生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

無料のバーベキュー場!神奈川県の絶対おすすめの穴場12選!

      2018/03/17

バーベキューって、天気の良い日にやると本当に気持ちが良くて美味しいですよね。

私は屋外で食べるのが大好きなので、よくバーベキューをやりたくなります。

先日は、どうしてもやりたくなって、仕方なく自宅の車の置く場所で、1人でやってみたこともありますが、炭の煙が結構出るので、あれは住宅街でやるにはちょっと近所迷惑でしたね。

やっぱり、広い場所で煙なんか気にせずに、ガンガン焼くのが、楽しいですね。

最近は、有料のバーベキュー場が増えてきていますが、できれば、場所だけなら無料や格安で使いたいものです。

そこで、今回は、東京からも近い神奈川県にある無料や格安で使えるバーベキュー・スポットを12箇所ご紹介します。

さあ、天気の良い日はみんなでバーベキューに出かけましょう。

 

スポンサードリンク

泉の森ふれあいキャンプ場

こちらのキャンプ場には、炊事場(スギ丸太作り)、外カマド16基、内カマド16基、水道16口、調理卓8卓、野外卓16基という充実の施設が揃っています。

これが無料で使えるんですから嬉しいですね。

利用期間は、3月~11月は毎日、12月~2月は土日祝日で、利用時間は9時~16時です。

但し、7月と8月だけは、9時~18時になります。

 

利用するには予め予約が必要です。

予約は、電話(046-260-5795)またはキャンプ場窓口で先着順の受付となります。

児童・生徒・学生・青少年団体・親子の場合、市内の人なら3ヶ月前から、市外の人なら2ヶ月前から予約可能です。

上記以外の場合、例えば大人だけの場合だと、市内・市外ともに2ヶ月前から予約可能となります。

 

こちらは場内設置のカマドを使うのが原則で、コンロの持込は禁止になっていますので、要注意ですね。

ここの凄い点は、無料の貸し出し品も充実していて、飯ごうやまな板や鍋などの炊事用品セットや、鉄板や焼き網などのバーベキューセットも無料で借りられるんですね。

最も、かさばるバーベキューセットが無料で借りられるのはなんとも嬉しい限りです。

持参するか現地購入するものは、炭や薪、ナイロンたわし、洗剤、ゴミ袋です。

持参必需品は、食材と食器位ですので、ほとんど手ぶらバーベキューを楽しめるわけですね。

ゴミは持ち帰りが原則ですが、有料で回収してくれるサービスもあるのも素晴らしい。

詳細はこちらを参考にどうぞ。

 

田代運動公園 河川敷

こちらは、中津川の河川敷です。

正式なバーベキュー場というわけではなく、自由に河川敷を使えるという感じですので、無料で予約不要で使えるのがいいですね。

駐車場も無料ですから、もう言うことはありません。

近くにはコンビニやホームセンターもあるので、買い物にもとっても便利です。

ただ、無料のせいかちょっとゴミが多い感じがしますね。

こうゆう場所は貴重なのですから、みんなで大切に守っていく気持ちで使いたいものです。

直火禁止・ゴミの持ち帰りなどの最低限のマナーを守ってお互いに楽しく楽しみたいですね。

詳細はこちらを参考にどうぞ。

 

うみかぜ公園

こちらは、三浦半島の東端に位置して、猿島を臨む広い芝生の公園です。

ここでのバーベキューは、予約不要で、無料で使えますが、駐車場(普通車182台)は有料です。

とはいっても、普通車の上限610円という安さなので、助かりますね。

 

ここは海のすぐ前なので、海を眺め、猿島を眺めながらバーベキューできるのがポイントですね。

芝生ですから、気軽に横になってゴロゴロできますし、すぐ近くに大型スーパーもあるので、食材調達も楽ちんです。

護岸は階段状となっていて、波のない潮溜まりでは海の生物を観察できちゃいます。

バーベキューが出来る場所は、公園内東側のメイン広場です。

当然ながら、直火禁止・ごみはすべて持ち帰りです。

 

シーズンになると駐車場がすぐに満車になってしまうので、早めの到着がおすすめです。

無料ということもあって、シーズンには相当混み合いますから、遅くとも8時には到着して場所取りするのがおすすめです。

もし、駐車場が一杯のときは、となりの大型スーパーLIVINの駐車場(947台)を使うことができます

屋内は最大800円、屋上なら最大500円ですので、安いですよね。

詳細はこちらを参考にどうぞ。

 

観音崎公園の浜辺

こちらは、三浦半島の東端にある公園で、戦時中の砲台跡や赤レンガ遺構、岩肌のトンネルなどが東京湾の要衝に位置した要塞の面影を伝える場所です。

東京湾のもっとも狭い場所なので、目の前を大型貨物船が通り過ぎるのが見えますし、対岸の千葉県側も良く見えます。

バーベキューに利用できるのは、観音崎公園の指定エリア内のみですので気をつけましょう。

利用時間は、8時~17時です。7月・8月のトップシーズンだけは、8時~18時となります。

利用期間は、通年で使えます(年末年始以外)ので、いつでも行けるのは嬉しいですね。

利用の際には予約不要で、無料で使えます。

駐車場は、第1~第6まであり合計約380台分ありますが、こちらは有料となります。

駐車料金は560円または890円で、トップシーズンは890円となります。

BBQ場に一番近いのは第1駐車場ですが、ここだけは5時~19時の長い時間利用することができます。

直火は禁止、ゴミは持ち帰りとなります。

詳しくはこちらを参考にどうぞ。


スポンサードリンク

相模川 高田橋多目的広場

こちらは、相模川にかかる高田橋の河原です。

とっても広い河原なので、車は2,000台程度は停められるスペースがあります。

正式なバーベキュー場ではないものの、シーズンになると沢山の人で賑わう場所ですね。

近くにトイレもあり綺麗に管理されていて女性でも安心です。水場もあります。

河原なので周りに遮るものはないですから、夏は暑く、冬は寒いことになります。

夏にはタープを用意して行くのがいいでしょう。

 

相模川 新・旧小倉橋

こちらは、相模川にかかる新小倉橋と旧小倉橋の近くの河川敷です。

小倉橋は、新旧共に美しいアーチ橋で、その橋の下が無料でバーベキューができる場所になっています。

河川敷から見上げる小倉橋はとっても美しく、迫力満点です。

この橋は、土木建築界ではちょっと有名らしいですね。なかなかいい景色です。

8月にはライトアップされて幻想的な雰囲気となりますので、一見の価値ありですね。

シーズンにはバーベキュー客で混雑しますので、早めに行くのがおすすめです。

早いもの勝ちですから、出遅れると場所取りが難しくなっちゃいますね。

トイレもありますし、コンビニも近くにあるので、便利です。

 

相模川 あゆみ橋・相模大橋

こちらは、相模川にかかるあゆみ橋・相模大橋の近くの河川敷です。

広い河川敷ですので、車で荷物を近くまで運ぶことができ、荷物の荷降ろしも楽ちんですね。

駐車場は舗装されていない土・石・砂利です。

トイレは、近くにありますし、すぐ近くには自販もあるので、アルコール以外はここで調達できるのも便利ですね。

シーズンには相当混み合いますので、遅くとも10時には現地入りするのがおすすめです。

ゴミは絶対に持ち帰りましょう。

マナーをきっちり守ることが、こうゆう無料スポットではとっても重要ですね。

 

多摩川 丸子橋・新丸子橋

こちらは、多摩川にかかる丸子橋・新丸子橋の近く無料のバーベキューができる場所です。

丸子橋は二連アーチの美しい橋で、ドラマなどにもよく使われている有名なところです。

多摩川の右岸にある丸子橋下には、ピクニック広場や丸子橋第1/第2広場などがあり、このあたりで自由にバーベキューができるんですね。

駐車場は、東急東横線高架下にあります。1日500円です。安いですね。

なお、この駐車場は平日は利用できません。土日祝日専用なんですね。

本当は橋の下が日陰なって最高なんですが、そこは業者が陣取っているようなので、タープやシェードを持っていくといいですよ。

河川敷では直射日光が結構きついですからね。

コンビニが徒歩5分のところにあるのも便利です。

 

スポンサードリンク



上大島キャンプ場

こちらは、相模川近くのキャンプ場で、10人までなら1,000円でバーベキュー場を利用できます。

駐車場は無料で、450台分あります。

完全に無料ではないですが、十分に格安なので、こちらで紹介することにしました。

都心から近いのに、自然を感じられる場所で、近くに相模川が流れており、清々しく平地が多くて使いやすい場所になっています。

松林の中にあるので、真夏でも涼しく過ごすことができるのもいいですね。

施設は、テントサイト(100張分)、炊事場、水洗トイレ、貸出用バーベキュー炉(60台)、障害者トイレなどが揃っています。

予約は必要で、直接キャンプ場へ電話で予約します。(042-760-6066:9時~17時)

予約は、利用日の2ヶ月前の1日から受付できます。

なお、このキャンプ場は冬季閉鎖されますので、開業しているのは3月~10月の毎日と、11月の土日祝日のみですので、要注意です。

炊事場やトイレも綺麗に管理されているので女性でも安心ですね。

直火禁止、ペットの同伴も不可、ゴミは必ず持ち帰りましょう。

詳細はこちらを参考にどうぞ。

 

望地弁天キャンプ場

こちらは、相模川近くのキャンプ場で、高田橋の近くに位置します。

無料ではありませんが、10人までなら1,000円でバーベキュー場を利用できますので、格安なので、こちらで紹介しています。

高田橋と相模川の風景を見ながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

バーベキューする場所は、松林にありほとんど日陰となるので、真夏でも快適に過ごすことができます。

施設は、テントサイト(30張分)、炊事場、水洗トイレ、貸出用バーベキュー炉(24台)、障害者トイレなどが揃っています。

予約は必要で、直接キャンプ場へ電話で予約します。(042-760-6077:9時~17時)

予約は、利用日の2ヶ月前の1日から受付できます。

なお、このキャンプ場は冬季閉鎖されますので、開業しているのは3月~10月の毎日と、11月の土日祝日のみですので、要注意です。

トイレは水洗式で外観も内部も綺麗に管理されていて、気持ちいいですね。

直火禁止、ペットの同伴も不可、ゴミは必ず持ち帰る必要があります。

詳細はこちらを参考にどうぞ。

 

東扇島東公園・中公園

「東公園」は、都会の真ん中というか工場地帯の中にある感じの立地ではありますが、かなり広い公園なので、砂浜もあり芝生もあり、都会のオアシスのようです。

格安でバーベキューのできる公園で、カマドなしなら500円(土日祝日は600円)で利用できます。

予約が必要で、川崎市のふれあいネットから申し込むことができます。

区画も広いので、ゆったりとしたスペースを確保することができるのがいいですね。

駐車場は、100台程度ありますが、時間貸しになります。

 

「中公園」は、内陸側にあるため、風もなくこじんまりしていてファミリー向けです。

芝生の公園で、ゆったりできるいい場所です。

ただ、駐車場からちょっと遠いので、キャリー持参がおすすめです。

詳細はこちらを参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク



海水浴場や海岸でバーベキュー

一般に、海水浴場では、通常、海水浴場開設期間(7月~8月)は、海水浴客の安全確保のため、火気使用が禁止されています。

つまり、泳げる時期には、海水浴場では、バーベキューはできないんですね。

「海水浴場ではない海岸」や、「海水浴場開設期間外の海水浴場」では、バーベキューができるので、そんなスポットをご紹介します。

辻堂海岸

こちらは、湘南の辻堂海岸です。

海水浴シーズン以外ならバーベキューが無料でできる場所です。

海辺で、海を眺めながらのバーベキューって気持ちいいですよね。

砂浜の上ってなぜだか楽しくなるのは、子供の頃の思い出でしょうかね。

当然ながら、直火禁止、ゴミは持ち帰りです。

サザンビーチ

こちらは、サザンオールスターズの出身地の茅ヶ崎の海水浴場です。

海水浴シーズン以外なら、ここでもバーベキューできます。

人が沢山いるビーチも活気があっていいものですが、ちょっと季節外れのバーベキューも、また、いいものですよ。

サザンビーチは、サザンの曲がぴったり合う場所ですね。

サザンのバラードでもかけながら、じっくりと夕陽を見ながらのバーベキューは素敵です。

直火禁止、ゴミはすべて持ち帰りのルールをしっかり守って楽しみましょう。

秋谷海岸

こちらは、三浦半島の西端の海岸です。

海水浴シーズン以外ならバーベキューできます。

海でのバーベキューって最高ですね。

オフシーズンの海でゆっくりしましょう。

直火禁止、ゴミは持ち帰りのルールを忘れずに。

長浜海岸・和田長浜海岸

こちらは、三浦半島の西端の海岸です。秋谷海岸よりも南に位置します。

海水浴シーズン以外ならバーベキューできます

ここは海の透明度が高くて有名な場所です。

海岸近くに県営の無料駐車場があるのが便利です。海岸近くまで、車で乗り入れることができるので、用品の運搬が楽ですね。

水道はないので、ポリ容器に水をもっていったほうがいいです。

直火禁止、ゴミは全部持ち帰りましょう。

 

まとめ

●神奈川には沢山の無料のバーベキュー場があります。

●特に、相模川河川敷や湘南の海や三浦半島など、素晴らしい場所が一杯ですね。

●無料のバーベキュー場は、使う人のマナーによって存続が支えられています。直火禁止やゴミの持ち帰りは必ず守りましょう。それが、長い目で見れば、自分たちのためでもあるのですから。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - アウトドア