生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

ディズニーの英語システムってすごい!2歳で英語がペラペラ!

   

子供には将来英語が話せるようになってほしい。

世代的にも英語は必須かな?!なんて思われている方も多いと思います。

私もその一員です。ただ何を習わせようか?

教材もほんとうにたくさんの種類があるし迷いますよね。

今回は、私の甥がはじめたディズニーの英語システムについてご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

英語の勉強というよりもおもちゃのかわりに

甥が「ディズニーの英語システム」をはじめたのは生後6ヶ月の頃でした。

教材には連動したCDやDVD、魔法のタッチペンとそのbook、音の鳴るカード、教材に出てくる人形やミニカーなどがあります。

部屋の一角にどっさりという教材の量です。

ディズニーの公式ものだし、なんだか凄いなというのが私の第一印象でした。

 

ただ、ここまで色々な種類の教材があるおかげで、家でも移動中でも、

常に「ディズニーの英語システム」に触れられる環境が作れます。

私の甥にとっては、常に「ディズニーの英語システム」の音楽が流れているのが当たり前という感じでした。

ディズニーの映像で音楽も楽しくて、私が見ていても楽しめるような内容でしたし、

タッチペンで触れると音が鳴る不思議な本も本当にユーモラスで楽しいものでした。

一歳になる頃には1人遊びも「ディズニーの英語システム」の教材になっていて、

子供自体が夢中になっているんだなーって感じでした。

 

話しはじめたのは2歳頃に英語から!

歩けるような年齢になると週末に「ディズニーの英語システム」の外人の先生がやってきて

みんなで踊ったりワイワイ楽しむイベントに参加しています。

他にも自宅に外人の先生から電話がかかってきたりもします。

両親と日常的に英語を話す代わりに「ディズニーの英語システム」で覚えた内容を

上記のようなシーンで英語を使う練習をするようです。

 

はじめは聞いているだけですが、次第にお話出来るようになりました!

お話といえば、私の甥は2歳を過ぎるまで中々言葉が出ませんでした。

身内は英語ばかり聞かせていたから言葉に困惑しているのでは!?と不安を覗かせていました。

男の子だし2歳ならまだ話せなくてもおかしくはないよね…?

 

と思っていのですが、数ヶ月後に話し始めたのはまず英語から!

英単語は大人顔負けの発音でした。

さらにはあまり一般的でないような動物の単語も教材に入っているものは自然と頭に残っていました!

 

私たちが子供の頃には考えられない様な教育法かと思うので、色々な見解があると思います。

しかし、赤ちゃんの脳はとても柔軟で目や耳から入ってくる情報はどんどん吸収できる為、

日本語に影響が出てしまうことは全くないそうです。

リアクションもまるで外人かのように「おっとっと」を「ウップス」と言ったり本当に感心するばかりでした。

その後、日本語を少しずつ話し始め、3歳にはひらがなもお勉強してしっかり読めるようになり

今ではどちらもペラペラになっています。


スポンサードリンク

気になるのは教材費!大切なのは親のモチベーション

こんなに魅力があるならやらせてあげたい!

っていう方こそ、気になるのは教材費ですよね。

営業の方がお話をしていたのはお医者さまの親御さんでも迷われる方もいると言うほど。

 

どれほどかざっくりと見積もると、初めの教材からしっかり揃えて色んなイベントなどに

毎週の様に参加すると100万円は越えます。

高いと思うかはその人次第ではありますが…やっぱり、高いですよね!

 

ただ、テレビでもよく取り上げられて2歳で英検二級取得なんていう子もいます。

先行投資の価値はありそうですよね。

大学の授業料は今や年間100万円は軽く超えますから、

その先行投資として小さいときに英語に慣れておくも一つの方法かもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どの様に過ごすかはそれぞれですが、幼少期の柔軟な時期に頭に入れるのが、

どれほど効果があるのかをヒシヒシと実感しました。

お試しサンプルで教材の内容を見られるDVDなど貰えるので気になる方は

試してみてはいかがでしょう。

ご検討されている方の参考になれば幸いです。



 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - 学習