生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

ふるさと納税のボタンエビとホタテのレビュー!本当に美味しい?

   

ふるさと納税にはいつもお世話になっていますが、今回は北海道のボタンエビとホタテのセットを注文してみました。

北海道の森町のものですが、実際に買った人の評価が高かったので安心して決めることができました。

 

先日、ボタンエビとホタテのセットが到着しましたので、早速レビューします。

さて、味のほうはどうだったのでしょうか?

乞うご期待。

スポンサードリンク

ボタンエビとホタテのセットを選んだ理由とは?

ふるさと納税のサイトっていろいろあるんですが、今回は「さとふる」から注文しました。

「さとふる」では、人気ランキングが見れるので、そこで口コミや評価を見ることができるので、大きなハズレを引くことが少ないのがいいですよね。

今回は、「そうだ、エビを食べたいなぁ~」と思い、カテゴリー別ランキングで「エビ」で検索して上位表示されたものの中から選びました。

他にも、私のお気に入りの「ふるさとチョイス」と「楽天ふるさと納税」も、もちろんチェックしましたが、今回は「さとふる」の口コミが「ぐさっ」と刺さってきたので、こちらに決定です。

実際の口コミはこんな感じです。

・ボタンエビは、ぷりっぷりっ、ホタテも肉厚で、両方とも大きくて甘みが強く本当においしくてびっくりしました。こんなに贅沢して良いのかしら?と感じてしまうほど。エビ味噌も濃くて本当に堪能しました!

・ボタンエビ、甘くて大きくて、卵はプチプチですごく美味しかったです。身は凄く甘く、頭はお味噌汁にすれば凄い濃厚な旨味のお味噌汁になりました。頭があまりにいい味が出るので、素焼きでよく焼いてそのままバリバリと食べてみたら、それも美味しかったです。

・ボタン海老大きくて食べごたえありました。味も甘くて美味しかった!ホタテも勿論大きくて美味しいですが焼いて食べてもおいしく2度楽しめました!

こんな口コミばかり並んでいると、つい、思わずポチっと押しちゃいますよね。

 

注文してから気づいたんですが、森町といえば、先日毛ガニを注文したところでした。

森町ってがんばっているな~って感じです。

本当は私の故郷の函館に納税したいのですが、なかなか商品がいいのがないんですよね。

もっと函館も頑張って欲しいな~。



ボタンエビとホタテのセットが到着!

注文してから5日目には到着しました。めっちゃ早くて驚きです。

到着したのは、幅18cmx長さ28cmx高さ14cmの発泡スチロールの箱です。

思ったよりも小ぶりの箱です。冷凍のシールがドーンと貼ってあります。

 

早速、開けてみます。

 

一番上にホタテが載っています。コチンコチン状態です。

ホタテを取り出してみます。

 

ホタテの下には、お店のカタログにようなチラシが入っていました。

いろんな海産物を売っているようです。

 

どれも美味しそうなものばかりです。いかにも北海道って感じがします。

さて、チラシをとるとその下には、いよいよボタンエビが見えてきました。

 

と、ここで気づくのは保冷剤が入っていないってことですね。

冷凍物の場合は、保冷剤が入っていないことが最近は多くなってきているように感じます。

もちろん、冷蔵の場合には必ず入っていますが、冷凍の場合は商品そのものがカチンカチンに凍っているので、保冷剤なしでも大丈夫なんですね。

事実、今回も全く冷凍が溶けている感じはなくて、カチンカチンのままでしたからね。

あらためて、ボタンエビとホタテを並べてみます。

 

ボタンエビは、上に8匹見えていますから、2段で入っているので16匹入っているようです。

ホタテの方は、ざっと20個以上はある感じです。

これは、家族4人に分けても十分の量です。

さて、早速食べる準備です。

 

スポンサードリンク

ボタンエビとホタテの解凍方法とは?

ボタンエビとホタテでは実は解凍方法がちょっと違うんですね。

 

ボタンエビの解凍方法は、いきなり流水につけるんです。

なんとなく、じっくりゆっくり溶かすのがいいかな?と思っていましたが、そうすると生臭くなるようなので、ボタンエビの場合には、流水に直接エビを浸して、溶かすのがおすすめです。

エビのお腹の辺りを少し手で触ると、やわらかくなってくるのがわかるので、そうなったらOKです。

完全に溶かしちゃうよりも、少し半分凍っている程度で水から出したほうが良い感じですね。

 

一方のホタテの解凍方法ですが、これは流水に直接入れるような大胆な方法ではだめなんですね。

こちらは、ゆっくり溶かすのがベストです。

そのまま冷蔵庫にいれてゆっくり解凍するのがいいでしょう。

味にこだわる場合には、ボールに氷を入れてその氷に塩を振っておいて、そこに冷凍ホタテを置いて、そのまま冷蔵庫に入れておくのがベストの方法です。

そのほうがさらにゆっくりと解凍されるんですね。

 

このときは、時間がなかったのでホタテも流水で解凍してしまいましたが、それでも結構美味しくいただけました。

まだ、ホタテは残っているので、次はじっくりと解凍しようと思っています。

この写真どうです? みずみずしさが写真から伝わりますか?

 

実際食べてみて、一番驚いたのは、ボタンエビの旨味です。

函館の実家でスーパーで買って食べたことはあるものの、それとは全く別物と言っていいくらいに美味しかったですね。

味が奥深いというか、濃厚というか、表面的な甘きというよりも、より深~い味わいなんです。

これは、もう、一口食べた瞬間に「これは、旨~い!」と思わず唸ってしましました。

最高ですね。

 

そして、エビの頭の部分は、味噌汁にしました。ボタンエビの頭は結構大きいので、捨てるのは勿体ないですよね。

味噌汁にしてみたら、これまた最高の出汁でした。

旨さが凝縮された感じです。

 

ホタテは、ボタンエビと比べるとシンプルな味に感じたのは仕方ないことかもしれません。

でも、多分ホタテだけ食べれば、十分に美味しいはずでした。

ボタンエビと一緒に食べたら、完全にボタンエビの旨さに圧倒されて、ホタテの味が霞んでしまいましたね。

できれば、一緒に食べずに、別々に食べるのがおすすめです。

 

総じて、とっても満足度の高い商品でした。

私の中では、ますます、「さとふる」のランキングの信頼性が高まって来ています。

 

まとめ

●ボタンエビは、美味しいものは物凄く美味しいんだということを発見した。

●ボタンエビは、流水に5分ほど浸すだけで簡単に解凍できちゃう。手早く解凍するのがおすすめ。

●ホタテは、ボタンエビとは対照的にゆっくりと解凍するほうが美味しい。ボタンエビと一緒に食べずに、別のタイミングで食べるのがおすすめ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ