生活情報ブログ

毎日の生活に役立つ情報を発信して行きます。

夏休みの工作!100均で作るアイディア集!ゴム動力のおもちゃ編

   

今回の夏休みの工作は、ゴム動力で作るおもちゃです。

比較的簡単な構造のものが多いので、小学校低学年向けという感じですね。

輪ゴムで動く自動車、船、そしてゴム風船で飛ぶヘリコプターをご紹介しましょう。

100均で買える材料だったり、廃材利用なので、とっても安上がりにできますよ~。

 

スポンサードリンク

プルバックカーの作り方

チョロQのようなプルバックカーは比較的簡単に作れます。

自動車本体はダンボールやペットボトルで作れますし、タイヤはペットボトルのキャップを利用できます。

そして車軸は竹ひご、動力は輪ゴムという具合です。

 

プルバックカーの動力部分の基本構造はどれも同じですですが、自分なりに工夫をしたいのは、自動車本体のデザインですね。

ベースとなる車体部分をダンボールで作るプルバックカーはこちらの動画がわかりやすいですね。

材料は、以下の3つだけです。

・ダンボール
・竹ひご3本
・ペットボトルのキャップ4個

この作り方のポイントは、車軸の支える部分をダンボールの隙間を上手に使うところですね。

ダンボールにはいろんな規格があって、隙間の大きさもいろいろあるので、竹ひごが通ってクルクルと軽く回るダンボールを探しましょう。

この基本構造を理解すると、この動画でもあるようなF-1レーサーの形等いろんなボディーを作ることができそうですよね。

 

立体的なボディーを作って、ベースの上に載せることもできそうですね。

色だって、もっと派手な色を絵の具で塗ったり、100均のスプレー缶でさっと色を塗ってもいいですね。

動力の構造部分さえ、しっかり作れば、あとはいろんな装飾が考えられるのが楽しいですね。

 

車体部分はダンボールだけでなく、ペットボトルで作ることも可能です。

ペットボトルの場合には、車軸を支える部分を自分で穴をまっすぐに開ける必要があります。

この部分さえちゃんとできればあとは簡単ですね。

この場合も装飾をしっかりとすれば、自分のオリジナリティーを出すことができますね。

作り方は、こちらを参考にどうぞ。

 

ちょっと蛇足ですが、ペットボトルと輪ゴムを使った面白いおもちゃがこちらです。

向こう側に転がしてやると、不思議なことにこちら側に自動的に戻ってくるというペットボトルです。

作り方は、こちらを参考にどうぞ。

 

これは、単純に面白いおもちゃですね。

作り方も簡単なので、中が見えないようにすれば、ちょっと不思議な物体ですよね。

個人的にはとても気に入っています。

 

ペットボトルで作るプロペラカー

こちらはゴムの動力をプロペラに伝えて、そのプロペラを回転させて前進するというものです。

プロペラ飛行機の自動車版と言った感じですね。

作り方は、こちらの動画がわかりやすいですよ。

 

プロペラさえしっかりできれば、動力がプロペラなので確実に動きそうですね。

ペットボトルに車軸を通すための穴をあけるのが面倒な場合には、短く切ったストローをグルーガンでペットボトルにくっつけて、そこに竹ひごを通すようにしてもいいですね。

車体のデザインを変えてみるとか、外装はダンボールで作ってみるとか、塗装を華やかな色で塗ってみるとか、いろんな工夫で自分のオリジナルにして行きたいですね。

 


スポンサードリンク

ペットボトルの船

こちらは、ペットボトルで作った船です。

簡単な構造でありながらも、ディズニーランドのマーク・トウェイン号を彷彿させてくれるのは私だけでしょうか。

作り方は、こちらの動画がわかりやすいですね。

なんとなく楽しい動きですね。

これも自由に塗装したりして、カスタマイズすればぐっと素敵になりそうですね。

マーク・トウェイン号のような外装や塗装を目指すのも楽しいかもしれませんよ。

 

風船で飛ぶヘリコプター

こちらは、風船ゴムを動力として飛び上がるヘリコプターです。

面白い構造というか、意外な構造に驚きました。そして楽しい。

作り方は、こちらを参考にどうぞ。

 

風船がしぼむときに噴出する空気のエネルギーでプロペラを回して飛び上がる仕掛けなんですが、その構造がユニークですね。

風船の空気は、放射状に配置した3本のストローを通って、プロペラの円周方向に向かって噴出するんですね。

その力でプロペラを回して、揚力を得るというものです。すごいですね。

 

ちょっと、カスタマイズはしにくいですが、プロペラの部分に絵を描く程度でしょうか。

これは、構造が面白いので、まさにおもちゃって感じがして、個人的には大好きです。

プロペラの大きさや角度や枚数を変えて作ってみて、それぞれの飛び方を比べてみるというような自由研究もできそうですよね。

 

まとめ

●小学校の低学年の夏休みの工作なら、ゴム動力のおもちゃがおすすめ。

●プルバックカーやプロペラで走る車や船などいろんなバリエーションがあって、それぞれの基本的な作り方をベースにカスタマイズすると楽しいですね。

●ゴム風船を使ったヘリコプターも面白い。

●一つ一つのおもちゃは結構簡単に作れるので、いろんなバージョンを作ってみて比較してみたりするのも面白そう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



 - 学習