生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

鴨川で刺身の有名な「カネシチ水産」は本当に美味しいの?

   

千葉県鴨川市は外房の海の幸を食べさせるお店がたくさんあります。

今回はその中でも刺身で有名な「カネシチ水産」に行ってみました。

さて、どんなお店だったのでしょうか。

スポンサードリンク

鴨川にある「カネシチ水産」とは?

カネシチ水産は、千葉県鴨川市にあります。

鮮魚店が経営するお店なので、鴨川港や江見港で水揚げされた新鮮な地魚を揃えています。

お店の入り口には、写真入りのメニューがドーンと大きく貼ってあって、わかりやすいですね。

 

今日は、「うに」を食べようと思っていたのですが、うにのところには「入荷なし」とポスト・イットが貼られています。

あ~、残念。  しかし、気を取り直してお店に入ってみます。

 

店内に入ると、魚屋さんに入ったような感じです。

鮮魚や冷凍もの干物などがびっしりと並んでいます。

 

「あれ?食堂はどこかな?」と当たりを見回すと、一番奥のほうに、小さな扉があって、そこが入り口でした。

ちょっとわかりにくい。

 

「いくら・えび定食」をオーダー!

時刻は11時過ぎ頃なので、まだ店内のお客さんは少な目です。

一人なのでカウンターに案内されます。

メニューを渡されて、店員さんから「キンメとウニは本日ありません」と言われました。

それは入り口で知っていたので、了解です。

渡されたメニューをめくると、いろいろあって迷ってしまいます。

 

熟考の結果、結局、ウニの代わりにイクラにして「いくら・えび定食」2,310円にしました。

驚いたのは、オーダーしてから5分もしないで、すぐに料理が出てきたことです。

まあ、刺身だから早いのはわかるけれども、それにしても早い。

ドドーン、と登場です。

 

いくらに大きな赤海老が3匹、マグロ・コハダなどの刺身盛り合わせ、さらに小鉢が3皿ついていて、ご飯と味噌汁です。

見た目からもボリューミー、これで2,310円ならまあコスパいいと思います。

赤海老は生のまま出てきたので、自分で頭をとって捌く必要があります。

頭をとってから、その頭をしゃぶってみると美味しい。

これで、鮮度が落ちていないことがわかりました。

海老のサイズも大ぶりなので、食べごたえがあります。うまし。

 

イクラは見た目重視という感じでした。

見た目はきれいで、ご飯に乗せると色が鮮やかなのだけれど、なぜか、あまり味がしませんでした。

ここは地場で取れた魚を食べるのがいい店なんだろうなと実感しました。

イクラは加工品ですからね。

 

その他のマグロなどの刺身は、地場らしい鮮度の良さを感じました。うまし。

小鉢がアクセントになってよかったですね。

ものの10分もかからずに平らげてしまいました。

ごちそうさまでした。

スポンサードリンク

カネシチ水産へのアクセス・駐車場は?

カネシチ水産の場所は、国道128号(外房黒潮ライン)沿いにあるのですぐに分かると思います。

道の駅鴨川オーシャンパークから車で5分ほどのところです。

駐車場は、店の隣に15台分ぐらいはありますし、道を挟んで向かい側にも駐車できます。

 

■カネシチ水産 基本情報
住所 :千葉県鴨川市江見東真門166
電話 :04-7096-0134
営業時間:9時~18時30分
定休日:火曜日

まとめ

●鴨川で刺身を食べるなら「カネシチ水産」がおすすめ!

●その日の仕入れによってメニューに一部変更あり。

●駐車場もキャパ十分。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ