生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

市川大野のひさご亭の餃子を確実にゲットする方法とは?

   

市川大野駅近くの「ひさご亭」の餃子は、とっても有名です。

とにかく大きいんです。女性の握りこぶしぐらいはあるでしょう。

そして、ほぼまん丸の形をしています。

そして、その食べたときの食感や味がとっても特別で、餃子という言う範疇に入るのかどうかは微妙な感じもします。

とにかく、一度は食べてみる価値のある餃子ですね。

 

でも、週末や休日ともなると開店から行列ができるお店ですので、なかなかこの餃子をゲットするのは難しそうな感じがしますよね。

そこで、今回は確実にひさご亭のジャンボ餃子をゲットする方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

ひさご亭の餃子は持ち帰りが前提?

ひさご亭の餃子の1人前は、大きな餃子6個で800円です。

ここではタンメンと餃子が有名なので、このセットで頼む人が多いのですが、餃子を1人前(6個)を全部食べれない人が多いため、その場合は持ち帰りすることができるんですね。

だから、普通はタンメンと半餃子(3個)にする人が多いです。

 

私にとっては、この餃子3個でも、ちょっと食べるの大変だな~と思っちゃいます。

まあ、そんな破格の超ボリューミーな餃子は、はじめから持ち帰りを前提にしているところもあるようです。

お店で食べていると、餃子だけを買って行く人がたくさんいることに気づきますし、イートインにこだわらないなら持ち帰りが便利そうです。

 

この持ち帰りが実はとっても便利で、なんと予約できちゃうんですね。

そうです。ここの餃子を確実にゲットする方法は予約することなんですね。

何時頃取りに行くと伝えると、準備しておいてくれるので、行列に並ぶ必要もないし、とっても効率的です。

 

実際に買いに行ってみた!

妻が風邪を引いて、是非とも「ひさご亭」の餃子を食べたいというので、最悪は行列に並んででも買ってやりたいなと思っていました。

ところが、「そうだ!もしかしたら、予約できるんじゃないかな?」と思って、早速、電話をしてみたんです。

 

「あの~、餃子の持ち帰りって予約できますか?」

「できますよ~。おいくつですか?」

「え~と、2人前お願いします。」

「何時頃取りにきますか?」

「え~と、5時半頃に取りに行きます。」

「わかりました。お待ちしていま~す。」

ということで、非常にスムーズに予約完了です。

 

5時半頃、お店のすぐ近くの脇道の路上にちょっと車を止めて、お店に入っていくと、なんとお客さんは誰もいませんでした。

あれ?ちょっと予想外でしたが、平日ってこんなものなのかもしれません。

 

「予約したものですが~」と、名前を告げると、店主らしき男の人が、カウンターの上に並べていたポリ袋を渡してくれました。

そこで、1,600円を支払ってもらってきました。

店内にいたのは、1分以下でしたね。

超スムーズです。

こんなに簡単に買えちゃいました。


スポンサードリンク

ひさご亭の餃子ってどんな味?

自宅に持ち帰って、まだ温かいうちに、早速、家族全員で食べてみました。

昭和を感じさせるちょっと味のある包装紙を外して、中を見ると、6個の餃子がビッシリとぎゅうぎゅう詰め状態になっています。

取り出すのが大変なぐらいにギュウギュウです。

 

さて、食べてみます。

 

みんなの反応は、まず「でっか~い!」。

次に、「あま~い」。

そして、「美味しい~」でした。

 

とにかく、その大きさにびっくりしつつ、かぶりついてみると、中の餡はビッシリと詰まっていて、味は甘くてなんとも言えない変わった味です。

餃子というよりも、違う種類の中華料理といった感じです。

餃子って、こうゆうものだって信念のあるような人にとっては、「なんだこりゃ?」と抵抗を受けそうですが、中華料理の揚物料理と想うと、絶対に美味しいと思います。

 

この甘さは、バナナが入っているという説もあるようで、たしかにバナナのような柔らかな触感と甘みが似ているような感じもします。

甘さの次には、にんにくの香りがドーンと来ますね。

にんにくは相当入っているようです。

 

娘は、どうも完全にハマったようで、「美味しい、美味しい」といいながら、2個をぺろりと食べちゃいました。

ん~、たしかに私も美味しいと思いましたが、好き嫌いがはっきりする味かもしれません。

 

ただ、なんとなく感じたのは、「これは、もしかしたら癖になる味かもしれない」という予感です。

1度目よりも2度目でハマるという話も聞きますが、たしかにそんな不思議な味のような気がします。

いずれにしても、一度は食べておきたい餃子であることは確かです。

 

ひさご亭のアクセスはちょっと不便?

以前は、市川駅前に店舗があったようですが、そこは閉店となったので、この餃子を味わえるのはこちらの「ひさご亭」だけになっています。

市川駅前ならアクセスには全く問題なかったのですが、ここは、正直不便なところなんですよね。

 

JR武蔵野線の市川大野駅からは1km程度はありますので、徒歩15分程度は歩きますし、そもそも武蔵野線って本数もそれほど多くないんですよね。

あとは車で行くことになりますが、駐車場は2台分だけが、近くのブックオフの反対側にあります。

 

今回、私は短時間だったので、その駐車場は使いませんでしたが、2台というのはいかにも心もとない感じですよね。

ここが満杯のときには、すぐ近くにコインパーキングもないので、近くのマルエツやマツキヨの駐車場をお借りするしかないかもです。

そのような場合には、大人の礼儀として、帰りにそこで買い物をするぐらいのことはしたいですよね。

 

あと、水曜は定休日なので気をつけましょう。

土日祝日には行列ができるほど、混み合いますが、平日のお昼以外ならそんなに混み合っていることもないですよ。

是非とも、予約した上で餃子を確実にゲットしてみてくださいね。

◆ひさご亭 基本情報
・電話:047-337-3366
・住所:千葉県市川市南大野3-22-2
・アクセス:JR武蔵野線 市川大野駅から徒歩15分
・駐車場:2台分あり
・営業時間:12時~19時頃、日曜営業
・定休日:水曜
・URL:https://r.gnavi.co.jp/94z2jx5z0000/

 

まとめ

●ひさご亭の餃子をゲットするには、予約してから取りに行くのがスムーズ。

●店内で食べるなら、土日祝日は避けて、平日のお昼以外がおすすめ。

●アクセスは良くないので、事前にしっかり確認を。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - グルメ