生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

長野の高規格キャンプ場のベスト3!予約不要のフリーサイトも!

   

長野のキャンプ場といえば、やっぱり草原や高原の清々しさや、涼しさが最大の売りですね。

通常ならオートキャンプが主流ですが、芝生と景色の素敵なフリーサイトも長野ではおすすめなところもあります。

 

ここでは、長野の高規格キャンプ場のベスト3をご紹介しましょう。

フリーサイトおすすめのキャンプ場もありますよ。

 

スポンサードリンク

駒ヶ根高原 家族旅行村アルプスの丘

こちらは、大自然に抱かれた中央アルプス駒ヶ根高原のキャンプ場で、温泉施設もある人気のキャンプ場です。

子供と一緒に遊ぶ施設も充実しているので、子連れにもおすすめです。

 

アクセスは、中央自動車道の駒ヶ根ICからすぐのところにあり、食材の調達なども近場にありますから、とても便利な場所にあります。

 

こちらには、オートキャンプサイトの他、ケビン村も充実しています。

オートキャンプサイトは、全部で70サイトあり、電源付きサイトも選べます。

電源付きのキャンプサイトは、125㎡という広さなのでなので、余裕の広さを楽しめます。

フリーサイトは、予約しなくても、当日受付できますから、思い立った時にキャンプにいける手軽さがいいですよね。

 

フリーサイトは、区画されていないところで、自由にキャンプできますが、荷物を駐車場から運ぶのがちょっと面倒ってことになります。

料金は、季節により異なりますが、オートサイトで4,600円~5,600円、AC電源付きサイトで5,700円~6,700円、フリーサイトは4,100円です。

 

ケビン村には、20棟のケビンがあり、中は広々としており、ロフト付なので、大人数の宿泊もOKです。

トイレや洗面台があるのが便利ですよね。

寝具や什器はもちろん、調理器具などの小物もあり、もちろん、駐車スペースもあります。

 

管理棟では、キャンプ用品のレンタルや販売もしていますね。

ちょっとした忘れ物がある時に便利です。

 

バーベキューテラスでは、雨が降っても大丈夫な屋根付きですから、キャンプ時に雨が降ってもOKです。

もちろん、日帰りでも使えます。

傾斜地を利用して小さなバーベキューテラスが立っている感じですね。

手ぶらで気軽にBBQが楽しめます。

 

敷地内の温泉施設「露天 こぶしの湯」では、露天風呂の岩風呂・檜風呂のほかにもサウナなどいろんな温泉が楽しめて、ゆったりリラックスできます。
(大人610円、小人300円)

露天風呂からは3000m級の南アルプス連峰を眺められます。

湯上がりには軽食休憩コーナーもあり、そこでしばしゆったりもいいですね。

 

広い敷地にはいろんなレクリエーションがあふれています。

18ホールのパターゴルフ(大人1,050円、小人750円)やノルディック・ウォークコース1周3.3㎞(無料】もあります。

全長500Mのゴーカートもあり、大人と二人でも乗れます。(1回500円)

こうなると、ちょっとした遊園地感覚ですね。

 

また、リンリンサークルでは、いろんな自転車に乗り放題です。

こんな自転車あるんだ、っていう感動するかも。(30分500円)

テニスコートは3面あり(1時間1050円~)、レンタサイクルは、普通の自転車から、ふたりでこげる面白い2人乗り自転車などもありますよ。(1時間500円~)

 

「あーとピクニック工房の館」では、地元クラフトマンによる制作見学・体験コーナーで自分で作ることもできます。

ここの木木林(きこりん)では、ちょっとした小物の製作体験もできます。(1,000円~)

ここで夏休みの工作をやっちゃうのもいいかもですね。

 

ふらんす田舎菓子のお店、「ヴァンドール」では、出来たてのフランス伝統田舎菓子が食べられます。

フランス伝統の素朴なものが揃っています。

なんだかキャンプ場とフランスお菓子って、そのちょっとアンバランスがいいのかも。

 

周辺の観光スポットは、こちらを参照ください。

 

菅平高原ファミリーオートキャンプ場

こちらは、標高1320mの菅平高原にあるキャンプ場です。

気分はちょっとした山岳キャンプ。

真夏でも最高気温が25℃、最低気温14℃という涼しさが最大の売りですね。 逆に、ちょっと寒いかも。

 

素晴らしい眺めと施設の清潔感も大きなポイントですね。

ペットがOKなのも嬉しいですね。

 

車でのアクセスは、上信越道の上田菅平ICから、約20kmで約20分、または、
須坂長野東ICから、約25kmで約25分程度です。

 

オートサイトは林間に55サイトあり(5,500円~)、電源サイトも14サイト(+1,000円)あります。

芝のサイトで、広さも80㎡~120㎡なので充分広いですね。

フリーサイトからの眺めがいいですね。一見の価値ありです。

スポンサードリンク

 

フリーサイトの芝生はきれいに整備されていて、いい感じです。

空いているなら、開放感があって、フカフカの芝生のきれいな、フリーサイトがおすすめですね。

裸足になってなんとなく走り回りたくなります。

 

場内にはバーベキュー場もあって日帰りBBQも楽しめます。

予約すれば手ぶらでもOKですよ。

 

ここのキャンプ場は、管理もしっかりしていて、夜にうるさいグループには注意してくれのもいいですね。

炊事棟には、瞬間湯沸かし器も二台装備されています。

 

良く手入れされていて、キレイにしてあるので利用者のモラルも高くなるという好循環担っている感じです。

トイレ棟の裏には、「冷やし処」という山の水をかけ流しにしている小さなプールがあって、そこで袋等に入れて冷やせます。

まあ、天然の冷蔵庫というところでしょうか。

 

温泉ではありませんがお風呂もあります。(大人400円、小人300円)

シンプルで素朴な感じですが、清潔感があるのでいいですね。

 

温泉なら、ここから車で5分のところにある「菅平高原温泉ホテル」の日帰り温泉がおすすめです。

肌に優しい美人の湯とか美肌の湯と言われる温泉ですよ。

 

アトラクションには、釣り堀(2匹まで1,000円)と魚のつかみ取り(2匹で900円)がおすすめ。

イワナとニジマスが釣れるのですが、イワナはなかなか釣れません。

イワナ狙いでいきたいところですね。

 

つかみ取りは、簡単そうで実は難しいです。

ニジマスの表面はヌルヌルしてますし、なかなか素早いですし。

岩の隅に追い込んでから捕まえるのがコツですが、それでも難しいんですよね。

 

もちろん、釣ったり、捕まえた魚は、焼いて食べられますよ。

この味がまた、たまりませんね。

 

周辺の観光スポットは、こちらを参照ください。

 

八千穂高原 駒出池キャンプ場

こちらは、北八ヶ岳の東麓に広がる自然豊かな八千穂高原にあるキャンプ場です。

 

車でのアクセスは、東京からなら、関越自動車道から佐久南IC経由、または、中央自動車道の須玉IC経由になります。

 

オート57区画とフリーサイト(150張り収容)がありますが、こちらのキャンプ場のおすすめは、すばらしい眺めを満喫できるフリーサイトです。

真夏のシーズンでも、フリーサイトなら予約なしで当日受付でOKですし。

 

その場合はちょっと早めに行きましょう。8時頃からチェックインできます。

 

管理棟では、キャンプに必要な炭や薪など小物は大体揃います。

シャワー室もきれいですね。

トイレはきれいですが、ちょっと古い感じで和式ですね。

ただ、1号フリーサイトのトイレは、新しくてきれいな洋式です。

 

炊事は高規格というよりはワイルド系に近いかな。

というわけで、ここのおすすめはオートサイトよりも景色が良くて、トイレも綺麗な1号サイトとなりますね。(大人1200円、小人600円)

なお、割引券がありますので、是非こちらを利用しちゃいましょう。

フリーサイトとはいえ、道沿いのサイトなら荷物の積み下ろしの時は車を横付けできますから、便利ですよ。

 

場内には、簡単に歩いて1周できる小さな池があり、水の透明度が高いので、泳いでいるニジマスも見えます。(釣りは禁止)

キャンプ場内にはマウンテンバイクのコースがありMTBのレンタル品も豊富に揃っていますし、フィールドアスレティックもあり、ゆったりと遊ぶにはいいところですね。

クラフト体験教室では、白樺の木のコースターや木工キットを使って、子供も大人も作るのに夢中になっちゃいます。

夏休みの工作にもなるかな。

 

車で5分程の距離にある、「八千穂レイク」ではニジマス釣りや、魚のつかみ取りもできます。(1300円、キャンプ場利用者は割引あり)

近くの温泉にいくなら、車で30分程のところにある露天風呂もある「八峰の湯」がおすすめです。(大人500円、小人200円)

とにかく、ここは涼しい空気と素敵な眺めを満喫できるいいところです。

 

周辺の観光スポットは、こちらを参照ください。

 

まとめ

●駒ヶ根高原 家族旅行村アルプスの丘は、アクセスの良さからお手軽に行けるのがいいですね。

●菅平高原ファミリーオートキャンプ場は、フカフカの綺麗な芝のフリーサイトがおすすめですね。

●八千穂高原 駒出池キャンプも、フリーサイトがおすすめで、最高の眺めの中で癒やされますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - アウトドア