生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

市川の海栗屋のうにが本当に美味しいか食べてきた!

   

先日は、息子の20歳の誕生日に「うに」を食べたいということになって、市川真間駅のすぐ近くにあるうにの専門店「海栗屋」(うにや)に行ってきました。

せっかくなので「うにづくし」コースを家族4人で頂きましたので、今回はそのご報告です。

これから行ってみたいと思っている方の参考になれば幸いで~す。

 

スポンサードリンク

市川の海栗屋(うにや)ってどんなとこ?

こちらの海栗屋さんは、京成本線の市川真間駅のすぐ北側にありますので、とってもアクセスは楽です。

駅から北側に降りる階段を下っていくと、その先に見えてきます。

一見は普通の居酒屋のように見えますね。

 

海栗屋は、接骨院やカフェや美容室が並んでいるお店にまぎれていますが、夜なら、明かりですぐにわかると思います。

昼間だと入り口が小さいので見逃しちゃうかもしれませんね。

今回は、我が家では車で行来ましたが、その場合は、すぐとなりのジョナサンの駐車場(タイムズ)が近くで便利です。

20時までは20分100円、20時からは60分100円なのでリーズナブルですよ。

 

さて、早速、中に入ってみましょう。

引き戸を開けて中に入ってみると、すぐにカウンター10席があるんですが、その奥にテーブル席が2つと小上がり座敷が2つあって、思ったよりも中は結構広いんですね。

今回は、予約していきましたので、入り口でカウンター越しに大将に名前を告げると、にこやかな笑顔で「奥へどうぞ!」といい感じで言われます。

 

奥に行くと、小上がり座敷に案内されました。

月曜の夜だというのに、カウンターにもカップルが2組ほど、テーブル席は2つとも埋まり、結構混み合っています。

さすがに人気店のようですね。

料理は大将がカウンターの奥で、女性の方が接客をしている感じで、二人にやりくりしていて、忙しそうでしたね。

 

席に着くと、いきなり、これが目に入ってきました。

今日のコースメニューですね。

ちょっとした気遣いですが、我が家専用というのって嬉しいですよね。

 

そして、メニューを見ていると、こんなメニューも!

こちらは、コースメニュー以外の本日のおすすめのようです。

これも、わざわざ我が家のためだけに印刷してくれているのは、悪い気はしませんね。

 

では、まずはビールとコーラ(運転手の娘)を頼んで、料理を待ちます。

 

さて、「うにづくし」のはじまりです!

誕生日の乾杯をすると、早速「丸ごと雲丹」の到着です。

 

お~っ、登場です。

ムラサキウニの殻をくり抜いたものを容器にしていますが、雲丹そのものはバフンウニにような濃いオレンジ色でした。

あれ?これはムラサキウニ?バフンウニ?と思いましたが、とりあえず何もつけずにそのまま、一口食べてみます。

うん、美味い!!

ミョウバンの変な味がしない生雲丹ですね。

あとで聞くと今日のうには函館のうにとのこと。私のふるさとです。

醤油と山葵をちょっとつけても旨い。

 

これは日本酒だな、ということで、日本酒の飲み比べを速攻で頼みます。

 

飲み比べてみて、一番のお気入りは、奈良の酒の「嬉長(きちょう)」という純米吟醸酒でしたね。

 

お料理は、続いて、2つ目の「前菜盛合せ」が登場。

左からお寿司屋の卵焼き、雲丹の塩辛、鱈の白子です。

特に、雲丹の塩辛は日本酒にぴったりです。

 

さらに、続いて、「18種類の欲張りサラダ」、「雲丹の濃厚コロッケ」がどんどんやってきます。

サラダは比較的普通のサラダで、18種類が入っているようには見えませんでしたが、多分入っているんでしょう。

うにのコロッケはまん丸コロッケで、熱々でいただきます。

雲丹の味は、初めの生雲丹の印象が強すぎて、あまり感じませんでしたが、美味しかったですね。

 

5つ目の「和牛の握り 炙り雲丹乗せ」はこちら。

一瞬、握りには見えませんでしたが、肉の下にご飯があって、ちゃんと握りです。

このまま、ガバっと一口で行きます。

牛肉の美味しい脂の味が強烈で、うにの味は私の舌には感じませんでしたので、別々に食べたほうが良かったかな~とちょっと後悔です。

妻はそれを知ってか知らずか、バラバラにして食べていましたが、どうも握り寿司だと思っていなかったようです。

 

そして、メインの「雲丹と和牛のすき焼き」がこちらです。

ビジュアルがいいですよね。牛肉が綺麗ですし、茹で雲丹が上に載っています。

 

玉子も雲丹が入っているんですよ。

すき焼きの肉を食べながら、この玉子につけて食べると、雲丹の香りがフッとしてきて、いい感じでしたね。

ただ、強烈に雲丹を感じるかといえば、そうでもないかなって印象です。

 

肉と野菜を全部食べたところで、鍋を厨房に持っていってくれて、そこで、最後の〆の「濃厚チーズリゾット風」が出てきて終わりとなりました。

お酒も結構飲みましたし、ご飯もたべてもうお腹も一杯です。

大満足で帰路につきました。


スポンサードリンク

さて、これでハウマッチ?

今回の「雲丹づくしコース」は、通常8,800円のところを6,800円となっていました。

ビール・日本酒・焼酎・ジュース等を含めて、4人の合計金額は3.7万円でした。

飲み物は、日本酒が結構高めですので、税込でこれくらいにはなりそうです。

ちょっと高めですが、やっぱり雲丹ですから、仕方ないかなって感じですね。

 

ウニ好きにはたまらないお店です。

記念日にでも、行ってみてはいかがでしょうか。

◆海栗屋 基本情報
住所:千葉県市川市真間1-10-13 1F
電話:050-3476-4706
営業時間:17:30~23:00
定休日:無休
URL:https://r.gnavi.co.jp/900tw6kp0000/

 

まとめ

●雲丹専門店だけあって、「丸ごと雲丹」の生雲丹は確かに美味しい。

●コースを食べるなら一人1万円程度の予算は見ておくべし。

●海栗屋は、雲丹好きなら、一度は行きたいお店。何かの記念日にもいかが?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ