生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

完全母乳のメリットとは?私がミルクより母乳を選んだ理由

   

長い妊娠期間を経て、辛い陣痛を耐えてやっと出会えた我が子との初の共同作業が授乳ですよね。

小さな小さな赤ちゃんがおっぱいを一生懸命吸う様子はたまらなく愛しく感じたことは、今でも昨日のことのように思い出せます。

しかし、この授乳もお母さんを悩ませることのひとつです。

母乳か粉ミルクかはたまた混合でどちらに主力をおくのか、悩まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、私は長男長女2人とも完全母乳でした。

今回は、これから授乳をどうしようか考えている方へ、私が完全母乳に決めた理由を紹介します。

 

スポンサードリンク

夜中の授乳が簡単

まず、私の中で1番大きな理由は夜中の授乳が楽だったという点です。

個人差はあると思いますが、私にとっては粉ミルクを作る調乳作業がとても面倒に思ってしまったのです。

粉ミルクの場合、赤ちゃんが泣いてミルクをあげるまでに、哺乳瓶にミルクを入れてお湯を沸かして、ミルクを溶かし、適温に冷ましてから授乳をします。

授乳が終われば哺乳瓶を洗って消毒して次の授乳に使えるようにしておく必要もあります。

複数哺乳瓶を用意していたとしても新生児の頃は2時間から3時間おきに授乳することがあるのでかなりの頻度で哺乳瓶も洗わなくてはなりません。

 

もちろん、粉ミルクを少し与えると母乳に比べて腹持ちがいいせいか多少授乳間隔があくというメリットもありました。

しかし、どうしても調乳などの手間を考えると、私は母乳が出るならば母乳の方が楽だと思うようになり、だんだんミルクを作らなくなった結果、完全母乳となっていきました。

 

荷物が少ない

次にあげる理由としては、外出時の荷物が少なくてすむという点です。

粉ミルクの場合は、哺乳瓶、粉ミルク、お湯を入れた水筒が必要となります。

行き先によっては水筒はいらないかもしれませんが、赤ちゃんがいつ欲しがるか分からないので、念の為用意する方も多いでしょう。

 

しかし、母乳であれば授乳ケープさえあればどこでも授乳が行なえます。

もちろん、こちらも個人差はあると思います。

ちゃんとした授乳室がなければ不安だったり、授乳ケープがあっても人前では授乳しづらい方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、私は1人で赤ちゃんを連れて外出することが多く、その時の荷物は最小限にしておきたかったのです。

ただでさえ、赤ちゃんを連れての外出は荷物が多くなってしまうので哺乳瓶などを用意しなくてもよいのはとても楽でした。


スポンサードリンク

 

産後ダイエットの後押し

最後は母乳のおかげで産後すぐに体重が戻ったからです。

これは長女のときに経験したので、後に生まれた長男のときも完全母乳にしたのです。

長女出産後、特に産後ダイエットを意識したことはありませんでしたが、母乳を与えているだけで産後約1か月で産前の体重に戻りました。

長男の時も、ほぼ同じ様に痩せていきました。

もちろん痩せるか痩せないかは体質もあると思うので一概には言えませんが、私の場合はいつもより食べていても授乳期間中は痩せていたので、母乳のおかげだったのかと思っています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

数ある完全母乳経験者の中の1つの話として読んでいただければと思います。

私は母乳が産後すぐに出たタイプだったので特に完全母乳を選びやすかったということもあります。

母乳の出方も勿論、子育てをする環境、その後の仕事復帰の時期などで、どのような授乳方法をとるのかは変わってくるものです。

決して母乳の方が素晴らしいということではありません。

完全母乳でも、完全ミルクでも、混合でもお母さんと赤ちゃんが過ごしやすい方法を選んでみてくださいね。

その選択をするときのひとつの情報としてお役に立てれば嬉しいです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - 生活