生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

別府最終日に大分空港のレストランなゝ瀬で昼食をとった訳とは?

      2019/07/08

夫婦で2泊3日の別府温泉旅行をしてきましたが、最後の大分空港に到着しました。

ちょうど昼食時間だったので、空港内にある和風レストラン「なゝ瀬」で昼食を頂きました。

さて、別府とのお別れのときに食べたものとは?

いよいよ、別府ともさようならです。

 

スポンサードリンク

別府とのお別れに大分空港で食べるべきものとは?

いよいよ、別府旅行も最終日となり、別府ともお別れです。

最後の大分空港で、別府の息吹を感じるために食べるべきものとはなんでしょうか。

 

それは、ずばり、滞在中に食べることができなかった郷土料理です。

 

私の場合は、「だんご汁」と「とり天」を食べていませんでしたし、相方は「やせうま」を食べたがっていました。

そこで、ラストチャンスということで、これらを食べるためにレストランを探しました。

 

和風レストラン「なゝ瀬」がおすすめ!

レストランがいくつかありますが、郷土料理を一通り揃えているのは、和風レストラン「なゝ瀬」でしたので、ここに決定です。

郷土料理なら、ここが一番種類が豊富ですね。

最後の別府の料理を食べましょう。

 

別府も、もう最後ということもあって、昼間っからビールで乾杯です。

私は生ビール。

 

相方は地ビール。こちらもうまそう。

 

そして、料理は、だんご汁、とり天、やせうまを頼みました。

だんご汁は、細長い帯状の団子と里芋・人参・大根などと一緒に煮込んだ味噌味のけんちん汁のようなものです。

なんともシンプルな味わいで美味しかったです。

素朴な味わいっていいものですよね。

 

とり天は、外側がサクッといていて、中はふんわりジューシーな鶏肉です。

こちらもシンプルな味ながら、美味しいですね。

こちらはビールのつまみにぴったりです。

 

やせうまは、だんご汁の帯状の団子にきなこをまぶしたようなもので、きなこ餅のようです。

甘いので、デザートってかんじですね。

これはすべて相方にまかせました。

 

これらをビールを飲みながら、食べましたが、とっても美味しかったです。

味がどうのというよりも、郷土料理を食べることができて嬉しかったですね。

大満足です。

 

さあ、そろそろ搭乗時間が迫ってきました。


スポンサードリンク

さようなら、別府!

最後に、空港内の足湯に入りに行くことにしました。

ここは、大分空港に到着するときに入ろうとしたのですが、時間の関係で入れなかったのです。

最後に足湯ってのも、洒落ています。無料です。

 

ひのきの浴槽はとっても綺麗で、木の香のするこじんまりとした素敵な空間です。

清潔感もあって、いいですね。

 

ここの係の人が、とっても親切で、いろいろと話しかけてくれて、一緒に並んでいるところを写真に撮ってくれました。

 

桶から赤い湯気が出ていますが、これが「OOITA」と書いているんですよね。

気づきました?

 

さて、足がスッキリとしたところで、空港ど真ん中にある大きな湯おけの中でもパチリ。

相方はこうゆうのが好きなんですよね。

 

以上で、別府の旅は、全て終わりました。

 

いつかまた来たい街ですね。

今度は、もっとゆっくりと温泉めぐりをしてみたいな~・・・

 

まとめ

●別府で食べ残した郷土料理があるなら、大分空港内のレストランが最後のチャンス。

●郷土料理なら、和風レストラン「なゝ瀬」がおすすめ。

●空港には足湯もあるので、出発までの時間を有効に過ごせます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ