生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

関東のキャンプ場!温泉付きで高規格!絶対オススメの8選!

   

kantouonsenkoukikaku

キャンプの初心者やファミリーには、何と言っても「高規格キャンプ場」がおすすめですね。

トイレや炊事場が綺麗で、設備が整っているので、快適なアウトドアを過ごすことができますからね。

キレイな設備の他にさらに、もう一つ加えるとすれば、それは、やっぱり「温泉」でしょう。

アウトドアって、汗かいたりして、どうしても汚れちゃいますから、1日の終わりに、温泉で心身共にリフレッシュするのって気持ちいいですよね。

それが露天風呂なら、まさに極楽ですね。 温泉の後のビールが、また、たまりませんね^^

 

ここでは、そんな関東のキャンプ場で、温泉付きの高規格なキャンプ場をご紹介しましょう。

特に、温泉を中心に紹介していきますね。

スポンサードリンク

茨城県・栃木県の温泉付き高規格キャンプ場!3選!

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県)

こちらは、奥久慈の山々を眺めることのできる広大な公園の一角にあるオートキャンプ場です。

施設の清潔度、売店の充実度も高いレベルで、スタッフのサービスの良さや、芝の水はけの良さなどもあって、「超」高規格なキャンプ場ですね。

シーズン中は予約が取リにくいことでも有名ですので、トップシーズンをちょっとずらした春や秋がオススメですね。

 

場内のセンターハウスには、「ふれあいの湯」があります。

ここは、庭園を備えた露天風呂で、「美人を創る滑らかな湯」として知られる大子温泉です。

庭園を眺めながら入る露天風呂は格別ですね。

昼間の疲れを優しく癒やしてくれます。

 

また、隣接している町営の大子温泉保養センター「森林の温泉」もあります。

こちらは周囲を木々に囲まれた開放的な天然石を配した岩風呂の露天風呂です。

こんな2つの温泉を楽しめるのは、嬉しいですね。

 

泉質は、ナトリウム硫酸塩・塩化物泉で、動脈硬化症・きりきず・慢性皮膚病・神経痛・筋肉痛・冷え症などに効能があると言われています。

是非とも連泊したキャンプ場ですね。

◆基本情報
住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
電話:0295-79-0031
料金:(冬季以外)
テントサイト:3,600円~6,900円/サイト
キャビン:18,700円(4人)~37,800円(12人)
温泉:「ふれあいの湯」(大人500円、小人300円)16時~21時
URL:http://www.greenvila.jp/

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

 

鬼怒川温泉オートキャンプ場(栃木県)

こちらは、鬼怒川と日光の山々に囲まれた山間の静かなオートキャンプ場です。

川のすぐ近くなので、水遊びや渓流釣りも楽しめて、大自然にどっぷりと浸れる素敵なところですね。

釣り堀もあるので、釣った魚をその場で焼いて食べることもできます。

これがまた格別なんですよね。

 

このキャンプ場の最大の特徴となっているのが、場内の温泉ですね。

源泉からお湯を引いた「上滝乃湯」には、内湯と露天風呂があります。

特に、露天風呂から見る鬼怒川の渓流の眺めは抜群ですね。

泉質は、アルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・健康増進・疲労回復などに効果があると言われています。

ゆったりと温泉に浸かりながら、心身の疲れをじっくりと癒せそうですね。

◆基本情報
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝1053
電話:0288-77-2334
料金:(冬季以外)
テントサイト:4,000円/区画+(AC電源1,000円/区画)+ 管理費500円/人
バンガロー:10,000円~12,000円/棟 + 管理費500円/人
レンタルハウス:25,000円/棟(5名)
温泉:「上滝乃湯」(大人500円、小人300円)10時~20時30分
URL:http://www.kinugawa-camp.jp/

鬼怒川温泉オートキャンプ場周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

 

塩原グリーンビレッジ(栃木県)

こちらは、那須塩原温泉郷・福渡温泉に位置する25,000坪の広大な敷地のオートキャンプ場です。

ダッチオーブン料理が人気のレストランやプールもあり、キャンプサイトのほかコテージなども備えるリゾート施設ですね。

 

場内にある露天風呂「野天のゆ」は、周囲の自然を体いっぱいに感じながらお湯に浸かれる宿泊者専用の温泉です。

ゆったりとした解放感のある露天温泉ですね。

料金無料っていうのも嬉しいですね。

朝7時から朝風呂も入れますし、夜は23時45分まで入れますので、一日中温泉三昧もいいですね。

 

隣接する天然温泉「福のゆ」は、塩原温泉郷では最大級の自噴量を誇り、毎時20トンという豊富な湯量が特徴です。

その豊富な湯量のおかげで、自家源泉掛け流し100%の贅沢な温泉になっています。

泉質はナトリウム・炭酸水素塩泉で、美白と潤い成分が含まれる「美人の湯」として評判です。

神経痛・冷え性・切り傷・やけど・慢性婦人病・動脈硬化症に効果があると言われます。

 

また、家族やグループで楽しめる貸切温泉もあります。

6尺の樽のお風呂の「樽のゆ」、眼下に箒川の絶景を見下ろすことのできる「展望のゆ」です。

さらに、ペットの温泉「ペットのゆ」もあるのは凄いですよね。

流石の湯量の賜物ですね。

◆基本情報
住所:栃木県那須塩原市塩原1230
電話:0287-32-2751
料金:(冬季以外)
テントサイト:3,240円~7,560円/サイト + 管理費大人1080円/人・小人540円/人
コテージ:6,300円~9,500円/人(4人の場合)
キャビン:5,900円~7,300円/人(4人の場合)
畳トレーラー・ログハウス:4,700円~6,200円/人(4人の場合)
温泉:「野天のゆ」(無料)7時~10時/16時~23時45分
   「福のゆ」(大人720円)10時~21時(平日)
    貸切温泉「樽のゆ」「展望のゆ」(50分:1,650円)10時~21時(平日)
    ペットの湯(30分:420円)10時~20時
URL:http://www.shiobara-gv.net/

塩原グリーンビレッジ周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

 

群馬県の温泉付き高規格キャンプ場!2選!

休暇村嬬恋鹿沢オートキャンプ場(群馬県)

こちらは、標高1,400mの高原に位置するキャンプ場で、白樺や唐松の林に囲まれた避暑地になっています。

上信越高原国立公園の中にあり、浅間山を望み、いかにも大自然の中って感じのするところですね。

林間のキャンプ場は、全区画AC電源、水道、野外炉付きで、高規格そのものですね。

また、手ぶらでキャンプもお手軽にできるプランも用意されているので、初心者には嬉しい限りです。

 

こちらの鹿沢温泉は、千年以上の歴史のある名湯で、古くから湯治場として親しまれてきたところですね。

キャンプ場から休暇村本館の温泉「雲井の湯」は、徒歩3分ですので、とっても便利です。

泉質は、マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩温泉で、神経痛・筋肉痛・疲労回復・冷え症などに効能があると言われています。

特に、新緑や紅葉を眺めながら入る露天風呂は、最高にリラックスした時を優雅に過ごすことができますね。

◆基本情報
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢温泉
電話:0279-98-0511
料金:
テントサイト:3,600円/サイト + 管理費510円/人
常設テントサイト:3,090円/サイト + 管理費410円/人
フリーサイト:1,030円/サイト + 管理費410円/人
温泉:「雲井の湯」(大人720円・小人410円)
URL:https://www.qkamura.or.jp/kazawa/camp/

 

猿ヶ京温泉湯島オートキャンプ場(群馬県)

こちらは、森と川と湖の3拍子が揃った、素晴らしい大自然の環境のなかにあるキャンプ場です。

すぐ近くには赤谷川が流れているので、そこで川遊びや魚釣りもできますし、赤谷湖でボートやカヌー遊びも楽しいですね。

キャンプサイトは、ゆったりしたスペースがあり、AC電源や直火のできるサイトもあります。

 

場内にある猿ヶ京温泉「まんてん星の湯」は、湯量が豊富で、源泉100%の掛け流しです。

やっぱり、掛け流しの濃い温泉って、気持ちいいですよね。

ここでは、毎日営業終了後に、お湯を全部抜いて清掃していますから、毎日気持ちのいい温泉を楽しむことが出来ます。

泉質は、カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉で、神経痛・筋肉痛・冷え性・疲労回復・切り傷・やけど・慢性皮膚炎・動脈硬化などに効能があると言われています。

血圧を下げて痛みを和らげる効果や肌がすべすべになる効果もあるんですね。

 

「まんてん星の湯」には、2つの浴場があります。

「里の湯」は、石庭にあるワイルドなイメージの温泉という感じで、もうひとつの「七夕の湯」は、西洋風のイメージの円を基調としたマイルドなイメージの温泉で、随分と雰囲気の異なる浴場になっていますね

お風呂は男湯と女湯が毎日入れ替わりとなりますので、どちらにも入ることができますよ。

◆基本情報
住所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1150-1
電話:0278-66-1126
料金:
オートサイト:3,240円~4,320円/区画 + 入場料大人330円/人・小人220円/人
フリーサイト:2,700円/張 + 入場料大人330円/人・小人220円/人
温泉:「まんてん星の湯」(大人670円・小人420円)10時~21時
URL:http://www.mantenboshinoyu.com/auto.html

猿ヶ京温泉湯島オートキャンプ場周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。


スポンサードリンク

埼玉県・千葉県の温泉付き高規格キャンプ場!3選!

ロハスガルテンキャンプ場(埼玉県)

こちらは、温泉付きのキャンプ場というよりも、どちらかというと、温泉が主で、その温泉施設にキャンプ場が附属しているイメージのところですね。

このキャンプ場は、珍しい手ぶら専用のキャンプ場です。

1泊2食の温泉付きで、1人当り約5,200円です。

コスパがとってもいいので、初心者にはいい選択肢になりますね。

温泉には2日間入り放題ですので、温泉だけでも1日1,000円かかるので、2日で2,000円もしちゃうわけですから、残りの3,200円で1泊2食分ということになるわけですね。 これは安い!

 

「かんなの湯」は、24種類ものお風呂と6種類のスパを完備した巨大なスパリゾートと言えるスポットです。

源泉は、神川温泉で、泉質はナトリウム・炭酸水素塩・塩化物温泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、打ち身、慢性消火器病、冷え性などに効能があると言われています。

手ぶらでアウトドアを気軽に楽しみ、温泉に入り放題で、とっても快適なアウトドアライフを過ごす事ができますね。

こんな手ぶらのお手軽キャンプも楽しいですね。

◆基本情報
住所:埼玉県児玉郡神川町小浜 1341
電話:0495-71-9005
料金:
手ぶら温泉キャンプ:4,800円/人(1泊2食付き、税抜き)
温泉:「かんなの湯」(土日祝 大人1,100円・小人500円)9時~23時
URL:http://www.lohas-camp.com/

ロハスガルテンキャンプ場周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

 

武甲温泉キャンプ場(埼玉県)

こちらは、秩父・横瀬川のそばにある川と緑の雄大な自然に囲まれたキャンプ場です。

埼玉ですから、東京からのアクセスも比較的近くて便利ですね。

キャンプサイトは、横瀬川の川原と林間に配置されていて、趣があります。

近くの川での川遊びや昆虫採集などが楽しめますし、ペットも一緒に泊まれるのがいいですね。

 

併設の「秩父湯元武甲温泉」は、自然を満喫できる露天風呂とジェットバス付きの内風呂を備えています。

やっぱり、露天風呂が気持ちいいですね。

湯船の上には屋根が付いていますので、日差しや雨をしのぐことができます。

木のぬくもり感じることのできる檜風呂と、自然の素朴な雰囲気を堪能できる岩風呂があります。

泉質は、単純硫黄温泉で、神経痛、五十肩、慢性皮膚病、慢性婦人病などに効果があると言われています。

また炭酸泉もあり、新陳代謝活発化、美肌効果なども期待できますよ。

◆基本情報
住所:埼玉県秩父横瀬町大字横瀬4627-2
電話:0494-23-8229
料金:
オートキャンプサイト:5,000円/サイト(5名まで)
温泉:「武甲温泉」(大人700円・小人400円)10時~22時
URL:http://www.buko-camp.com/

 

ワイルドキッズ岬オートキャンプ場(千葉県)

こちらは、九十九里浜の南の端っこに位置する湖と山に囲まれたキャンプ場で、海もすぐ近くですね。

東京都心から、東京湾横断道路を使えば、1.5時間程度で着くのでアクセスもとっても便利です。

房総半島なので、気候も温暖な日が多い場所ですね。

近くには、遊歩道や太平洋を一望できる展望台もあり、湖ではブラックバスやフナも釣れます。

すぐ近くの海岸では海釣り・磯釣りが楽しめますので、釣り人には絶好の場所ですね。

 

場内の温泉は、鉱泉水ヨード風呂です。

この温泉は、色がなんと「真っ黒」なんですね。ちょっと驚きです。

肌がすべすべになったり、皮膚病に効果があると言われていて、特に女性に人気ですね。

このお風呂が目的でこのキャンプ場を選ぶ人もいるとか。

1日に何度も入ることができるので、温泉三昧のキャンプもアリですね。

◆基本情報
住所:千葉県いすみ市岬町和泉687
電話:0470-87-7141
料金:
オートサイト:5,250円/サイト + (AC電源1050円)+ 入場料大人320円・小人210円 + ごみ処理費100円/泊
温泉:ヨード風呂の露天風岩風呂(大人530円・小人320円)
URL:http://wildkids.jp/

ワイルドキッズ岬オートキャンプ場周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

 

まとめ

●高規格で温泉付きのキャンプ場は、キャンプ初心者やファミリーにピッタリです。

●キャンプ場で入る温泉や露天風呂は、大自然の中にいる感じがして最高ですね。

●キャンプと温泉三昧の組み合わせもまた楽しいものです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - アウトドア