生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

クリスマスを教会で!横浜で絶対おすすめのスポット6選!

   

横浜はロマンチックな街ですから、クリスマスにピッタリですね。

華やかな街にクリスマスキャロルが流れて、横浜全体がクリスマス気分に盛り上がります。

そんな中、教会の厳粛な雰囲気の中でイブを過ごしてみませんか。

背中がピシッと伸びるような雰囲気で、今年1年の自分を振り帰って見るには、いい機会かもしれません。

どこの教会でも、1人で行っても、温かく受け入れてくれます。

 

ここでは、横浜のクリスマス・イブにぴったりの絶対おすすめの教会をご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

横浜中心街の教会!おすすめの2選!

日本キリスト教団 横浜海岸教会

日本キリスト教団とは、プロテスタントの33教派が1941年に合同して作られた合同教会ですので、プロテスタントのひとつということになります。

ここ横浜海岸教会は、日本で最も古いプロテスタント教会と言われていますね。

その歴史は古く、1872年(明治5年)に設立されていますので、もう130年以上の歴史があることになります。

 

教会の場所は、みなとみらい線の「日本大通り」駅からほど近くにあり、山下公園や大桟橋が近くにある横浜の中心ですので、アクセスもとても便利です。

現在の教会は、1933年(昭和8年)に作られたものですが、2013年には大改修工事が行われて、近代化されて、美しさも可愛らしさも増しましたね。

建物は三角系の鐘塔の屋根がゴシック様式で、尖った三角形が印象的です。

壁は白く、庇を支える腕木が沢山ある意匠は、お城のイメージです。

縦に細長い窓がシンプルで美しいですね。

玄関は階段を上がって2階にあります。

 

礼拝堂の内部は、厳粛な雰囲気です。白い壁と白い天井がすぐ目に入ります。

天井には骨組みの木材が張り出しているスタイルで、白い屋根に木材の茶色がアクセントになっています。

そして、椅子や調度類は濃い茶色で統一されていて、白と茶色の調和が渋いですね。

 

通常、プロテスタントの教会には十字架がありますが、ここにはなにもないのです。

祭壇の一番奥にもなにもありません。これがキリスト教団の特徴なのかもしれませんね。

 

礼拝堂の一般公開は、毎月第3金曜の午前10時~午後3時となっていますので、このときなら気軽に見学することができます。

また、同じ日の午後0時10分~0時40分までの30分間は「昼休み礼拝」といって、初めての方向けのやさしい話をしてくれますので、是非とも活用したいものです。

 

クリスマスの主日礼拝は、イエス・キリストの誕生を祝う主日礼拝で、例年12月25日以前の最も近い日曜に行われています。

クリスマス賛美礼拝は、イエス・キリストの誕生を祝うもので、主日礼拝の前日の午後3時30分から約60分間行われます。

出席を希望される方はどなたでもご参加できますし、初めての方でも大丈夫ですよ。

ただ、当日は大変混み合うため、時間は早めに余裕を持って行くのがおすすめです。

行く前には、教会に時間などの確認をしておいたほうがいいでしょう。

◆基本情報
住所:横浜市中区日本大通8
電話:045-201-3740
アクセス:みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩約3分
URL:https://www.kaiganchurch.or.jp/

 

日本キリスト教団 横浜指路教会(よこはましろきょうかい)

横浜指路教会は、1874年(明治7年)に設立した最も古いプロテスタント教会の一つです。

場所は、関内駅と桜木町駅の間にあり、大きな高いビルの間にあるのですが、角地にあることと、教会の背面側は高速道路の高架があるため、狭っ苦しい印象がないのもいいですね。

 

現在の教会堂は、1926年(大正15年)に建てられたもので、現在は横浜市認定歴史的建造物となっています。

関東大震災の経験を活かして鉄筋コンクリート造を採用しているものの、その外見はゴシック様式の風格のあるデザインですね。

建物の角には鐘楼がドーンと構える厳粛で堂々としたたたずまいです。

 

建物の真ん中にあるバラ窓を囲むように折り重なるようなデザインの柱や先の尖ったアーチが印象的です。

バラ窓とは、ゴシック建築においてステンドグラスで作られた円形の窓のことです。

階段を上がって2階に玄関があります。

 

中に入ると、まず小さなホールがあり、その奥が礼拝堂になっています。

礼拝堂の内部は、真っ白で高い天井と壁も白くシンプルでスッキリしている印象で、十字架もありません。

シンプルな中にも、そこには厳粛な空気感はありますが、威圧される感じではなく、まさに癒される感じですね。

左右の尖塔アーチの窓からは、明るい光が入ってきます。

 

入口のちょうど真上の3階部分には立派なパイプオルガンがあります。

これは、125周年の記念として2000年に設置されたものです。

3階にも礼拝堂を囲むように椅子が置かれてあり、収容人員も多そうです。

 

クリスマス・イブの12月24日には、クリスマス讃美夕礼拝が行われます。

クリスマス讃美夕礼拝は、例年、15時からと18時からの2回行われます。

また、17時からは関内駅7番出口近くの広場でキャロリングを行いますので、聖歌隊と一緒に賛美歌を歌うのもいいですね。

横浜指路教会近くの観光スポットはこちらをどうぞ。

 

◆基本情報
住所:神奈川県横浜市中区尾上町6丁目85
電話:045-681-3804
アクセス:JR線、横浜市営地下鉄線 関内駅から徒歩約4分、桜木町駅から徒歩約5分
     みなとみらい線 馬車道駅 3番出口から徒歩約5分
URL:http://www.yokohamashiloh.or.jp/index.html


スポンサードリンク

横浜の山手の教会!おすすめの4選!

横浜の高級住宅街の山手には教会が沢山あります。

ここでご紹介する教会も山手を散策しながら、見ていくことができるほどお互いが近くにあります。

カトリック山手教会

山手教会は、横浜を代表するカトリックの教会です。

山手らしいフェリス女学院や双葉学園のある近くにあり、周りの環境も素晴らしく、ちょっと海外に来た気持ちになれます。

 

現在の建物は、1933年に建てられたもので、本格的なゴシック様式のコンクリート聖堂ですね。

高い鐘楼と三角屋根が印象的で、威厳のある堂々とした聖堂です。

ミサには様々な国籍の信者がやってきており、観光地というよりも、本物の教会という印象を受けます。

ただ、ミサにはだれでも祈る心さえあれば参加できますので、初めての方は、日曜日の日本語ミサに行くのがいいでしょう。

 

内部は、カトリックらしく祭壇にはキリスト像や他の聖像があり、白い壁の素晴らしいステンドグラスから柔らかな光が差し込みます。

聖堂後方の2階席にはパイプオルガンが置かれています。

 

クリスマスイブの真夜中、つまり25日の午前零時は、教会で真夜中のクリスマスミサが行われます。

例年、大混雑となりますので、早めに行くのがおすすめです。

カトリック山手教会周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

 

それにしても、夜中なので帰りの電車はありませんので、やっぱり車で行きますよね。

そんな時に役に立つのが上限料金のある駐車場ですよね。こちらを参考にどうぞ。

横浜の駐車場で安い穴場とは?休日もOKなおすすめの15箇所!

◆基本情報
住所:神奈川県横浜市中区山手町44
電話:045-641-0735
アクセス:JR石川町駅 南口から徒歩約10分
     みなとみらい線 元町中華街駅 アメリカ山公園口より徒歩約15分
     神奈川中央交通バス 11系統 山手町バス停から直ぐ
URL:http://catholicyamate.org/

 

横浜山手聖公会(よこはまやまてせいこうかい)

聖公会とは、カトリックとプロテスタントの中間的な位置づけの教派ですが、どちらかと言えばプロテスタント寄りと言われています。

横浜山手聖公会の建物は、アメリカ人建築家のJ.H.モーガンの設計によるもので、横浜市の歴史的建造物に指定されており、この山手のランドマーク的存在になっていますね。

大谷石を使った重厚なデザインは、教会というよりはお城のようなデザインで、中世イギリスのノルマン建築とゴシック建築が融合された素敵な教会です。

 

内部の主聖堂は高い天井と白い壁とステンドグラスで厳粛な空気です。

天井には構造用の梁がドーム型に見えるようになっている構造でアクセントになっています。

 

ここでは例年、クリスマスに一番近い日曜日午後に、子供たちによる「クリスマスページェント」を行っています。

クリスマスページェント(聖劇)とは、イエス・キリストの誕生を物語風に演じる伝統的な教会行事のことですが、特にこのページェントは、日曜学校の子供たちが主体となって行われます。

美しいクリスマスキャロルの数々を、可愛い子供たちが、荘厳なオルガンの音色に合わせて合唱するんですね。

各地で開催されていますが、特にここのクリスマス・ページェントは人気が高く多くの人が訪れます。

ちょっと、時期は早いですが、こんなクリスマスも素敵ですね。

時間は午後3時(開場が2時40分)~4時40分となっていますので、ちょっと早めに行くのがおすすめです。

入場は無料ですが、任意の寄付はありますので、気持ちだけ寄付すればいいでしょう。

日程や時間などの詳細は教会に確認くださいね。

 

横浜山手聖公会周辺の観光スポットはこちらをどうぞ。

◆基本情報
住所:神奈川県横浜市中区山手町235
電話:045-622-0228
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」出口6から徒歩約5分
     バス11系統YAMATE LINER「外国人墓地前」から直ぐ
URL:http://anglican.jp/yamate/

 

山手ロイストン教会

山手ロイストン教会は、プロテスタントの教会でモダンな洋館が点在する外国時居留地にある、比較的新しい教会です。

結婚式場としてもとても有名で人気が高いのも特徴ですね。

ただ、形だけの教会ではなく、ここは本物の教会ですよ。

 

入口はこじんまりとした門ですが、敷地は1000坪もあるほど広く、素敵な庭もあり教会の他に、クラブハウスやサロン館など5つの建物があります。

まさにガーデンパーティーの雰囲気で、この教会で結婚式を挙げた方が披露宴を行ったりできます。

これもブライダルに人気のある理由のようですね。

 

クリスマスの頃には、例年、クリスマス演奏会&ランチがあります。

演奏会は12時~13時で無料ですが予約が必要です。

クリスマスランチは13時~15時で有料ですので、無料の演奏会だけの参加も可能なんですね。

 

クリスマス・イブ礼拝は、誰でも参加できますので、一度行ってみたいですね。

特に、結婚を控えてるカップルにはぴったりではないでしょうか。

礼拝の後には、ホットワインのサービスもあるかもしれません。

教会からの帰り道から見える夜景も素晴らしいです。

◆基本情報
住所:神奈川県横浜市中区山手町241-1
電話:045-625-1166
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」出口6から徒歩約10分
     バス11・20系統「港のみえる丘公園」から徒歩約3分
URL:http://www.royston.jp/

 

山手ヘレン記念教会

山手ヘレン記念教会は、プロテスタント教会として、1987年に横浜の山手に建てられた、可愛らしいこじんまりとした教会です。

ここは、ローズホテル横浜と重慶飯店のオーナーの亡き母を記念して建てられたものなんですね。

というと、結婚式場のためにつくられた偽の教会のようにおもわれるかもしれませんが、ここは毎日曜日に日曜礼拝をやっている本物の教会なんですね。

この教会に行くときには、ローズホテルからホテルのマイクロバスで送迎してくれます。ですから、駐車場の心配不要です。

 

クリスマスには、礼拝堂に大きなクリスマスツリーが登場します。

クリスマス礼拝には、誰でも参加できますので、気軽に行ってみたいですよね。

その後に、ローズレジデンスで特別なクリスマスディナーを頂くこともできます。(10組限定)

事前に予約が必要ですので、詳細は教会に直接お問い合わせくださいね。

ここの教会は、ちょっと1人では参加しにくい雰囲気ですよね。

ここだけは、カップル限定と思った方がよいかもしれません。

◆基本情報
住所:神奈川県横浜市中区山手町150番地
電話:045-623-7070
アクセス:ローズホテル横浜よりマイクロバスで送迎あり。(約10分)
URL:http://www.yamate-helen-church.org/

 

以上、横浜の教会をご紹介してきましたが、初めて教会に行く場合には、多少のキリスト教についての知識があったほうが、より楽しめると思います。

各教会の成り立ちや背景を理解していおくと、より興味深く教会を見ることができると思いますよ。

そんな豆知識は、こちらを参考にどうぞ。

キリスト教のカトリック、プロテスタント、正教会の違いとは?

 

まとめ

●こちらで、ご紹介した教会の位置関係はこちらの地図を参考にどうぞ。楽しいクリスマスを。メリークリスマス!!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - イベント