですね。

特に、チャーシューは絶品もので、長く並んだ後では、せっかくだからということで、チャーシュー麺にする人が多いって感じがします。

チャーシューの外側のブラックペッパーがピリッときますが、そのまま食べるもよし、スープで少しマイルドにして頂くのも良しです。

このラーメンを食べるためなら、並ぶのも仕方ないかなと納得できる味です。

流石に、京都で1・2位を争うラーメン店という感じです。

是非とも一度は食べたいお店です。

営業時間が短いので要注意です。

■基本情報
住所:京都府城陽市奈島下小路11
電話:非公開
営業時間:11:30?14:00
定休日:日曜・祝日・第4土曜日
お店のURL:https://tabelog.com/kyoto/A2607/A260704/26011617/

 

無鉄砲 本店

こちらは、京都というよりは奈良に近い場所にあるこってりドロドロ系豚骨ラーメンの店です。

どちらかといえば、若者向きと言える感じのこってり感ですね。

麺の固さ、スープの濃さ、ネギの多さは自由に選べます。

初めは普通からスタートがいいでしょう。

スープは、茶褐色で脂が浮いていていかにもコッテリって感じですが、実際にはそこまでではなく旨味たっぷりの濃厚スープです。

麺は、中太の縮れ麺で、スープとの絡みも最高。

コッテリスープをぐいっと持ち上げてくる感じで、スープがどんどん減っていきます。

テーブルに置いてある高菜漬けが絶品ですので、是非とも忘れずに食べましょう。

こんな場所でも、いつも行列の人気店です。

コッテリ好きなら一度は行きたいお店です。

■基本情報
住所:京都府木津川市梅谷髯谷15-3
電話:0774-73-9060
営業時間:11:00~15:00、18:00~23:00(売り切れ次第終了)、日曜営業
定休日:月曜日
お店のURL:http://www.muteppou.com/
https://tabelog.com/kyoto/A2607/A260705/26002160/

 

まとめ

●京都のラーメンはいろんな種類があって、美味しい名店が勢揃いです。

●一箇所で美味しいラーメンのはしごをするなら、一乗寺がやっぱり定番。

●京都市内もいいけれど、ちょっと足を伸ばして郊外の店も素晴らしい店がたくさんありますよ~。

●今回ご紹介したラーメン店の場所はこちらを参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ