生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

「クッチーナもりなが」って本当に美味しい?実際に行ってみた!

      2021/11/07

市川駅から歩いて5分ほどのところにあるCUCINA(くっちーな)もりなが。

道路からは全く見えない完全な隠れ家のイタリアンと和風のレストランです。

以前から気になっていたお店ですが、今回は妻の誕生日をここでお祝いすることにしました。

さて、どんなお店でどんな料理が出てきたのでしょうか。

乞うご期待!!

スポンサードリンク

ザ・隠れ家といった風情がいい!

今回は家族4人の集合場所をお店にしました。

ここはまったくの隠れ家なので、ちゃんと集合できるのか心配でしたが、なんとか全員集まることができました。

入り口はこんな感じです。

大きな看板は全くなく、小さな門灯のような明かりに「もりなが」と書いてあるだけです。

玄関のドアは更に奥まったところにあるため、どこが入り口なのかちょっとわかりにくいですね。

玄関のドアは小さめです。

 

さて、店内に入るとまずは小さめのカウンターが見えます。

3人~4人ぐらいは座れそうです。

 

そのカウンターの向かい側に私達のテーブルがありました。

シンプルなスペースながら清潔感とオシャレな感じがいいですね。

 

このお店はカウンターとテーブルだけのこじんまりしたスペースなんですね。

それがまた隠れ家的でいい感じです。

それでも、多分、最大10人ぐらいまでは収容できそうなスペースです。

 

さて、テーブルには、ちゃんと本日のメニューも置かれていました。

 

本日はシェフのおまかせコースとしましたが、フルコースで8種類のお料理とデザートのようです。

そして、食器がきれいに置き台の上に並べてあります。

写真では見にくいかもしれませんが、フォークの4つの爪の穴があってそこにフォークがピッタリと収まっています。

面白い。

 

とりあえずビールで!ってこれが凄かった!

「飲み物は何にしますか?」と聞かれて、みんなでドリンクメニューを覗き込みます。

その中でちょっと気になったのが、このビールです。

 

ROCOCOというビールのようですが、全く聞いたこともありません。

しかし、特別感がとってもあったので、私はこれをオーダーしてみました。

すぐに、謎のビールの到着です。

 

そして、お決まりの「お誕生日おめでとう!」って乾杯です。

ぐいっと飲んでみます。

おっと、一口目の印象はビールというよりもシャンパンという感じです。

これは凄い。今まで飲んだことのないビールです。

プレモルも恵比寿とも全く違う別世界のビールです。

うむ~、これはなんとも美味しい。

 

ボトルのラベルを見てみます。

日本初のラグジュアリービールのようです。


スポンサードリンク

お料理はどうだったのか?

さて、いよいよコースの始まりです。

まずは、「長崎県産 ビーツのすり流し」

真っ赤なお椀に、真っ赤なビーツが美しい。

ビーツって初めて食べましたが、これがすっきりとしたスープのようで、優しい味で美味しい。

 

次は、「前菜6種盛り合わせ」

見るからに美味しいそうな前菜です。

ちょっとずつ食感も味も異なるので食べていて楽しいし、たしかに美味しい。

これをあの特別なビールを飲みながら食べるのは至福のときです。

こんな前菜、絶対にアルコールが必須です。最後まで美味しい。

この前菜で、もうこの店が美味しいことは十分にわかった気がしました。

 

次は、「北海道産 イクラ茶碗蒸し」

これはもうビジュアルが最高です。

このイクラは生筋子からここで作ったものということです。

優しい味でこれも美味しい。

 

次は、「三陸産 牡蠣とゴルゴンゾーラのスパゲッティ」

黒の器にクリーム色のスパゲッティーが美しい。

大きな牡蠣を一口で口の中に入れてみると、これが素晴らしい。

牡蠣特有の臭さのようなものは全く感じることなく、旨味だけが感じられます。

ゴルゴンゾーラのスパゲッティーも香り高くて言うことなしです。

 

ここで、ちょうどビールもなくなったので、日本酒にしました。

日本酒をオーダーすると、4本のボトルを見せてくれてどれにしますか?とのこと。

思いもかけずに田酒があったので、嬉しくなってしまいました。

そして、当然田酒をオーダー。青森の名酒ですよね。

 

さて、まだまだ料理は続きます。

次は、「宮城県産 天然本マグロのうなじ」

うなじとはなにかと聞くと、マグロの脳天とも言う場所で珍しい部位とのこと。

見た目はステーキのようですが、柔らかくて牛肉のようにも感じる不思議な味です。

美味しい。

 

次は、「千葉県産 ジャンボマッシュルーム椀」

見た目はどこがジャンボマッシュルームなのかわかりませんでしたが、食べてみるとわかりました。

この丸い形状が全部きのこの傘の部分なんです。

大きな椎茸って感じなんですね。だから、裏返すと真っ黒になっています。

椎茸の肉詰めって感じで、風味豊かで美味しい。

もう、まずいものなんて絶対に出てこないと信じ切っています。

 

次は、「福岡県産 赤崎牛のグリル」

赤みのキレイな牛肉が白いお皿に映えます。

薬味となっているわさび・粒胡椒・岩塩がまたいいんです。

わさびをつけても旨し、粒胡椒もいい、岩塩もまた美味しい。

脂身のない赤身の牛肉はしつこくなくてあっさりとしていて美味しい。

 

最後は、「メヒカリと三つ葉のSTAUBご飯」

STAUBというダッチオーブンのような鋳鉄製の鍋で炊いたご飯は鍋のまま持ってきてくれて、見せてくれました。

 

一旦、鍋のまま見せてくれてから、お茶碗に取り分けてくれました。

鍋のままテーブルにおいてくれたので、おかわりもできて大満足。

ご飯が美味しい。

香の物もちょっとしたものでも手が込んでいる感じで美味しい。

 

そして、デザートは「ジェラートチャンピオン柴野さんのマルガージェラート」

 

有名店のジェラートらしくてこちらも美味しい。

ここで妻には特別なプレートが登場です。

誕生日らしいプレートでとっても素敵です。

 

最後は、「コーヒー/紅茶/エスプレッソ/カフェオレ/抹茶/ノンカフェインコーヒー」から選びます。

抹茶を選ぶと、器はこちらから選ぶことができるんです。

こんなところもいいですよね。

 

以上でコースは終了です。

とっても満足度の高いディナーでした。

雰囲気、飲み物、料理、全てにおいて大満足です。

お店には我々4人の他に、老夫婦らしきお二人がカンターにいるだけでしたが、それでもシェフが料理から配膳まですべて一人でやっているので、大変そうでしたね。

だからといってサービスのレベルが低下しているわけではないので、好感が持てました。

応援したくなるお店です。

なにかお祝には絶対におすすめできるレストランです。

ちなみにシェフおまかせコースの料金は7,700円ですが、その価値は十分にあると思いました。

★お店情報★
住所:千葉県市川市市川1-15-2 プロトンV1F
電話:047-704-8767 完全予約制
営業時間:Lunch 11:30~14:30(平日)
Dinner 18:00~22:00
定休日:日曜
URL:https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12048593/

まとめ

●クッチーナもりながは隠れ家レストラン

●料理はイタリアンと和風のアレンジが美味しい

●記念日には絶対おすすめ

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ